イクオスとナノインパクトプラス(ナノインパクト100)を比較

イクオスとナノインパクトプラス(ナノインパクト100)を比較

イクオスとナノインパクト100(旧ナノインパクトプラス)の育毛剤と育毛サプリメントを、成果や成分、代金、耳を揃えて払戻しバックアップなどの項目で徹底対比したところ、イクオスの方がベストチョイス可能なという事がわかりました。

 

・プライス対比:イクオスの勝利・成分と成果対比:イクオスの勝利・定着力対比:ナノインパクト100の勝利・丸々償還バックアップ対比:イクオスの勝利・副作用対比:引き分け・育毛サプリ対比:イクオスの勝利・使用感対比:引き分けこの文章を読めば、なぜナノインパクト100よりイクオスの方が推奨なのかがわかります。

 

イクオスの公式Webページを見るナノインパクト100の公式Webページを見る目次ナノインパクト100よりイクオスの値段が安いイクオスの方が成分数が多く影響的ナノインパクト100の方が定着力が高いイクオスの方が償還バックアップ期間が長いイクオスとナノインパクト100はどっちも副作用なしイクオスの育毛サプリの方が優れていたイクオスとナノインパクト100はどっちも使い勝手のよいナノインパクト100よりイクオスの値段が安いイクオスとナノインパクト100の購買値段を対比した結果、イクオスの方が総合的なコスパが高いと感じました。

 

イクオスとナノインパクト100のの双方とも育毛剤としてはかなり低代金に代金が設定されており、初回購買時はしかも格安になる事から経済面ではかなりの高評価です。

 

それを踏まえて費用的にはナノインパクト100のほうが最低支出は安価になります。

 

しかし、ナノインパクト100に育毛サプリが付いてない事を考慮すると、個人的にはサプリ付きのイクオスのほうが優れているのではないかと感じます。

 

これは内面からか直接外部から頭皮ケアをアフターケアするかの相違ですので、個人のお好きなに分かれると考えますが、どっちをとるかと言われると、私的には育毛サプリのアフターケアも付いているほうが育毛の相乗影響は高いように思えます。

 

なので、個人的には育毛サプリがただでついてきて、育毛剤の1日あたり299円で使用可能なイクオスのほうに軍配があがると考えます。

 

イクオスの単品調達プライス:10880円+送料630円=11510円(原価12800円)1日当たりのコスパ:約384円ナノインパクト100の単品ショッピング金額:7560円+送料540円=8100円1日当たりのコスパ:約270円単品購買だと2000円以上もナノインパクト100の方が安価に買い物できます。

 

イクオスの決まった買い物金額:8980円(送料フリー 育毛サプリ付き 初回購買時のみ4980円 原価12800円)1日当たりのコスパ:約299円(サプリ30錠で定期的1錠服用計算) 初回166円ナノインパクト100の決まった注文:7560円(送料・手数料フリー・初回限定50%オフ3780円)1日当たりのコスパ:初回約126円 2回目以降 約252円2回目以降のコスパが40円程度しか変わらないのに比較してナノインパクト100には育毛サプリが付いていないのでコスパの良さは圧倒的にイクオスが高いと言えます。

 

イクオスの公式Webページを見る▲目次に戻るイクオスの方が成分数が多く成果的イクオスは全61種類の成分が配合されております。

 

その成分内訳には大きく、育毛有効成分、毛包活性成分、育毛影響+頭皮ケアの天然由来植物成分、細胞活性アミノ酸成分と目的別にわかれております。

 

これらのさまざまな成分を配合する事で、諸々な角度から育毛に必須な頭皮環境改善と育毛にアプローチする事が可能なのです。

 

特にミツイシコンブ由来エキス(M-034)はAGA治療薬として名高いなミノキシジルと同等の毛の一新率が、実験データから証明されており天然由来の成分なので副作用の気がかりがなく大変優れた成分となっております。

 

ナノインパクト100はリニューアル後に4種成分が付け足しされ、ナノインパクトシリーズ最多の43種類となっています。

 

これはイクオスの方がナノインパクト100よりも配合数は18種類も多々ある事となります。

 

育毛剤としては有効配合成分も61種類と育毛剤として名高いなあのチャップアップに引けをとらない優れモノです。

 

そして、配合成分が多々あるという事はそれだけ共通する有効成分も多くなっており、頭皮環境改善から血流改善、男性ホルモン抑制まで多種にわたる色々な育毛へのアプローチもできるになっております。

 

ただし、ただひとつの欠点をあげるなら強力な栄養成分が配合されておりません。

 

