イクオスとポリピュアEXを比較した結果イクオスを選ぶべき!

イクオスとポリピュアEXを比較した結果イクオスを選ぶべき!

イクオスと薬用ポリピュアEXをどっちがイチ押し可能な育毛剤なのか徹底対比した結果、イクオスの方が優れているという結果になりました。

 

この文章では、以下の観点からイクオスとポリピュアを対比しました。

 

・育毛影響と配合成分:イクオスの勝利・副作用:どっちもなし・費用:イクオスの勝利・払戻しサポート:引き分け・使用感:引き分け・染み渡る力:引き分け上述のように、どっちも優れた育毛剤ですが、育毛影響の高さとプライスの安さからイクオスの方が優れたアイテムだと言えます。

 

イクオスの公式Webページを見る薬用ポリピュアexの公式Webページを見る目次イクオスと薬用ポリピュアEXの配合成分対比育毛成分数はイクオスが勝利イクオスのAlgas-2(アルガス-2)と薬用ポリピュアEXのバイオポリリン酸の育毛影響対比男性ホルモン抑制成果もイクオスの勝利副作用はどっちもなく引き分け値段もイクオスの方がリーズナブル償還バックアップシステムは引き分け使用感はどっちも良く引き分け定着力はどっちも高く引き分け整理イクオスと薬用ポリピュアEXの配合成分対比イクオスとポリピュアの総ての配合成分で対比した結果、配合成分数も育毛成果も圧倒的にイクオスの方が優れていました。

 

以下で、成分数と育毛成果について克明に紹介していきます。

 

育毛成分数はイクオスが勝利薬用ポリピュアEXより圧倒的にイクオスのほうが配合成分数は多くなっています。

 

・イクオスに配合されている有効な育毛成分数・・・61種類・薬用ポリピュアEXに配合されている全成分数・・・12種類注意してくれのが、2016年にリニューアルされたイクオスには、育毛にそれに対し成果を発揮する育毛成分量が61種類配合されているわけです。

 

一方の薬用ポリピュアEXは、精製水や品質維持のための成分などの育毛以外のために配合されている成分を当てはめても丸ごとで12種類です。

 

イクオスの育毛成分数は、ポリピュアEXを圧倒していると言っても言い過ぎではないのです。

 

無論、育毛成分数が多ければ育毛成果が発揮されやすいとはいえません。

 

けれども、多くの育毛成分を配合しているという事は、それだけ多角的な育毛促進が可能なわけです。

 

薬用ポリピュアEXよりも配合成分数が多々あるイクオスは、育毛成果が高いと言えるでしょう。

 

▲目次に戻るイクオスのAlgas-2(アルガス-2)と薬用ポリピュアEXのバイオポリリン酸の育毛影響対比薬用ポリピュアEXの主成分バイオポリリン酸より、イクオスに配合されているAlgas-2(アルガス-2)のほうが育毛作用は高いです。

 

イクオスの独自成分がAlgas-2(アルガス-2)です。

 

一方で薬用ポリピュアEXにもバイオポリリン酸という独自成分が配合されているのです。

 

イクオスと薬用ポリピュアEX双方の独自成分には各々どれほどの育毛成果があるのか、検証してみましょう。

 

【Algas-2(アルガス-2)に見込み可能な育毛成果】・ランクアップ因子が豊富に内蔵されているため発毛促進影響あり・頭皮の保湿作用・細胞の代謝力量を高め毛母細胞を活性化・ヘアーに貼りやコシを与えヘアーの発展を促す・頭皮の血管の拡張作用・毛包を増殖させる・ヘアサイクルを正常化させる※毛包とは・・・毛根を包む組織。

 

毛根を防護し、毛の伸長の通路となる。

 

(ブリタニカ国際大百科事典小項目事典より(ポイント:https://kotobank.jp/word/%E6%AF%9B%E5%8C%85-142131)【バイオポリリン酸に望み可能な育毛成果】・頭皮の保湿作用・毛乳頭にあるFGF-7を活性化させる※FGF-7とは・・・FGF-7はKGF(角質細胞増殖因子)とも呼ばれており、毛根を刺激し毛髪を丈夫にするような作用があります。

 

