ナノインパクト100とナノアクションdを比較

ナノインパクト100とナノアクションdを比較

ナノインパクト100とナノアクションDはどっちがイチ押し可能な育毛剤なのか、徹底対比したところナノインパクト100がベストチョイス可能なという結果になりました。

 

このテキストでは、ナノインパクト100と染み渡る型発毛促進剤ナノアクションDを以下の観点で対比しました。

 

・育毛影響と成分:ナノインパクト100の勝利・定着力:ナノインパクト100の勝利・値段:引き分け・副作用:ナノインパクト100の勝利・使用感:ナノアクションDの勝利・償還バックアップ:ナノインパクト100の勝利以下にナノインパクト100とナノアクションDの対比結果となぜナノインパクト100の方が推奨なのかの訳をお伝えします。

 

ナノインパクト100の公式Webページを見定めするナノアクションDの公式Webページを検証する目次ナノインパクト100とナノアクションDのナノインパクト100とナノアクションDの育毛影響を対比ナノインパクト100の有効成分ナノアクションDの有効成分ナノインパクト100のそれ以外の成分と影響ナノアクションDの他にの成分と影響ナノインパクト100とナノアクションDの定着力で対比ナノインパクト100とナノアクションDの副作用で対比ナノインパクト100とナノアクションDの値段で対比ナノインパクト100とナノアクションDの使用感で対比ナノインパクト100とナノアクションDの払戻しバックアップで対比ナノインパクト100とナノアクションDの対比結果整理ナノインパクト100とナノアクションDの製造法人は同じナノインパクト100とナノアクションDは、どっちも育毛剤自体の製造法人がホソカワミクロンという同じ法人です。

 

ホソカワミクロンは、ナノ技術を駆使した体系の企画製造を行っている法人で、日本国内だけではなくワールドワイドスケールで高い認知度を持つ企業です。

 

粉体製造体系という、物質を粉末状にする技術が名高いですが、その技術から派生して生まれた、原子のレベルで物質を処理する技術であるナノ技術を武器にして、育毛剤の製造や、化粧品の製造、医薬部外品の製作などにも力を入れています。

 

ナノインパクト100は、ホソカワミクロンがデフォルト提供している育毛剤で、ナノアクションDはサントリーウェルネスがOEMアイテムとして提供している育毛剤です。

 

それ故、そもそも育毛剤自体がそこそこ似ているという事を認識してもらったうえで、以下の対比投稿を参照ください。

 

▲目次に戻るナノインパクト100とナノアクションDの育毛影響を対比ナノインパクト100ナノアクションDの育毛影響と成分を突き詰めて対比した結果、リニューアルが加えられたナノインパクト100の方が若干優れているという結果になりました。

 

それにより、ナノインパクト100とナノアクションDの育毛成果が高い方を利用したいという人は、迷わずナノインパクト100をイチ押しします。

 

ナノインパクト100の公式Webページを見定めする以下に、対比結果を整理ます。

 

有効成分対比:ナノインパクト100が3種類、ナノアクションDが2種類でナノインパクト100の勝利他にの成分と成果対比:ナノインパクト100が合計43種類とナノアクションDが40種類でナノインパクト100の勝利単純に、成分数だけで対比してもナノインパクト100が優れているのがわかります。

 

他にも、ナノアクションDには男性ホルモンを抑制するエチニルエストラジオールなど肝心な役割を持つ成分が配合されていない事もあり、ナノインパクト100の方が影響が高いと言えます。

 

以下で、各々の持つ配合成分について詳細に対比していきます。

 

影響の対比について、平気な人は、「ナノインパクト100とナノアクションDの定着力で対比」まで飛ばして参照ください。

 

ナノインパクト100の有効成分ナノインパクト100は、以下の3種類の有効成分が配合されています。

 

・センブリエキス・酢酸DLトコフェロール・エチニルエストラジオール有効成分とは、厚生労働省が「緩やかな育毛影響がある」と認定した育毛成分の事です。

 

ナノインパクト100の1つ目の有効成分は、センブリエキス(センブリ抽出液)です。

 

その名前の通り、センブリという植物由来エキスから抽出した発毛促進成分で、頭皮の血行促進影響や、頭皮の炎症を防止する影響、その上、毛母細胞を活性化させ、髪の細胞分裂を促進させる育毛影響などがあります。

 

ナノインパクト100の2つ目の有効成分は、酢酸DLトコフェロール(ビタミンE誘導体)です。

 

酢酸トコフェロールの主な作用は頭皮の血行を促進する事です。

 

毛細血管の先まで血液を流す事によって毛乳頭に十分な量の栄養与える事ができます。

 

他にも、酢酸DLトコフェロールの抗酸化作用によって頭皮の老化を防ぐ働きもあります。

 

