チャップアップとイクオスの育毛剤の成分、価格を徹底比較

チャップアップとイクオスの育毛剤の成分、価格を徹底比較

口コミの良い育毛剤についてオンラインをたくさん調査した結果、育毛業界でトップの好評を誇る事がわかったチャップアップとイクオス。

 

ただ、チャップアップとイクオスはどっちがいい育毛剤なのか、実のところのところ飲み込めないですよね。

 

そんな訳で、チャップアップとイクオスをどっちも使ってみた30代M字ハゲのわたしが、どっちが良い育毛剤なのか実体験も踏まえ対比しました。

 

チャップアップとイクオスの成分や値段を詳細に対比してどっちか良い方の育毛剤を選択したい人は参照ください。

 

この投稿では、大注目育毛剤チャップアップとイクオスのどっちが良い育毛剤なのかを成分や成果、代金、耳を揃えて償還サポートなどの項目で徹底対比しました。

 

その結果、どっちも勝っているところ、負けているところがあり甲乙付けがたく、両者引き分けになりました。

 

例を挙げると、AGAによる抜け毛に影響を発揮する男性ホルモン対策で対比するとイクオスがベストチョイスで、フケや痒みなどの抜け毛に成果がある頭皮環境改善対策で対比するとチャップアップとイクオスは引き分け、髪を太くし強く抜けにくくする頭皮の血行不良改善影響で対比するとチャップアップが推奨という結果になっています。

 

このテキストで、チャップアップとイクオスの以下の6つの項目で対比しました。

 

・成分と影響対比:甲乙つけがたく引き分け・頭皮への定着力対比:イクオスの勝利・副作用対比:引き分け・利用しやすさ対比:引き分け・どっちの育毛サプリがいいのか対比:イクオスの勝利・値段対比:イクオスの勝利チャップアップとイクオスのどっちを選択したらいいかの育毛剤選択しの決断具材にしてもらえたら嬉しいです。

 

チャップアップの公式Webページを見るイクオスの公式Webページを見る目次チャップアップとイクオスの主成分、有効成分を対比チャップアップの有効成分3つとイクオスの有効成分3つの対比イクオス(アルガス2)とチャップアップ(M-034)の主成分を対比チャップアップとイクオスの合計成分数の対比チャップアップの育毛影響とイクオスの育毛影響で対比チャップアップとイクオスの頭皮への染み渡る力を対比チャップアップとイクオスの副作用で対比チャップアップとイクオスの利用しやすさを対比チャップアップとイクオスの育毛サプリで対比育毛剤チャップアップと育毛剤イクオスの値段対比チャップアップとイクオスの対比整理チャップアップとイクオスの抜け毛への育毛成分対比抜け毛を抑制するには、育毛剤に配合されている成分の中身が大事です。

 

チャップアップとイクオスの成分で綿密に対比した結果、以下のようになりました。

 

・有効成分:引き分け・主成分:イクオスの勝利・全成分数:チャップアップの勝利・総合的な育毛力:引き分け一つずつ以下で詳細に紹介していきます。

 

チャップアップとイクオスの主成分、有効成分を対比チャップアップとイクオスの配合されている成分を調べる事で、その育毛剤がどれほどの育毛成果をもたらしてくれるのかもだいたい理解可能なようになります。

 

ここでは、チャップアップとイクオスの育毛成分を対比していきます。

 

チャップアップの有効成分3つとイクオスの有効成分3つの対比チャップアップとイクオスの有効成分は3種類とも全く同じです。

 

つまり引き分けという結果になりました。

 

チャップアップとイクオスには厚生労働省から一定の育毛影響が認められている有効成分が、センブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)・ジフェンヒドラミンHC(塩酸ジフェンヒドラミン)の3つ配合されています。

 

チャップアップとイクオスの有効成分数はどっちも同じ成分が3つ配合されているため、有効成分では二つの育毛剤の優劣をつける事は出来ません。

 

▲目次に戻るイクオス(アルガス2)とチャップアップ(M-034)の主成分を対比チャップアップの主成分は海藻エキスm-034、イクオスの主成分はアルガス-2ですが、主成分の育毛成果ではイクオスが有利と決断します。

 

チャップアップは単なる海藻エキスM-034を活用していますが、イクオスはM-034を使用しつつも他にももう一つの海藻エキスをM-034に加えてレベルアップさせているのです。

 

イクオスの主成分は、Algas-2(アルガス?2)といい、イクオスのみに配合されている独自成分として注意されているのです。

 

アルガス?2には、M-034と海藻エキスペルベチアカナリクラタエキスが新たに濃縮配合され、千葉頭皮環境研究会のリサーチでは、アルガス?2がキャピキシル5%配合ローションやミノキシジル配合育毛剤よりも育毛の体感率が高い事が分かっています。