イクオスの主成分Algas-2(アルガス-2)のほうが薬用ポリピュアEXの主成分バイオポリリン酸よりも数多くの育毛影響がある事がわかります。

 

そもそもバイオポリリン酸の中心的な育毛影響は頭皮の保湿です。

 

保湿される事は頭皮にとっても良い事であり、ヘアーが健やかに進化しやすくなる事は間違いないのです。

 

ただし、頭皮が保湿されたからといってもうにヘアーが復活するわけではないのです。

 

他にも色々な育毛成果が必須になってくるわけです。

 

イクオスの海藻成分Algas-2(アルガス-2)については、株式会社キーリーが製作したわけですが千葉頭皮環境研究会との共同チェックを実施し、その結果を発表しています。

 

【頭皮に異なる点が出たとする体感率?3ヶ月間の質問結果?】・アルガス-2配合イクオス・・・78%・キャピキシル5%配合ローション・・・56%・ミノキシジル配合育毛剤・・・43%※イクオスの公式Webページより(ポイント:http://iqos-official.jp/user_data/algas2.php)最先端育毛成分Algas-2(アルガス-2)は、海藻エキスM-034とペルベチアカナリクラタを組み合わせる事で相乗成果により、ミノキシジルよりも3倍の育毛影響があるとされるキャピキシルよりも育毛に良い結果が見定めされています。

 

一方で薬用ポリピュアEXに配合されているバイオポリリン酸に関しては、他の育毛成分との対比試験の結果も発表されていません。

 

バイオポリリン酸にどれだけの育毛影響があるのか自体も突っ込んでは分かっていないのです。

 

育毛成果に関しては薬用ポリピュアEXの特許成分バイオポリリン酸より、イクオスに配合されているアルガス-2のほうが高いと決断します。

 

イクオスの公式Webページを見る▲目次に戻る男性ホルモン抑制影響もイクオスの勝利イクオスとポリピュアEXのAGAへの男性ホルモン抑制影響を対比すると、イクオスが圧倒しています。

 

イクオスには、ポリピュアにはない最後の最後で男性ホルモン系の薄毛を食い止めてくれる、TGF-βを抑制する成分が配合されているので有利です。

 

男性の薄毛にとってなくてはならないのが、育毛剤の男性ホルモン抑制影響です。

 

男性の薄毛の多くに関わっているのがAGAのきっかけ物質であるジヒドロテストステロンと呼ばれている物質です。

 

その物質には男性ホルモンのテストステロンと、5αリダクターゼと呼ばれる酵素が関わっているので、男性ホルモンによる抜け毛を押し止めるのであれば、5αリダクターゼ抑制成分によって男性ホルモンの働きを弱めなければなりません。

 

イクオスには、5αリダクターゼ抑制成分がヒオウギ抽出液やビワ葉エキス、オウゴンエキス、チョウジエキスなどを配合しています。

 

それだけではなくジヒドロテストステロンが生まれたあとジヒドロテストステロンが出す脱毛指令の「FGF-5」に対抗可能なクワエキス・シャクヤクエキス・ヒキオコシエキス・ごぼうエキスなどの育毛成分も配合しているのです。

 

イクオスであれば男性ホルモン系の薄毛を5αリダクターゼとTGF-βの2段構えで対処してくれます。

 

薬用ポリピュアEXに関しては、ヒオウギ抽出液は配合されています。

 

ただし、薬用ポリピュアEXに配合されている男性系の薄毛対策に対抗可能な育毛成分は、ヒオウギ抽出液のみなので、高い育毛影響が獲得できるとは考慮しにくいです。

 

男性で頭頂部やM字ハゲのAGAによる薄毛改善に悩んでいる方は、薬用ポリピュアEXよりもイクオスを活用しましょう。

 

イクオスは、頭皮の血行促進や頭皮環境改善影響のある育毛成分が豊富イクオスは頭皮の血行促進成分も、有効成分センブリエキスやシラカバエキス、加えてドクダミエキスなど数多に配合しています。

 

頭皮環境改善成分もコンフリーエキスやグリチルリチン酸2K、しかもジフェンヒドラミンHCIなどが配合されています。

 

イクオスには、ここには記載しきれないほどの頭皮の血行促進影響を持っている育毛成分や、コラーゲン配合など頭皮環境改善成果のある育毛成分が配合されているわけです。

 