ナノインパクト100の3つ目の有効成分が、エチニルエストラジオールです。

 

エチニルエストラジオールは、女ホルモン剤の一種で、男性ホルモンを抑制する働きがあります。

 

男性ホルモンであるテストステロンは、還元酵素と結びつき、男性型脱毛症(AGA)のきっかけ物質となるので、エチニルエストラジオールが男性ホルモンを食い止める事で脱毛阻止につながります。

 

▲目次に戻るナノアクションDの有効成分ナノアクションDの有効成分は以下の2種類です。

 

・センブリエキス・酢酸トコフェロールつまりナノアクションDは、ナノインパクト100の3種類の有効成分からエチニルエストラジオールを抜いた2種類の有効成分という事になります。

 

ナノアクションDに配合されていないエチニルエストラジオールには、脱毛を阻止する働きがある有効成分であるため、単純に2つの育毛剤を有効成分だけで対比すると、ナノアクションDはナノインパクト100に比較して脱毛防止の影響のところが弱くなっているという事がいえます。

 

▲目次に戻るナノインパクト100とナノアクションDのそれ以外の成分と成果を対比ナノインパクト100とナノアクションDの合計成分数はナノインパクト100の方が3種類多く配合されています。

 

ナノインパクト100:43種類ナノアクションD:40種類以下で、各々に配合されている成分の影響について対比しながら紹介していきます。

 

成果以外の対比結果を読みたい人は、「ナノインパクト100とナノアクションDの定着力で対比」まで読み飛ばしてください。

 

ナノインパクト100の他にの成分と影響ナノインパクト100には、3種類の有効成分を含めて合計43種類の育毛成分が配合されています。

 

ナノインパクト100の配合成分数は、色々な育毛外用薬の中でもかなり多々ある方です。

 

特に注意やりたいのが、5αリダクターゼを抑制する働きを持った育毛成分です。

 

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンであるテストステロンと、還元酵素である5αリダクターゼが繋ぎ合わせする事によって生じてする悪玉ホルモン、ジヒドロテストステロンが毛根に作用して脱毛を促進させるという育毛ロジックになっています。

 

つまり、5αリダクターゼを抑制する事が可能なら、AGAのきっかけであるジヒドロテストステロンが生じてせず、脱毛を防止する事が可能なのです。

 

ナノインパクト100の中に配合されている5αリダクターゼを防止する育毛成分は、真冬虫真夏草エキス、オウゴンエキス、ダイズエキス、ヒオウギエキスの4種類です。

 

加えて、注意やりたいのが2016年の4月にナノインパクト100がリニューアルされたときに付け足しで配合された4種類の頭皮の保湿成分、ツバキエキス、ビルベリー葉エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、アシタバエキスです。

 

ツバキエキスは原価が高いため、あまり育毛剤で採用される事はないのですが、高い頭皮の湿潤剤を持った育毛成分です。

 

これらの2016年の4月に付け足しで配合された成分はナノアクションDには配合されていません。

 

ナノインパクト100のそれ以外の育毛成分も、他の育毛剤ではあまり名前を見る事がない成分ですので、過去に他の育毛剤を使用して育毛成果が出なかった方でも望みが持てそうです。

 

他に、ナノインパクト100には数々の植物エキスが配合されており、血行促進成分や頭皮環境を改善する影響や、保湿成果、炎症阻止の育毛ケア影響などを持っています。

 

ナノインパクト100は様々な薄毛のきっかけに応対可能な総合力の高い育毛剤だといえます。

 

▲目次に戻るナノアクションDのそれ以外の成分と成果ナノアクションDには、2種類の有効成分のほかに40種類の育毛成分が配合されています。

 

そのうちの多くは、ナノインパクト100とも共通しています。

 

ナノアクションDに配合されている5αリダクターゼを抑制する、真冬虫夏場草エキス、オウゴンエキス、ダイズエキス、ヒオウギエキス、などがナノインパクト100と共通している他、頭皮環境を改善する植物エキスなども多くが共通しています。

 

ナノアクションDだけに配合されている育毛成分も何個かありますが、その中で注意やりたいのが、天然ビタミンEです。

 

ビタミンEは、「血管の掃除屋さん」とも呼ばれており、血管の中身を美麗にする事によって血行を促進させます。

 

なお、ビタミンEは頭皮の細胞を打ち砕く過酸化脂質の生成を食い止める働きもあるため、老化の阻止にも繋がります。

 

ナノアクションDだけに内蔵される育毛成分で、もう一つ注意やりたいのがホホバ油です。

 

その高い抗酸化作用から美容の方面で注意が集まっているホホバ油ですが、頭皮に使用する事によって、乾かすやフケ、匂いなどを防ぎ、抜け毛も阻止する事ができます。

 