 

【育毛成果体感までの実験データ?3ヶ月間?】・アルガス?2配合イクオス・・・体感率:78%・キャピキシル5%配合ローション・・・体感率:56%・ミノキシジル配合育毛剤・・・体感率:43%※千葉頭皮環境研究会リサーチデータよりチャップアップとイクオスの主成分を対比した結果、チャップアップの主成分M-034に海藻エキスペルベチアカナリクラタエキスを配合しパワーアップさせたイクオスの主成分Algas-2(アルガス?2)の方が高い育毛成果があると言えます。

 

▲目次に戻るチャップアップとイクオスの合計成分数の対比チャップアップとイクオスの成分量を対比すると以下のようになります。

 

・チャップアップの成分数・・・81種類・イクオスの成分数・・・70種類チャップアップとイクオスの合計成分数を対比すると若干チャップアップが有利な成分数となっています。

 

けれども、イクオスの成分数も少ないわけではないのです。

 

チャップアップとイクオスの配合成分数は、カタログ販売型の育毛剤の配合成分が20種類や30種類くらいが多々ある中、他の育毛剤と対比すると圧倒的です。

 

チャップアップの方が若干、育毛成分数が多々あるものの、イクオスとチャップアップであれば多くの育毛成分を含んでいるので、諸々な薄毛や抜け毛のきっかけに対処してくれる見込みが高まる事は間違いないのです。

 

▲目次に戻るチャップアップの育毛成果とイクオスの育毛成果で対比チャップアップとイクオスの育毛剤には同じような育毛影響が見込み可能なため引き分けとなりました。

 

配合成分に若干の異なる点はありますが、頭皮の皮脂の過剰分泌抑制作用や頭皮の血行改善作用、5αリダクターゼ対策作用(男性ホルモン抑制作用)などの同じ育毛影響を持った育毛成分が多く配合されているのです。

 

例を挙げると、頭皮環境の改善成果のあるサクラ葉抽出液や、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L-アスパラギン酸、L-専門家リン、オドリコソウエキス、薔薇マリーエキス、ゴボウエキス、ダイズエキス、乳酸ナトリウム液、ドクダミエキス、α-リポ酸、カンゾウ葉エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液。

 

頭皮の血行促進成果のあるクエン酸ナトリウム、クエン酸、オランダカラシエキス、ニンニクエキス、ニンジンエキス、クロレラエキス、塩酸リジン。

 

男性ホルモンを抑制するビワ葉エキス、ヒオウギ抽出液、ボタンエキス、育毛成果以外の安定剤の役割を持つ水酸化ナトリウムなどは、イクオスとチャップアップのどっちにも配合されています。

 

チャップアップとイクオスの成果の異なる点を対比すると、糖化防止(アンチエイジング)作用と頭皮の血行改善作用があります。

 

チャップアップは頭皮の血行改善作用系の影響を主要に据えている一方で、イクオスは頭皮の糖化防止(アンチエイジング)作用に力を入れています。

 

しかし、どっちの育毛剤にも頭皮の血行促進作用がありますし、糖化防止作用もあります。

 

ですから実質的に育毛影響ではチャップアップとイクオスの二つの育毛剤に差はない、と決断可能なわけです。

 

※糖化防止(アンチエイジング)作用系成分の配合数・・・チャップアップ:6成分、イクオス:7成分※血行改善作用系成分の配合数・・・チャップアップ:21成分、イクオス:14成分イクオスのみに配合されている注意成分は、コラーゲン配合や高い頭皮の保湿力を持つアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムなどが配合されています。

 

このように、チャップアップとイクオスの育毛影響はどっちも高いため、引き分けといっていいでしょう。

 

そうなると、このテキストの後半で対比している決まったコースだとどっちもセットで付いてくる育毛サプリや、値段での勝負となっていきます。

 

チャップアップの公式Webページを見るイクオスの公式Webページを見る育毛剤チャップアップとイクオスの詳しい全成分名とその育毛成果に関しては以下のページを参照ください。

 

チャップアップの全配合成分と育毛影響イクオスの成分▲目次に戻るチャップアップとイクオスの頭皮への定着力を対比育毛剤にどんなに素晴らしい育毛成分を配合していたとしても、お肌の奥に染み渡るしなければニュアンスがないのです。

 

より高い育毛影響を与えるためには、頭皮の毛穴の中に育毛剤が染み渡るする事が必須になってくるのです。

 

頭皮への定着力を対比した結果、イクオスの方が若干優れているという結果になりました。

 

頭皮への染み渡る力はイクオスのほうが高い!イクオスの頭皮への染み渡る力は育毛剤の中でも屈指です。

 

イクオスには高い染み渡る力を実現する以下の3つのもち味を持っています。

 