たしかに保湿作用は満喫しており、血流改善などパフォーマンスよく影響的に成分を行き来届かせる事に力を入れてはおりますが、イクオスのようにミノキシジルと同等の影響を見込み可能な、ミツイシコンブ由来エキス(M-034)のような有効成分がないため頭皮環境の改善は見込みできても発毛成果はイクオスと対比すると若干薄いと感じざるをえません。

 

イクオスとナノインパクト100の有効成分を対比すると、イクオスには頭皮の血行促進影響のあるセンブリエキス、頭皮環境改善成果のあるグリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCの3種類となっています。

 

ナノインパクト100の有効成分は、センブリ抽出液、血行促進成果のあるトコフェロール酢酸エステル、女ホルモン剤の一種で男性ホルモン抑制作用のある別名のエストロゲンのエチニルエストラジオールの3種類です。

 

両者ともに、バランスの良い有効成分の配合となっています。

 

2つの育毛剤の成分は配合種類がナノインパクト100のほうが11種類多々あるとはいえ、育毛に必須な成分(オウゴンエキス、センブリエキスなど)は、わりと共通しているのが上述の中身を見てれば把握して頂けるかと考えます。

 

これはさまざまな成分配合を行う事で頭皮環境改善、血流改善、男性ホルモン抑制など成分数や影響に若干の異なる点はありますが、どっちも色々な頭皮状況にもちゃんとと育毛アプローチする事が可能なという事です。

 

ではどこで優劣を決断するのか言いますと、両者は頭皮環境改善には双方に引けを取りませんが、ただひとつ相違があげるならば、育毛を行う上で発毛に望み可能なような強力な栄養成分がナノインパクト100には配合されていない事です。

 

それ故、ミノキシジルと同等の影響が見込み可能なミツイシコンブ由来エキス(M-034)が内蔵されたイクオスに個人的には軍配があがるかと考えます。

 

イクオスの公式Webページを見る▲目次に戻るナノインパクト100の方が定着力が高い成分解析もでたので、次は定着力の優劣について検証します。

 

育毛剤ではどんなに大切な成分が配合されていようとも、毛穴の奥まで定着していなければ、やはりの影響も充分に発揮出来ず、宝の持ち腐れになってしまいます。

 

両者のもち味を初めに解説させていただくと、イクオスは公式Webページに低分子ナノ水という技術が使用されているのと記載ありました。

 

直接毛包や毛乳頭に染み渡るさせる事をできるにしており毛根の奥まで有効成分を充分にと定着させる事で育毛成果を早く体感する事が可能なようです。

 

ではナノインパクト100は如何にかというと、こちらも定着力に関しては定評があります。

 

公式Webページなどを調査しましたが、ナノインパクト100の提供企業のホソカワミクロンの特殊技術PLGAナノカプセルという発毛促進成分を含有したナノ大きさの粒子がありますが、これは粒子大きさが160ナノメートル、粒子数が60兆個と、この時点でもかなりの優れモノなのですが、リニューアル後は、粒子大きさは140ナノメートルとしかも縮小し粒子数も60兆から100兆個への高濃度な配合に成功しています。

 

これらのパワーアップにより定着力が27%も大きく上乗せした事で、各種成分が毛穴の隅々にまで染み渡るする事をできるにしています。

 

以上の情報を踏まえると、2つの育毛剤は同じ低分子技術が使用されていても、ナノインパクト100のほうが、染み渡る力に反対により徹底的に、極める事を追求した研究を行っています。

 

イクオスも目下提供されている育毛剤の中では定着力が優れている部類に間違いなのですが両者を対比するとなれば、ナノインパクト100に軍配があがると思われます。

 

▲目次に戻るイクオスの方が償還サポート期間が長いイクオス                          ・アイテム注文後45日以内に前もって連絡必須(初回購買限定で1回限り) ナノインパクト100・アイテム到着後30日以内に前もって連絡不可欠(初回買い物限定で1回限り。

 

3本セットはシャンプーなどいくつかアイテムの取り合わせのため1部アイテムのみのキャンセルは不可)2つの相違ですが、イクオスは注文後から45日以内に反対にナノインパクト100はアイテム到着後から30日以内と若干前提が異なる点ます。

 

これだけ見るとイクオスのほうは注文してから保障期間がカウントされますが45日と期間が長いため注文後からでも1週間以内には届きますので、アイテム到着後から保障期間が開始されてもナノインパクト100よりも1週間以上ゆとりがある計算となります。

 

これだけで決断するのであれば、イクオスのほうが優れていると言えます。

 

どっちも整然と耳を揃えて償還保障システムがありますので個人的には同等の評価をさせて頂きます。

 