薬用ポリピュアEXに関しては、そもそもそっくりで12種類の育毛成分しか配合されていません。

 

髪のレベルアップ期を伸ばす頭皮の血行促進系の育毛成分としてはニンジンエキス、抗炎症系の育毛成分としてはグリチルリチン酸ジカリウムなどの2種類の育毛成分が入っていますが、イクオスと対比すると薬用ポリピュアEXは手薄である感は否めません。

 

頭皮の血行促進成果が得たい方や頭皮環境の改善影響が得たい方は、薬用ポリピュアEXよりもイクオスの使用がベストチョイスです。

 

イクオスの公式Webページを見るイクオスの詳しい全成分と育毛成果について知りたい人は以下のページを参照ください。

 

イクオスの成分▲目次に戻る副作用はどっちもなく引き分けイクオスも薬用ポリピュアEXも極めて安心性が高い育毛剤で、頭皮や育毛環境に何かしらの問題が起こってしまう事も考慮しにくいです。

 

特にイクオスは、添加物が配合されていない無添加育毛剤なので、敏感肌の人でも使用ができるな確かな育毛剤なんです。

 

例を挙げると、科学的な成分であるフィーリングもネーミングから受けるイクオスの「アルガス-2」ですが、M-034(北海道産ミツイシコンブから抽出されたエキス)とペルベチアカナリクラタエキス(フランスのブレア諸島の海藻のエキス)によって作られたもので、天然由来の育毛成分なのでリスキー性はないのです。

 

薬用ポリピュアEXの注意成分バイオポリリン酸についても酵母なので、特に大きな危うい性はないのです。

 

薬用ポリピュアEXも、心配無用して継続使用していける育毛成分です。

 

※酵母とは・・糖分を栄養にしてアルコールと炭酸ガスを出して発酵するものです。

 

微生物のひとつのグループであり、自然界の影響しているものでもあります。

 

酵母を処理する事で有用な成分を抽出したエキスの事を酵母エキスと呼びます。

 

酵母は食品にも活用されているものであり、頭皮に塗布する分には効能により副作用が生じてしないと心積もりられています。

 

そもそもイクオスと薬用ポリピュアEX双方には、発毛成果のある発毛剤のような副作用のある成分は配合されていません。

 

頭皮環境を改善させる保湿作用や、抗炎症作用のある成分も配合されているので、頭皮に問題が起こる確率は限りなく低いのです。

 

副作用の危うい性では、イクオスとポリピュアの両者に差はないので、プライスや育毛成果をスタンダードとして選定するのがいいでしょう。

 

イクオスの公式Webページを見る薬用ポリピュアexの公式Webページを見るイクオスとポリピュアEXの副作用についてまた克明に知りたい人は、各々以下のページを参照ください。

 

イクオスに配合されているエタノール(アルコール)のリスキー性薬用ポリピュアEXの副作用▲目次に戻る値段もイクオスの方がリーズナブル薬用ポリピュアEXよりもイクオスの決まったコースがとても素敵となっており、値段としても有利と決断します。

 

薬用ポリピュアEXの決まったコースも値段的には有利な育毛剤である事は確かですが、イクオスには育毛サプリメントがついてくるのです。

 

【都度調達費用対比】・イクオス・・・8980円+送料630円・薬用ポリピュアEX・・・7800円+送料650円単品買い物金額は8980円+送料630円とイクオスのほうがポリピュアよりも1000円近く高めとなっており、薬用ポリピュアEXのほうが有利です。

 

1000円程度の差となっているので、年間で25000円程度の差になります。

 

しかし、育毛剤で影響を出すには長期使用が元です。

 

ですから、イクオスと薬用ポリピュアEXの都度買い物代金だけではなく決まったコースの対比も実施しなければなりません。

 

【決まったコースの値段対比】・イクオス・・・6980円(送料フリー)・ポリピュアEX・・・6800円(送料フリー)決まったショッピングも薬用ポリピュアEXの方が100円ほど安いので有利に感じてしまいますが、その実差異ます。

 

薬用ポリピュアEXの決まった購買は、育毛サプリメントがついてきません。

 

