チャップアップvsナノインパクトプラス(ナノインパクト100)比較

チャップアップvsナノインパクトプラス(ナノインパクト100)比較

チャップアップとナノインパクト100(ナノインパクトプラス)の育毛剤と育毛サプリメントはどっちがいいのか対比した結果、以下のように成分数、育毛成果、プライスともにチャップアップの方が優れているという結果になりました。

 

・金額対比:サプリ付きでチャップアップの方が安上がり・成分と成果対比:チャップアップの勝利・定着力対比:ナノインパクト100の勝利・払戻しサポートの長さ対比:チャップアップの勝利・頭皮の刺激対比:引き分け・利用しやすさ対比:チャップアップの勝利今度の投稿で、若ハゲに苦慮している30歳男性が実際までに試した育毛剤を実体験をもとに、多彩な視点からチャップアップとナノインパクト100を対比し検証した結果をお伝えしていきますので、同じ苦しみを持つ方にポイントにして頂けば嬉しいです。

 

採り上げるのピックアップしたのはチャップアップとナノインパクトプラスです。

 

とはいっても、私が以前使用していた事例とは相違直近ではリニューアルされ、名前もナノインパクト100と移ろい、性能面でも定着力27%大きく上乗せ、4種成分付け足しのシリーズ最多43種配合などパワーアップしています。

 

なので、使用その頃の状況を依拠に対比しますが、パワーアップした性能も踏まえ解説していきたいと考えますので、以降の名称はナノインパクト100とさせて頂きます。

 

AGAに行かなくても必殺の一本チャップアップナノインパクト目次プライスで対比するとチャップアップの方がサプリ付きで安上がりナノインパクト100よりチャップアップの方が成分数も多く成果的だった定着力はチャップアップよりもナノインパクト100の方が高いナノインパクト100とチャップアップの償還バックアップ期間を対比チャップアップとナノインパクト100はどっちも頭皮への刺激と副作用はないチャップアップとナノインパクト100のサプリを対比ナノインパクト100よりもチャップアップの方が使い勝手のよい金額で対比するとチャップアップの方がサプリ付きでリーズナブルチャップアップとナノインパクト100のプライスで対比すると、金額自体はナノインパクト100の方が安いです。

 

ただ、ナノインパクト100とは差異育毛サプリ付きで低金額を実現したチャップアップの方がコスパがいいと言えるでしょう。

 

以下で詳しい金額を対比していきます。

 

チャップアップ買い物手段と費用の対比チャップアップ費用1か月でのプライス1日あたりの金額(容量120mlで1か月30日計算)育毛剤単品注文7400円+送料660円=8060円約268円サプリ単品注文5960円+送料660円=6620円約220円(サプリ120錠で定期的4錠服用計算)育毛剤+育毛サプリセット決まったショッピング9090円(56%off+送料フリー 原価20760円)約303円(サプリ120錠で定期的4錠服用計算)育毛剤2本セット決まった便12000円(送料フリー 原価29600円)約200円サプリ決まった便4980円+送料660円=5640円(原価5980円)約188円(サプリ120錠で定期的4錠服用計算)超即決まった便(育毛剤2本+サプリ)13840円(送料フリー 原価35560円)約230円(サプリ120錠で定期的2錠服用計算)チャップアップは買い物技術が単品から決まった便、2本整理てなど自分の経済状況にあわせて幅広く選択する事が出来ます。

 

ただし、何より注意やりたいのは決まった便の特典です。

 

これは単品注文だと毎度送料660円がかかりますが、決まった便はフリーで、その上5960円のサプリがついてくるのです。

 

加えて決まった便は1回から活用でき、常に中身改変や取り止めが可能なので、お試しで利用したい時でも、最安値から開始可能な良い面があります。

 

上述中身を見て頂くとわかりまりますが、単品注文で込々で8060円ですが、決まった便だと9090円でサプリ付き。

 

これって実質1030円でサプリが買えちゃう計算なんです。

 

正直かなりリーズナブルですよね。

 

1本あたりの使用期間容量が120mlで、一日一回30プッシュ頭皮全部に使用していくと約1か月で利用しきる事が出来ます。

 

一日あたりの金額に計算しても303円と安価に、中身と成果を一考するとかなり太っ腹と言えるでしょう。

 

▲目次に戻るナノインパクト100ショッピング手段と代金の対比ナノインパクト100金額30日での金額1日あたりの代金(容量60mlで30日使用計算)育毛剤単品注文7560円+送料540円=8100円約270円育毛剤決まった注文7560円(送料・手数料フリー・初回限定50%オフ3780円)初回約126円 2回目以降 約252円育毛集中3点セット(決まった便・シャンプー、コンディショナー付き)12960円(送料・手数料フリー、初回62.5%オフの4860円)初回約162円 (2回目以降 約342円 2回目以降20%オフの10260円)ナノインパクト100はチャップアップ同じく決まった便の送料はフリーで一回の使用からどんなときでも中身調整や取り止めが出来ます。