▲目次に戻るイクオスとナノインパクト100はどっちも副作用なしでは初めに頭皮への刺激について検証していきます。

 

イクオスは材質に譲歩しないており、防腐剤は入っておらず無添加、無彩色、無香料と確か面では徹底して譲歩しないている事が解説されています。

 

しかも、製造過程にも徹底した品質管理を実現させるため生産費用が安い外国で行うのではなく、俗に必要経費が高いと言われる国内工場での生産を実施し、衛生面での配慮も充分にされており確か性は大いに高いと思われます。

 

加えて、実体験から使用したときには、言うなら水をつけてるのではないか思うくらいに全部刺激はないのですでした。

 

ナノインパクト100も無香料、無色付けになっており人が準備ている活力をバックアップするため、自然由来の植物成分を使用する事で、健やかな毛髪へと導く事を目的として製作されています。

 

しかし、こちらはメントールが配合されているためイクオスと異なる点使用時はスーッとした爽快感があります。

 

2つとも育毛に不可欠な成分以外で、人体にあきらかな悪影響が心積もりられるものは使用されていないので、副作用に関しては実体験からも特に感じる事はないのですでした。

 

それ故、両者の育毛剤は副作用がない優れたものと断言できます。

 

とはいっても、使用時の刺激には差が出てきます。

 

ただし、刺激とはいってもスーッとした清涼感のある想いのよいものですので個人的にはメントールの刺激は気持ちよく、ナノインパクト100のほうが利用し心地は良かったのですが、敏感肌の方には刺激が強く感じる事があるかもしれません。

 

なので、このあたりの決断は本人の肌のステータスに組み合わせたりお好きなの問題になるかと考えます。

 

▲目次に戻るイクオスの育毛サプリの方が優れていたイクオスは育毛剤にサプリとセットで使用するのがメジャーですが、ナノインパクト100にはサプリを共に使用する事は想定されていないようです。

 

なので、採り上げるのの検証では対比する事は出来ませんがイクオスサプリの成分中身のみ解説していきたいと考えます。

 

イクオスサプリには30種類以上(パン酵母に内蔵されている成分も入れ)もの成分を濃縮配合されたのがイクオスサプリです。

 

これはイクオスを使ってヘアサイクルを改善したあとも、体の内側から必須な栄養素を補い、髪のランクアップを助ける事が不可欠になりますので育毛剤と並存する事で、外部と内面の双方から育毛をバックアップする事ができるとなります。

 

特にノコギリヤシエキスや亜鉛に関していえば、5αリダクターゼ抑制成果により抜け毛防止作用は絶大です。

 

これはAGA治療薬であるプロペシアと同等の作用が見込み可能なみたいですね。

 

イクオス単品でも、32種類もの成分配合なのにサプリも並存する事で大幅に育毛影響の底上げができるになるます。

 

なおサプリもイクオス同じく、製造は日本国内で衛生管理が徹底された工場で作られた国内産のサプリのため、安心面では気がかり無用となっております。

 

これが決まったコースか3本セットだとフリーで使用可能なとあればどれだけ安上がりかもうご習得して頂けたかと考えます。

 

▲目次に戻るイクオスとナノインパクト100はどっちも重宝する育毛剤は定期的継続して結果が出るまで長期間使用しなくてはいけません。

 

なので、できるだけ使いやすさのいい方が面倒くさくならずに続けやすいと考えます。

 

そんな訳で、2つの育毛剤は如何になのか、相違はあるか検証してみました。

 

育毛剤の形状には大きくわけて、スプレータイプ、ノズルタイプがあります。

 

この他にも、スポイトタイプなど珍しいものもありますがイクオス、ナノインパクト100はどっちもピンポイントノズルタイプとなっておりノズルところを直接頭皮に近づけ使用する手法です。

 

こちらは、M字ところや頭頂部の薄毛などに使用するときはピン見所で塗布する事ができるなためヘアーにも液がつきにくいといった良いところがあります。

 

けれども、一回の使用量のすり合わせが面倒にノズルから出しすぎて液垂れしてしまう事も多くみられますどっちも形状が同じのため、とくに優劣はないのですでした。

 

けれども、個人的にはノズルタイプは一回量のすり合わせが困難に感じるのでスプレータイプのほうが好きなのですが、ものすごく利用しづらいという事ではないのでこれは人によって自分の嗜好が分かれると考えます。

 

ポイントまでにご解説させていただきました。

 

イクオスの公式Webページを見るナノインパクト100の公式Webページを見る▲目次に戻る。

 

トップへ戻る