イクオスとマイナチュレを比較

男女兼用育毛剤イクオスと女用育毛剤マイナチュレの両者を以下の項目で対比した結果、推奨可能な育毛剤はイクオスという結果になりました。

 

・成分と影響:イクオスの勝利・染み渡る力:イクオスの勝利・費用:イクオスの勝利・副作用:引き分け・償還サポート:マイナチュレの勝利今度の文章では、イクオスとマイナチュレを対比した結果、なぜイクオスの方が女にとってより推奨なのかを検証していきます。

 

イクオスの公式Webページを見るマイナチュレの公式Webページを見る目次イクオスとマイナチュレの成分で対比イクオスとマイナチュレの女子男性型脱毛症(FAGA)への成果で対比イクオスとマイナチュレの頭皮への定着力を対比イクオスとマイナチュレの代金で対比イクオスとマイナチュレの副作用で対比イクオスとマイナチュレの払戻しサポートで対比イクオスとマイナチュレ対比整理イクオスとマイナチュレの成分で対比イクオスが薄毛に苦慮している人から大注目を集めている所以の一つに主成分Algas-2(アルガスツー)の影響があります。

 

このAlgas-2、今まで男性用育毛剤の成分としてブームを集めてきた天然由来成分M-034を他にもパワーアップさせた成分になります。

 

M-034はミツイシコンブと言われる海藻から抽出された成分です。

 

M-034は毛根ところでヘアーを支持する外毛根鞘細胞の細胞分裂を促し、ヘアーの土台を強固にする事で、抜け毛を減らして発毛を促進する力を持っています。

 

このM-034の育毛成果はAGA治療薬のミノキシジルとほぼ同等とも言われています。

 

この優れモノの育毛成分であるM-034にペルペチアカナリクラタエキスを加えて製作されたのがイクオスの主成分Algas-2です。

 

ペルペチアカナリクラタエキスも海藻から抽出された成分で、抜群の保水力を持ちます。

 

このペルペチアカナリクラタエキスがM-034に加わった事によって、頭皮環境改善成果も見込み可能なようになったのが、Algas-2です。

 

なお、このイクオス、ペルペチアカナリクラタエキス以外にも強力な頭皮の保湿影響を持つ成分を配合しています。

 

それがスサビノリエキスとアセチル化ヒアルロン酸ナトリウム。

 

中でも注意やりたいのはアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムです。

 

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムはヒアルロン酸の原子を改良して、その保水力を2倍に高めたものです。

 

化粧品業界でも注意を集めている成分で、頭皮が乾かすしている人には抜群の影響が見込みできます。

 

一方、マイナチュレは海藻エキスという名前でオーソドックスにm-034を配合しています。

 

マイナチュレの主成分m-034には、Algas-2のような保湿成果は望みできませんが、育毛促進成果は十分に見込みできます。

 

ところで、イクオスのように目を引く新成分はマイナチュレには配合されていません。

 

ただ、マイナチュレには薄毛のきっかけになる男性ホルモンを抑制するヒオウギ抽出液やオウゴンエキス、頭皮の血行促進成果を持ち毛母細胞を活性化させるセンブリエキスやクエン酸ナトリウム、シナノキエキス、頭皮の抗炎症作用を持つグリチルリチン酸ジカリウム、クロレラエキス、サクラ葉抽出液といった実績のある育毛成分を配合しています。

 

国の厚生労働省から育毛への成果を認められた有効成分も数多に内蔵されており、マイナチュレは育毛剤としての穴は無いフィーリングです。

 

しかし、イクオスとマイナチュレの育毛剤自体の配合成分数を対比すると、イクオスが70種類、マイナチュレが51種類です。

 

ついでに、マイナチュレが配合している成分は、おおかたイクオスにも配合されています。

 

また、それに上乗せする形でアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムのような成分を配合しているのがイクオス。

 

したがって、イクオスとマイナチュレを育毛成分の成分量で単純に対比するなら、イクオスの方が満喫していると言ってよいでしょう。

 

▲目次に戻るイクオスとマイナチュレの女男性型脱毛症(FAGA)への影響で対比女子も加齢や分娩などのホルモンバランスの乱れによって、実際まで体内の男性ホルモンを抑えていた女子ホルモンの分泌が減少します。

 

そうなると体内の男性ホルモンが優位となり、M字ところや頭頂部の抜け毛や薄毛が進行していくようになります。

 

そんな訳で、育毛剤にも女子ホルモンの働きを助けたり、男性ホルモンの生成を食い止めるような成分影響が不可欠になります。

 

イクオスとマイナチュレのFAGAへの成果を対比すると、どっちの育毛剤もオウゴンエキスやビワ葉エキス、ボタンエキス、ゴボウエキスなど、FAGAに影響のある普通な成分は抑えてあるので引き分けという結果になりました。

 

イクオスの公式Webページを見るマイナチュレの公式Webページを見る▲目次に戻るイクオスとマイナチュレの頭皮への染み渡る力を対比イクオスとマイナチュレの頭皮への染み渡る力を対比した結果、イクオスの方が優れていました。

 

頭皮への定着力が高ければ、それだけ毛穴の奥の毛乳頭や毛母細胞へ到達し成果を発揮可能な見込みが高まるというわけです。

 

イクオスには、育毛剤に配合されている成分を小さくするナノ化技術の低分子ナノ水が使用されていますが、マイナチュレには低分子ナノ水は使用されていませんでした。

 

結果、イクオスの方が頭皮への染み渡る力が優れていると言わざるをえません。

 

▲目次に戻るイクオスとマイナチュレの金額対比次にイクオスとマイナチュレを金額で対比してみます。

 