 

加えて、私が使っていたころは知らなかったのですが、育毛集中3点セットという、シャンプーとコンディショナーがついた調達メソッドもあるようです。

 

これは初回62.5%オフの4860円、2回目以降20%オフの10260円のプライスで使用可能なとあればかなりリーズナブルと言えるでしょう。

 

一日あたり決まった便ですと252円なのでチャップアップより安価にはなっています。

 

とはいっても、ナノインパクト100にはシャンプーとコンディショナーはあってもチャップアップのように内面から育毛をバックアップするサプリはないのです。

 

なので、育毛剤とサプリいずれもをお手っ取り早いに使用する事は出来ないのです。

 

さらに、育毛集中セットも一日あたりの費用はチャップアップより若干高い342円となります。

 

▲目次に戻る1本あたりの使用期間容量が60mlですので、量が若干少ないです。

 

私はM字を中心に使用してたので、そこまで問題なかったですが、育毛を広範囲に行う方では、想定してある1本の使用期間30日では足りない見込みがありますね。

 

検証結果はチャップアップの方が安上がりだった育毛剤は短期間で結果が出るものではないので必然的に継続使用が前提になります。

 

それ故、必然的に浪費が蓄積しでしまうのでプライスは可能なだけ安価に抑えたいものです。

 

それを考慮し二つの育毛剤を対比すると、代金的にはナノインパクト100のほうが最低費用は安価になります。

 

しかし、シャンプーはあってもサプリがない事を考慮しますと、個人的にはチャップアップのほうが優れているのではないかと感じます。

 

これは内面からか直接外部から頭皮ケアをアフターケアするかの異なる点ですので個人のお好きなに分かれると考えますが、どっちをとるかと言われると私的にはサプリのバックアップのほうが育毛の相乗影響は高いように思えます。

 

シャンプーも頭皮ケアには欠かせない価値があるなものなので決しておろそかには出来ないのですが、シャンプー自体には発毛成果はなく正直、サプリのほうが個別で買い物するとそんなにが高くついてしまうのも訳の一つです。

 

(育毛シャンプーの時価は3000?5000円、サプリは5000?10000円と大きな差があります)なので個人的にはサプリが実質1030円で使用する事が出来、育毛剤と組み合わせても1日あたり303円で使用可能なチャップアップのほうに軍配があがると考えます。

 

チャップアップの公式Webページを見るナノインパクト100の公式Webページを見る▲目次に戻るナノインパクト100よりチャップアップの方が成分数も多く成果的だったチャップアップとナノインパクト100の成分数と育毛影響を対比すると、以下の二つの要因でチャップアップの方が成果的だという事がわかりました。

 

・チャップアップの方が配合成分数が多々ある・配合成分数が多々あるためそれだけ様々な育毛成果を与える事が可能な以下で成分と成果を徹底対比し詳細に紹介していきます。

 

チャップアップ成分一覧チャップアップは全44種類の成分が配合されております。

 

その成分内訳には大きく、育毛有効成分、皮脂過剰分泌抑制成分、硬化改善成分、頭皮環境改善成分、5αリダクターゼ抑制成分、血流改善成分、アミノ酸成分と目的別にわかれております。

 

これらの多面的な成分を配合する事で、色々な角度から育毛に必須な頭皮環境改善にアプローチする事が可能なのです。

 

特に血行促進成分や抗炎症作用がある成分が多々あるため抜け毛を減らしたい以外に、頭皮の軽い皮膚トラブルも併せて決着やりたい方にお勧めと思われます。

 

ただ、あまりにも酷い炎症がある事例には育毛剤に頼るではなく病院に受診してくださいね。

 

注意成分ミツイシコンブ由来エキス(M-034)  :「M-034」とはコンブ、ワカメ(1部位であるメカブを含む)、モズクなど褐藻類の粘質物に多く内蔵される成分で、これらの褐藻エキスから抽出した成分との事です。

 

この成分には大きく4つの影響が望み可能なようで・毛髪の支持作用と毛自体を向上させる働きを持つ「外毛根鞘」の増殖を促進・ランクアップ維持因子グロスファクターの生成。

 