一方でイクオスは、育毛剤本体に育毛サプリメント(イクオスサプリEX)がついて6980円という代金なのです。

 

イクオスは都度買い物よりも2000円近く決まったコースのほうが安いのに、その上育毛剤本体に育毛サプリ付きという太っ腹なステータスです。

 

そもそも栄養不足によって薄毛に陥っている事例には、育毛サプリメントは無くてはならないものです。

 

当然イクオスの育毛サプリメントは一番目だけついてくるのではなく月次育毛剤とともにお発送してくれます。

 

イクオスサプリEXは「実質フリー扱い」と言っても良いかもしれません。

 

それ故、代金で見るとポリピュアよりも圧倒的にイクオスの方が優れていると言えるでしょう。

 

イクオスの公式Webページを見るイクオスの育毛サプリメントに関しては、ポリピュアEXがサプリ付きではないため対比しませんが、イクオスサプリEXの詳しい配合成分や育毛影響が見過ごせない人は以下のページを参照ください。

 

イクオスサプリEXの成分と育毛影響▲目次に戻る償還バックアップルールは引き分けイクオスと薬用ポリピュアEXの払戻しサポート期間で対比してみると、以下のように差はないのです。

 

・イクオス・・・アイテム買い物日から45日間・薬用ポリピュアEX・・・アイテム到着から45日間イクオスと薬用ポリピュアEXの双方とも45日間の払戻しバックアップ仕組みが依拠となっていますが、薬用ポリピュアEXに関してはアイテム到着から45日間の償還サポートの設定となっています。

 

イクオスよりもポリピュアの方が期間的にはわずかゆとりがあるかたちになっているのです。

 

イクオスと薬用ポリピュアEXの双方とも、1ヶ月以上は活用して払戻しバックアップを使用するかを決断可能なので、期間的にはかなり良心的な設定です。

 

償還サポートシステムの活用メソッド・イクオス・・・前もってにフリーダイヤルへ連絡する事、イクオスのボトルと納品書を送付する事・薬用ポリピュアEX・・・前もってに電話連絡をする事、アイテムの器とメモ用紙(名前や電話番号、償還振込銀行名などを記入する)を送付する事払戻しバックアップの使用に関しては、イクオスと薬用ポリピュアEXに大きな差異はないのです。

 

双方ともに前もって電話連絡をし、その後にアイテムなどを返送する事で償還してもらえるわけです。

 

イクオスと薬用ポリピュアEXどっちも仮に電話連絡をせずにキャンセルしてしまうと、償還対象にはならないので用心しましょう。

 

薬用ポリピュアEXのほうが償還サポートルールのサポート期間は同じ45日間でも、若干長いですが(ショッピング日ではなくアイテム到着日がレベルとなるため)、大きな差はないと決断します。

 

イクオスも薬用ポリピュアEXも払戻し対象期間が長い間、素晴らしい償還サポートサービスを実施しています。

 

イクオスの公式Webページを見る薬用ポリピュアexの公式Webページを見る▲目次に戻る使用感はどっちも良く引き分けイクオスとポリピュアはどっちも使用感がよく引き分けという結果になりました。

 

イクオスも薬用ポリピュアEXも、ジェットスプレータイプを採用しています。

 

どっちも空間やすいスプレーではありますが、ジェットタイプとなっているので狙った頭皮まで勢いよく直接塗布可能なような感覚になっているわけです。

 

ヘアーについてしまったり、育毛やりたいロケーションじゃないところまで塗布してしまったりするような悩ましいもないのです。

 

育毛剤の液体についても、サラサラとしており、ベタつきやテカリもないため大いに活用しやすい状況になっています。

 

ヘアーをセットする時に障害になってしまうようなタイプの育毛剤もありますが、イクオスも薬用ポリピュアEXも髪型には大きな影響を与える事はないです。

 

イクオスも薬用ポリピュアEXも液体がサラサラしているので、液ダレが現れてする見込みはあります。

 

タオルやティッシュなどを使用して液ダレが起きないに対処しましょう。

 

加えて塗布後直ちにに頭皮マッサージをする事で、液ダレを防ぐテクニックもあります。

 

イクオスと薬用ポリピュアEXの使用感というと育毛剤の臭いも見過ごせないところでしょう。

 