・低分子ナノ水を使用している・特別に高分子ヒアルロン酸ナトリウムを配合している・染み渡るしやすい頭皮の様子にしてくれるイクオスは低分子の育毛剤となっているので、育毛剤の液体の粒子が大いに詳細になっているため、頭皮の毛穴の奥にまで育毛剤が到達可能なように設計されているわけです。

 

今までの育毛剤は高分子だったので、必然的に育毛剤が毛穴の奥にまで染み渡るしませんでした。

 

中には、ミノキシジルのように成分自体が高分子になっているものもあります。

 

イクオスは育毛成分自体を低分子化しており、毛穴の奥の毛母細胞や毛乳頭細胞のより近くで育毛影響が発揮されやすいように考慮しられているわけです。

 

他にも注意してくれのが、イクオスが低分子ナノ水を活用しているのに高分子ヒアルロン酸ナトリウムも配合している事です。

 

驚いたことに一つの育毛剤に低分子の成分と高分子の成分が入っているわけです。

 

粒子の大きい高分子ヒアルロン酸の役割は粒子が大きいため毛穴の奥まで染み渡るしない事を活用して、頭皮の表面を覆い、アレル物質などが頭皮に触れるのを防ぐ事です。

 

加えて諸々な育毛成分が皮膚の奥にどんどんとどまるように、定着させるような作用もあるのです。

 

育毛剤の液体が蒸発するのも防いでくれます。

 

頭皮が硬くなってしまうと、やはりの育毛成分もお肌の中に入り込まなくなってしまいます。

 

高分子ヒアルロン酸のような頭皮を柔らかくするための育毛成分もイクオスには配合されています。

 

一方でチャップアップにも、頭皮への定着力を高めるパフォーマンスがある事は間違いないのです。

 

▲目次に戻るチャップアップの定着力系の特色チャップアップには、育毛剤の染み渡るを助けるために頭皮を柔らかくする成分を配合しています。

 

チャップアップの頭皮を柔らかくする育毛成分としては、梅果実エキスやチンピエキス、またマロニエエキスが該当します。

 

けれども、チャップアップはイクオスほど頭皮への定着力には注意していないのが現況なのです。

 

ですから育毛剤の頭皮への染み渡る力という事に関しては、チャップアップよりもイクオスに軍配が上がります。

 

▲目次に戻るチャップアップとイクオスの頭皮への痒みやかぶれの副作用で対比チャップアップとイクオスには、発毛剤のような痒みやかぶれが起こる副作用が高い発毛影響のある医薬成分は配合されていません。

 

すべて天然成分で作られているため、両者共に副作用の気がかりはないのです。

 

そして、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油のような育毛成分同士を混ぜ合わせる乳化剤のような役割を果たす成分も使用されていますが確かです。

 

チャップアップとイクオスの使用者の評判を見ても副作用の生じて報告はないようです。

 

加えて、チャップアップとイクオスには、頭皮への刺激になりかねない石油系界面活性剤やパラベン、香料が配合されていない無添加育毛剤なので敏感肌の人でも心配無用して使用できます。

 

▲目次に戻るチャップアップとイクオスの利用しやすさを対比育毛剤にはノズルタイプとスプレータイプ、他にもスポイトタイプがあります。

 

チャップップとイクオスはどっちもノズルスプレータイプで、ユーザビリティーは引き分けとなりました。

 

育毛剤本体がどのタイプを採用しているかによっても操作感には大きな影響を与えてくるので注意しましょう。

 

チャップアップとイクオスは同じノズルスプレータイプチャップアップとイクオスは、どっちも「ノズルスプレータイプ」となっていて、どっちも同じなので利用しやすさや使用感に関しては差がないのです。

 

チャップアップとイクオスの利用しやすさは引き分けとします。

 

チャップアップとイクオスのようなノズルスプレータイプの育毛剤は衛生面と頭皮への塗布のしやすさという加味面があり、結果としてそれが育毛成果を高める事にもつながってきます。

 

チャップアップの公式Webページを見るイクオスの公式Webページを見る▲目次に戻るチャップアップとイクオスの育毛サプリで対比チャップアップとイクオスの育毛サプリメントのみで対比すると、どっちも質の高いサプリですが、僅差でイクオスサプリの方が優れている事がわかりました。

 

イクオスサプリとチャップアップサプリのマックスの相違は以下の2点です。

 

・成分配合がイクオス46種類にそれに対しチャップアップ23種類・成分の配合量(含有量)がイクオスは公開されているが、チャップアップはされていない成分数が多々あるイクオスサプリの方が若干有利なものの、サプリ自体が持つ普通な育毛成果は同じです。

 

ですが、チャップアップサプリに関しては、どれだけ配合されているのかという中身量が公開されていないため、そのところは評価を下げざるを得ません。

 