血管新生を促進し育毛をもたらす血管内皮増殖因子(VEGF)。毛の退行をブレーキする退行期誘導因子(FGF5S)の抑制因子を生成・細胞を活性化させ、育毛に不可欠な栄養を頭皮に行き届かせる・ヒアルロン酸と同等の高い保湿力を有し、痛さがちな頭皮を優しく潤すこれら4つの影響は育毛には欠かせない大切な働きであり、ミノキシジルに匹敵する成果として注意されている育毛成分です。

 

育毛有効成分3種類・センブリエキス:細胞分裂を促進する成果が見込みされております。

 

ヘアーを作っている毛母細胞の働きを活性化すれば、それに比例してヘアーの生産活動も増える事になるためです。

 

加えてセンブリエキスには保湿作用もあり髪のランクアップには欠かせないものなのです。

 

・グリチルリチン酸:頭皮のトラブルの一つに、皮脂の過剰分泌で皮脂が詰まり酸化すると毛穴に炎症が起きる事があります。

 

育毛促進のためにはこのトラブルを防ぐ必須がありますがグリチルリチン酸にはこれを防止する成果があります。

 

・ジフェンヒドラミンHC:血行促進や抗炎症影響など効能がある成分です。

 

湿疹、蕁麻疹、皮膚の炎症、痒みを食い止める影響があり育毛や頭皮環境を整えるためにも必須な成分であります。

 

≪皮脂過剰分泌抑制を目的とした成分2種類≫・ダイズエキス    :ニキビ阻止、保湿、抗炎症作用、肌荒れ防止、日焼け防止、皮脂分泌改善、細胞活性化、美白、・ドクダミエキス   ;ニキビ防止、保湿、抗炎症作用、肌荒れ防止、収れん作用、抗菌作用、解毒硬化改善目的の成分3種類・ウメ果実エキス   :血行促進作用、抗糖化作用・チンピエキス    :血行促進作用、抗糖化作用、抗炎症作用、・マロニエエキス   :血行促進作用、抗糖化作用、抗酸化作用、抗菌作用、▲目次に戻る頭皮環境改善を目的とした成分10種類・アルニカエキス       :保湿作用・収れん作用、肌荒れ・ニキビなど、肌のトラブルを防ぐ・オランダカラシエキス    :血行促進作用・マツエキス         :血行促進作用、抗炎症作用、保湿作用、皮膚補修作用・薔薇マリーエキス     :血行促進作用、抗炎症作用、収れん作用、抗菌作用、抗酸化作用、・ゴボウエキス        :血行促進作用、保湿作用、発汗作用・サクラ葉抽出液       :抗炎症作用、 保湿作用、美白作用、肌荒防止作用・セイヨウキズタエキス    :抗炎症作用、抗菌作用、抗酸化作用、脂肪分解促進などの成果・ローマカミツレエキス    :抗炎症作用、抗菌作用、皮膚代謝促進作用、・オドリコソウエキス     :抗炎症作用、収れん作用、浄血作用・ニンニクエキス       :抗菌作用、抗酸化作用5αリダクターゼの抑制を目的とした4種の成分・オウゴンエキス :抗炎症作用、抗菌作用、保湿作用、抗アレルギー作用、収れん作用、抗酸化作用、男性ホルモン抑制・チョウジエキス :抗炎症作用、抗菌作用、血行促進作用、防腐作用・ビワ葉エキス  :抗炎症作用、収れん作用・ヒオウギ抽出液 :保湿作用、5αリダクターゼの生成を抑制血流改善を目的とした成分12種類・センブリエキス      (育毛有効成分に記載)・オウゴンエキス      (5αリダクターゼ抑制に記載)・海藻エキス(M-034)   (注意成分に記載)・ジオウエキス       :保湿作用、代謝活性化作用・ヒキオコシエキス     :血行促進作用、収れん作用、保湿作用、発毛促進作用、抗菌作用、・トウキエキス       :血行促進作用、抗炎症作用、保湿作用、末梢血管拡張作用・ニンジンエキス      :血行促進作用、抗炎症作用、抗酸化作用・シナノキエキス      :血行促進作用、抗炎症作用、抗酸化作用、保湿作用、収れん作用、・ショウキョウエキス    :血行促進作用、抗炎症作用、・センキョウエキス     :血行促進作用、抗炎症作用、・ボタンエキス       :血行促進作用、抗炎症作用・D-パントテニルアルコール :代謝促進作用、かゆみ防止作用、白髪阻止、肌荒防止、育毛作用▲目次に戻るアミノ酸13種類・DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液  :アミノ酸類、保湿作用、かゆみ防止、皮膚柔軟化、肌荒れ防止・L-アスパラギン酸           :アミノ酸類、保湿作用、肌の新陳代謝促進、疲労回復、アンモニアを体外へ排出作用・L-アラニン              :アミノ酸類、保湿作用、キューティクルの引き締め・L-フェニルアラニン          :アミノ酸類、保湿作用・L-エキスパートリン              :アミノ酸類、保湿作用、コラーゲン合成・L-スレオニン             :アミノ酸類、保湿作用、美肌作用・L-セリン               :アミノ酸類、保湿作用、皮膚柔軟化・L-アルギニン             :アミノ酸類、血行促進作用、細胞分裂活性・L-イソロシン             :アミノ酸類、血行促進作用・L-ピロリドンカルボン酸:アミノ酸類、血行促進作用・L-バリン               :アミノ酸類、セロトニン抑制・L-ヒスチジン             :アミノ酸類、毛髪発展促進・グリシン               :アミノ酸類、美肌作用▲目次に戻るナノインパクト100成分一覧ナノインパクト100はリニューアル後に4種成分が付け足しされナノインパクトシリーズ最多の43種類となっています。