育毛剤的な臭いがしてしまうと、周囲に薄毛で悩んでいる事が表沙汰になるしてしまいます。

 

ただし、イクオスも薬用ポリピュアEXも大きな不安はないのです。

 

イクオスと薬用ポリピュアEX双方ともにおおかた臭いがないのです。

 

敏感な人は臭いを少々は感じてしまうかもしれませんが、頭皮に塗布してから数分でパーフェクトに無臭になるはずです。

 

イクオスの公式Webページを見る薬用ポリピュアexの公式Webページを見る▲目次に戻る染み渡る力はどっちも高く引き分け育毛剤の育毛力を見極めする時に大いに肝心になってくるのが頭皮への染み渡る力です。

 

どんなに素晴らしい育毛成分が入っていても頭皮への染み渡る力がなければニュアンスはないのです。

 

イクオスと薬用ポリピュアEXの頭皮への定着力を対比したところ、どっちもそんなに差はないのです。

 

・イクオスの染み渡る力・・・低分子ナノ水を活用・薬用ポリピュアEXの定着力・・・バイオポリリン酸の染み渡る力を膨れ上がるイクオスと薬用ポリピュアEXのどっちも頭皮の染み渡る力に注意している育毛剤です。

 

イクオスに関しては、低分子ナノ水というものを使用しています。

 

低分子とは細かい粒子の事を指しており、育毛成分が毛包や毛乳頭まで到達可能なように着想されているのです。

 

分子が大きい育毛剤は毛穴の中に育毛成分が入りませんが、イクオスは分子を詳細にしているので、有効な育毛成分がよりお肌の奥で育毛影響を発揮してくれるのです。

 

薬用ポリピュアEXに関してはバイオポリリン酸に定着力への構想をしています。

 

その実2種類の一般的大きさのバイオポリリン酸とナノ大きさ化したバイオポリリン酸を配合しています。

 

二つの異なる大きさの同じバイオポリリン酸を配合する事で、お肌の奥とお肌の上から作用を与えられるようにアイデアされているわけです。

 

イクオスと薬用ポリピュアEXのどっちの育毛剤も頭皮への定着技術に優れています。

 

甲乙つけがたいので、ここは引き分けとします。

 

イクオスの公式Webページを見る薬用ポリピュアexの公式Webページを見る▲目次に戻る整理大注目育毛剤ポリピュアEXとイクオスを対比した結果、総合的に見て薬用育毛剤イクオスをベストチョイスします。

 

イクオスも薬用ポリピュアEXのどっちも、育毛ケアに推奨可能な育毛剤である事は間違いないのですが、大きな差となったのが配合成分の数と質です。

 

イクオスには圧倒的に豊富な育毛成分が配合されているので、諸々な育毛成果が得られます。

 

より高い育毛成果を得たいと思っている方に適している育毛剤がイクオスなのです。

 

他にもイクオスに配合している育毛成分の質にも注意しましょう。

 

イクオスには頭皮の血行促進や頭皮環境改善影響などの育毛成分が豊富に配合されているのに対し、ポリピュアには、頭皮環境改善成分や髪の栄養となるような育毛成分は全く配合されていません。

 

決まったコースで育毛サプリがついてくるところもイクオスの引き寄せられるの一つです。

 

育毛剤を使用しても育毛影響が現れない、という方はわりと多ですが、その育毛影響が出ない要因が、そもそもヘアーを製作するための栄養不足に陥っているからなのです。

 

食生活が乱れたりすると、どんなに良い育毛剤を使っても髪に栄養が行き渡らないため育毛影響は現れにくいです。

 

その点、育毛サプリが実質フリーでついてくるイクオスの決まったコースはメリットがあるでしょう。

 

イクオスの公式Webページを見る薬用ポリピュアexの公式Webページを見る男女兼用育毛剤イクオスの他にの提供情報や、大注目育毛剤ブブカやチャップアップと育毛剤対比した結果のテキストは以下に整理てあるので、気に掛かる人は参照ください。

 

育毛剤イクオスの評判と影響このWebページ内の女子用、男性用育毛剤のベストチョイスは以下の順位を参照ください。

 

育毛剤順位▲目次に戻る。

 

トップへ戻る