さらに、ステアリン酸Caやノコギリヤシエキスやフィーバーフューのような同じ成分も多々あるものの、イクオスサプリのみに配合されている成分としてビタミンB、イチョウ葉エキスなどがあります。

 

この辺の成分や成果について突っ込んで知りたい人は、チャップアップサプリメントとイクオスサプリEXの詳しい対比結果の投稿をごらんください。

 

チャップアップとイクオスのサプリを対比▲目次に戻る育毛剤チャップアップと育毛剤イクオスの値段対比育毛剤本体の単品での費用対比・育毛剤チャップアップの単品調達金額・・・7400円(税込み)+送料660円・育毛剤イクオスの単品買い物代金・・・8980円(税別)+送料630円【税込み・送料抜き時における1日あたりのコストパフォーマンス(30日分として計算)】・チャップアップ・・・1日あたり約247円・イクオス・・・1日あたり約323円育毛剤チャップアップとイクオスの育毛剤単体代金を対比すると、チャップアップの単品金額が7400円、イクオスが8980円と、チャップアップの方が育毛剤単品買い物をしたケースには有利な金額設定となっています。

 

どっちも1本120mlで1か月分の使用期間で計算し1日あたりのコストパフォーマンスで対比しても、チャップアップが1日あたり約247円、イクオスが1日あたり約323円と、チャップアップがイクオスより80円近く安い事がわかります。

 

育毛剤の単品買い物で1年間活用を続けると、イクオスの方が30000円弱も高い事になるので、「費用を優先して単品ショッピングで育毛剤を活用していこう」と思っている方には、チャップアップの活用がイチ押しです。

 

▲目次に戻る育毛剤の決まった便での金額対比チャップアップとイクオスの決まったコースの金額を対比すると、チャップアップが9090円、育毛剤イクオスが6980円とイクオスのほうがリーズナブルに購買できます。

 

チャップアップもイクオスもどっちも決まった買い物すると育毛サプリがフリーで付いてくるという前提は同じため決まった調達値段であればイクオスの方が安価に購買できます。

 

償還サポート期間で対比決まったコースで購買した育毛剤の価格を払戻ししてもらう事が可能な耳を揃えて償還サポートの期間ですが、チャップアップの方がイクオスよりも良い要件を設定してくれています。

 

チャップアップは以前30日間の償還サポート期間の設定だったのですが、新たに「永久サポート決まり」に移り変わりしました。

 

チャップアップは決まったコースの1本目を使用してからどれだけ経っていても初回の1本分だけは、耳を揃えて払戻ししてくれるのです。

 

一方で、イクオスの払戻しサポート期間に関しては「45日間」の設定となっています。

 

イクオスの決まったコースを活用したケースに償還バックアップを使用すると、アイテム買い物から45日間以内という要件があるわけです。

 

その払戻しサポート期限を超えてしまうと、イクオスの耳を揃えて償還の対象外になってしまいます。

 

チャップアップとイクオスの払戻しサポートではチャップアップの償還サポートルールの方が優れていると言えます。

 

▲目次に戻るチャップアップとイクオスの対比整理チャップアップとイクオスがどっちも有能な医薬部外品系育毛剤である事は間違いないのです。

 

けれども、育毛の目的によっては、どっちを活用すべきか心積もりなければなりません。

 

男性ホルモン対策をやりたい方は、イクオスのほうがベストチョイスです。

 

イクオスには、男性型脱毛症に関わる5αリダクターゼだけではなく、それ以外の脱毛因子もブロックしてくれるのです。

 

仮に男性型脱毛症の主きっかけであるジヒドロテストステロンが生み出されたとしてもその後に生じてする脱毛因子の「TGT-β」と脱毛指令の「FGF-5」をブロック支障がなければ、AGAは発症しません。

 

それによりの成分をイクオスは含んでいるのです。

 

※イクオスに配合されている脱毛因子抑制成分・・・クワエキス、ローマカミツレエキス、シャクヤクエキス、シナノキエキスなど頭皮環境の改善が目的の人は、チャップアップとイクオスのどっちを使用しても大きな移り変わりはないのです。

 

どっちにも多くの抗炎症成分や抗菌・殺菌成分が配合されているのです。

 

血行不良による薄毛が発症している方はチャップアップがベストチョイスです。

 

チャップアップはイクオスに比較して、血流改善系の成分を多く配合しているのです。

 

例を挙げると、イクオスには配合されていないマツエキスやイチョウエキス、その上西洋サンザシエキスも配合しています。

 

・男性ホルモン対策・・・イクオスがベストチョイス・頭皮環境対策・・・引き分け・血行不良・・・チャップアップがベストチョイス上記したように、チャップアップとイクオスは甲乙つけがたい育毛剤です。

 

ただし、イクオスを推します。

 

イクオスを推す所以としては定着力

トップへ戻る