育毛剤の代金を対比する事例、単品ショッピングと決まった買い物の2つの観点から対比する必須があります。

 

ついでに、単品調達の費用は、イクオスが9510円(税別・送料込み)、マイナチュレが5745円(税別・送料込み)となっており、マイナチュレの方が4000円近くも安い値段設定になっています。

 

したがって、育毛剤を単品購買するなら、イクオスよりマイナチュレの方がコストパフォーマンスが良いのは間違いないのです。

 

とはいっても、育毛剤での薄毛対策というのは最短でも3ヶ月、平均して半年?1年程度の育毛剤の使用期間が必須になります。

 

1ヶ月育毛剤で対策しただけで、抜け毛が治まってヘアーが生えてくるほど甘いものではないのです。

 

したがって、育毛剤の単品買い物はあくまでもお試しの印象。

 

他にも、単品買い物で気に入った育毛剤が見つかったら、決まったコースを調達するのが一般的です。

 

ところで、決まった買い物の金額は、イクオスが6980円(税別・送料フリー)、マイナチュレが4457円(税別・送料フリー)です。

 

プライスだけ見るとマイナチュレがリーズナブルなように見えますが、イチ押しやりたいのはイクオスです。

 

その要因はイクオスの決まったショッピングを申し込んだ時、育毛剤だけでなく、もれなく育毛サプリメントがフリーでついてくるという特典があるため。

 

イクオスサプリは、薄毛に成果のあるビタミンBなどの育毛有効成分がバランスよく配合されていて、育毛サプリメントの中でもトップクラスとなる46種類の育毛成分を配合しており、業界でも大いに評価の高いサプリメントです。

 

イクオスサプリ、単体で買い物すると7610円(税別・送料込み)です。

 

このイクオスサプリがフリーでつく事を思案すると、イクオスの決まった買い物は風情の代金以上にコストパフォーマンスが良いのは間違いないのです。

 

イクオスの公式Webページを見るマイナチュレの公式Webページを見る▲目次に戻るイクオスとマイナチュレの副作用で対比イクオスとマイナチュレには、発毛影響があり副作用を生じてさせるような発毛剤に内蔵されている医薬成分は配合されていません。

 

しかもイクオス・マイナチュレは無添加を売りにしている無添加育毛剤です。

 

したがって、イクオスとマイナチュレには副作用のきっかけとなるパラベンや石油系界面活性剤、男性育毛剤によくある香料などは内蔵されておらず、副作用の悩ましいはそんなにないのです。

 

しかし、イクオス・マイナチュレ共に、育毛成分を混ぜ合わせるためにエタノールのようなアルコール成分がわずかに内蔵されています。

 

アルコールに敏感な体質の人はこのアルコールの影響で頭皮が腫れる事があるかもしれません。

 

とはいっても、その確率はかなり低いです。

 

気がかりなら、調達する前に際立たないところのお肌でアルコールアレルギーの有る無しを参考にするパッチテストをしてみるのが良いでしょう。

 

ただ、イクオス・マイナチュレ共に副作用の気がかりが無い、安心性が高い育毛剤であるのは間違いないのです。

 

▲目次に戻るイクオスとマイナチュレの耳を揃えて償還バックアップで対比育毛剤には使ってみて体質に合わなかった時のために、購買代金を償還してもらえる耳を揃えて払戻しバックアップルールが設けられている事例が多く見られます。

 

イクオス、マイナチュレにもこの丸々払戻しサポート決まりが設けられています。

 

ついでに、耳を揃えて償還サポートを受けられる期間はイクオスでは45日間、マイナチュレでは何と180日間です。

 

マイナチュレの180日間は業界の中でも最大レベルの耳を揃えて償還サポート期間の長さです。

 

他にも、耳を揃えて払戻しバックアップ決まりの対象は決まった買い物している人に限定しれるという事例が全くです。

 

この事例、初回調達分しか償還バックアップの対象とならず、2回目以降に調達したアイテムの代金は払戻しされない事例が多く見られます。

 

ただし、マイナチュレの凄いところは180日間に買い物したアイテム全部が償還対象となるため、最大限で6本分の代金を償還してもらえるという事です。

 

耳を揃えて償還バックアップの中身で対比するなら、イクオスよりもマイナチュレはずば抜けて優れていると言って良いでしょう。

 

▲目次に戻るイクオスとマイナチュレ対比整理ここまで女向けのイクオスとマイナチュレを対比しながら見てきましたが、どっちも育毛通が多く使用している優れた育毛剤である事には疑いの余地はないのです。

 

ただ、育毛成分で決断するなら、イクオスを選りすぐる方が良いでしょう。

 

特に乾燥したフケが出るなど、頭皮が乾かすしている兆候がある人には保湿影響に優れたイクオスがイチ押し育毛剤です。

 

一方、最初に単品ショッピングで自身に合う女専門育毛剤を探してみたい人もいるかもしれません。

 

単品でイクオスを調達するとかなり割高になってしまうので、初めにマイナチュレを単品で購買して、試してみるのも良いでしょう。

 

ただ、万が一マイナチュレの成果がいまいちなら、より育毛成分が満喫しているイクオスを使ってみましょう。

 

イクオスの公式Webページを見るマイナチュレの公式Webページを見るイクオスとマイナチュレの詳しい育毛への成果やベルタ育毛剤、チャップアップなどの評判女子用育毛剤の対比文章については以下のページに整理てあるのでポイントにしてください。

 

育毛剤イクオスの評判と影響マイナチュレの評判イクオスとマイナチュレ以外にも、女用育毛剤イチ押し順位もあるので以下の文章をポイントにしてください。

 

女の育毛剤順位▲目次に戻る。

 

トップへ戻る