他にも、これは育毛成分ではないのですがナノアクションDには提供法人サントリーの独自の「PCTナノエマルジョン」という技術を採用しており、配合されている育毛成分が、頭皮の皮脂をパスして頭皮の角質層の深くまで染み渡るしやすいという特質を持っています。

 

ですが、有効成分やリニューアル後に付け足しされた成分を対比しても、ナノインパクト100の方が育毛影響が高いと言えるでしょう。

 

ナノインパクト100の公式Webページを検証するナノアクションDの公式Webページを見極めする▲目次に戻るナノインパクト100とナノアクションDの定着力で対比ナノインパクト100とナノアクションDの頭皮への染み渡る力で対比すると、リニューアルが加えられたナノインパクト100の方が優れているといえます。

 

ナノインパクト100とナノアクションD、どっちも育毛成分自体をナノ化して頭皮への定着力を高めています。

 

PLGAナノ粒子(グリコール酸共重合体)という材質に成分を詰める事によって、育毛成分をナノ化する事に成功しました。

 

以前はナノインパクト100もナノアクションDも160nm(ナノメートル:1mの10億分の1)にナノ化されているという点で異なる点はないのですでした。

 

けれども、近頃ナノインパクト100に改良が加えられ、その大きさを140nmまで縮小する事に成功しました。

 

これは毛穴の200万分の1大きさになります。

 

ナノインパクト100が140nmにナノ化した事により、定着力は160nmの時よりも30%急上昇しました。

 

したがって、ナノインパクト100とナノアクションDの頭皮への染み渡る性の点で対比すると、ナノインパクト100の方が優れているのは間違いないのです。

 

▲目次に戻るナノインパクト100とナノアクションDの副作用で対比ナノインパクト100とナノアクションD、共に自然由来成分で作られている育毛剤です。

 

配合成分を参考にしても、発毛剤のような副作用が気がかりされる成分はないのです。

 

したがって、普通には副作用の気がかりは要らないです。

 

ただ、どっちの育毛剤にもアルコールが内蔵されているため、アルコールアレルギーの人は使用に用心が必須です。

 

アルコールアレルギーの人が使用すると、頭皮の腫れなどを起こす確率があります。

 

ところで、使用感の評判を参考にすると、ナノインパクト100はほぼ無臭と言われているのに対して、ナノアクションDは少々のアルコール臭があると評価されています。

 

したがって、ナノアクションDの方がアルコールの配合量が多々ある見込みがあり、アルコールアレルギーを引き起こす見込みも高くなると心積もりられます。

 

その点を加味すると、ナノインパクト100の方がより安心な育毛剤と評価しても良いでしょう。

 

▲目次に戻るナノインパクト100とナノアクションDの値段で対比ナノインパクト100とナノアクションDの値段で対比した結果、代金だけを見るとナノインパクト100の方が安いですが、中身量がナノインパクト100の方が少ないので、1mlあたりの代金は高くなってしまいます。

 

それにより、長期的に利用し続けるのであればナノアクションDの方が安上がりという結果になりました。

 

単純に安い方の育毛剤を利用したいという人は、ナノアクションDになりますが、育毛くかが高いアイテムを利用したい人はじっくりと予算から熟慮し問題ないようであれば、ナノインパクト100を選り抜くのがいいでしょう。

 

以下で、各々の値段について詳細に見ていきましょう。

 

ナノインパクト100の金額ナノインパクト100は、育毛剤1本だけのショッピングができない体系になっています。

 

というのも、育毛剤は継続で使用する事によって初めて育毛成果が出るという提供企業のホソカワミクロンの見解であるため、決まった買い物しか購買手段が影響しないのです。

 

ナノインパクト100は数あるカタログ販売育毛剤の中でも、決まったコースのみのかなり先進的な提供手段といえる感じでしょう。

 

ナノインパクト100の定価は7560円ですが、決まった購買の初回のみ50%オフで3780円になります。

 

2回目以降は普通費用の7560円に戻ります。

 

ナノインパクト100の中身量は60mlなので、これを1mlあたりの値段に直すと、ショッピング初回は1mlあたり63円。

 

2回目以降は1ミリリットル当たり126円という事になります。

 

▲目次に戻るナノアクションDの金額ナノアクションDは、ナノインパクト100と異なる点、単品でも買い物する事ができます。

 

「決まった調達をエントリーする度胸はないけど、お試しに1本買い物してみたい」という事例にはありがたいですね。

 

ナノアクションD単品の時は10000円、決まった購買のケースの値段は9000円です。

 

ナノアクションDの中身量は90mlなので、これを1mlあたりに直すと、単品で調達した時は1mlあたり111円、決まったショッピングした事例は1ミリリットル当たり100円という事になります。

 

▲目次に戻る半年以内ならナノインパクト100の方が安いナノインパクト100とナノアクションDを単純に代金で対比すると、ナノインパクト100の方が安いです。

 

けれども、ナノインパクト100が60mlでナノアクションDが90mlで中身量が違うので、1mlあたりに換算して計算すると、ナノアクションDの方の値段が安価になります。

 

とはいっても、決まった購買の1回目はナノインパクト100が半額になるため、買い物要件や使用スピードによって、どっちの方が安価になるかは変化します。

 

仮に、1日に2回、朝と晩に使用し、各々1mlずつ使ったとします。

 

すると、1日に2mlずつ支出するので、1ヶ月の支出量が60ミリリットルとなります。

 

この要件で使用し続けていたとすると、200日目まではナノインパクト100の方が安いのですが、200日を超えた段階で、ナノアクションDの方が安価になります。

 

つまり、決まったショッピングの費用で対比するのであれば、半年以上使用を続けるのであればナノアクションDの方が安価に、半年未満の使用であればナノインパクト100の方が安いという事になるのです。

 

ナノインパクト100の公式Webページを検証するナノアクションDの公式Webページを見定めする▲目次に戻るナノインパクト100とナノアクションDのボトルの使用感で対比使用感という観点でナノインパクト100とナノアクションDを対比したケース、スプレータイプのナノアクションDに軍配が上がります。

 

ボトルの形態はナノインパクト100はノズル式、ナノアクションDはスプレー式(噴射式育毛剤)という相違があります。

 

ナノアクションDで採用されているロータリーポンプ式スプレーボトル。

 

このロータリーポンプ式スプレーボトル、育毛剤ではナノアクションDが初めて導入したものになります。

 

ロータリーポンプ式スプレーボトルの使用手法は大いに手っ取り早く。

 

時計回りに半回転させる事で、育毛液の1回分の使用量がポンプところに溜まり、その後、育毛剤本体の先端ところを押す事で頭皮に噴射する事ができます。

 

この方式で画期的なのは1回分の使用量を手軽にに測る事が可能な点。

 

そして、ナノアクションDの噴射口はスプレー式で、ノズル式のように直接雑菌や皮脂がこびりついた頭皮に噴射口をつける不可欠も無いため、衛生的にも心配無用です。

 

▲目次に戻るナノインパクト100とナノアクションDの払戻しバックアップで対比育毛剤を購買する場合に引っかかるのは、払戻しサポートルールです。

 

ナノインパクト100とナノアクションDの払戻しサポートを対比すると、ナノインパクト100の勝利となりました。

 

ナノインパクト100の払戻しバックアップ決まりの期間は、調達から30日間まで、その上、アイテムを送り返すときの返送料や振り込み手数料などはショッピング者負担となります。

 

ナノインパクト100は決まったショッピングが前提となるため、1本目を購買してから償還サポート仕組みを利用し、他にも決まったショッピングをストップさせたとしても、送料と振り込み手数料という一定額のお金はかかってきてしまうという事です。

 

そうは言っても、高い購入ですので、償還バックアップルールは仮に育毛剤を使用して頭皮に異常が出た事例などは使用やりたい仕組みですね。

 

では、ナノアクションDの償還サポートルールがどのようなものかというと、本当はナノアクションDには払戻しバックアップルール自体がないのです。

 

現時点での育毛剤業界では珍しい提供手法です。

 

サントリーウェルネスという巨大資本が提供しているという事も結びつきしているのかもしれません。

 

▲目次に戻るナノインパクト100とナノアクションDの対比結果整理単純に配合されている育毛成分だけを対比するのであれば、ナノインパクト100の方が薄毛に対する育毛影響はあります。

 

そして、半年以上継続していく自信がないのであれば、費用の面でもナノインパクト100の方がお勧めです。

 

とはいっても、サントリー独自のPCTナノエマルジョンという技術に見込みをしていて、半年以上続ける自信があるという事例には、ナノアクションDもイチ押しできます。

 

ナノインパクト100とナノアクションDの配合成分がそこまで大きく異なるわけではないのですので、細かいところですがそのような代金や払戻しサポートなどで決断すると良いのではないでしょうか。

 

ナノインパクト100の公式Webページを見定めするナノアクションDの公式Webページを検証するナノインパクト100の詳しい影響の情報や、他の高評価育毛剤チャップアップなどと対比した結果は、以下の投稿を参照ください。

 

ナノインパクトプラスを買って使ってみた評判批評ナノインパクト100とナノアクションD以外の推奨育毛剤は、以下の育毛剤順位を参照してください。

 

育毛剤順位▲目次に戻る。

 

トップへ戻る