 

これはチャップアップと対比してもほぼ同程度の配合数となり負けてはおりません。

 

育毛剤としては有効配合成分も43種類とチャップアップに引けをとらない優れモノです。

 

これはナノインパクトシリーズ最多の配合種類となりリニューアルは伊達じゃないと言ったところでしょう。

 

そして、配合成分が多々あるという事はそれだけ共通する有効成分も多くなっており、頭皮環境改善から血流改善、男性ホルモン抑制まで多種にわたる色々な育毛へのアプローチもできるになっております。

 

けれども、ただひとつの欠点をあげるなら強力な栄養成分が配合されておりません。

 

たしかに保湿作用は満喫しており、血流改善などパフォーマンスよく成果的に成分を行き来届かせる事に力を入れてはおりますが、チャップアップのようにミノキシジルと同等の影響を見込み可能なミツイシコンブ由来エキス(M-034)のような有効成分がないため、頭皮環境の改善は見込みできても発毛影響はチャップアップと対比するとある程度薄いと感じざるおえません。

 

≪育毛有効成分3種類≫・センブリ抽出液:(チャップアップ有効成分3種類に記載)・トコフェロール酢酸エステル:血行促進作用、抗酸化作用・エチニルエストラジオール:女子ホルモン剤の一種。

 

男性ホルモン抑制作用。

 

別名のエストロゲン≪新規付け足し成分≫・アシタバエキス:保湿作用、血行促進作用・ツバキエキス:血流改善作用、保湿作用・ビルベリー葉エキス:抗炎症作用、抗酸化作用・セイヨウオオバコ種子エキス:保湿作用、抗酸化作用、整肌作用、育毛作用≪PLGA包含成分≫・トコフェロール酢酸エステル:有効成分3種類に記載・クララエキス?1:血行促進作用、男性ホルモン抑制・N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン:保湿作用・β-グリチルレチン酸:男性ホルモン抑制・ステビアエキス:保湿作用、抗酸化作用・コメヌカスフィンゴ糖脂質:保湿作用・キナエキス:保湿作用、収れん作用、・ヒノキチオール:抗菌作用≪他に成分29種類≫・チョウジエキス:(チャップアップ5αリダクターゼ抑制に記載)・オウゴンエキス:(チャップアップ5αリダクターゼ抑制に記載)・ビワ葉エキス:(チャップアップ5αリダクターゼ抑制に記載)・ヒオウギ抽出液:(チャップアップ5αリダクターゼ抑制に記載)・サクラ葉抽出液:(チャップアップ頭皮環境改善を目的とした成分10種類に記載)・アルニカエキス:(チャップアップ頭皮環境改善を目的とした成分10種類に記載)・オドリコソウエキス:(チャップアップ頭皮環境改善を目的とした成分10種類に記載)・オランダカラシエキス:(チャップアップ頭皮環境改善を目的とした成分10種類に記載)・ゴボウエキス:(チャップアップ頭皮環境改善を目的とした成分10種類に記載)・セイヨウキズタエキス:(チャップアップ頭皮環境改善を目的とした成分10種類に記載)・ニンニクエキス:(チャップアップ頭皮環境改善を目的とした成分10種類に記載)・マツエキス:(チャップアップ頭皮環境改善を目的とした成分10種類に記載)・薔薇マリーエキス:(チャップアップ頭皮環境改善を目的とした成分10種類に記載)・ローマカミツレエキス:(チャップアップ頭皮環境改善を目的とした成分10種類に記載)・シナノキエキス:(チャップアップ血流改善を目的とした成分12種類に記載)・ニンジンエキス:(チャップアップ血流改善を目的とした成分12種類に記載)・ボタンエキス:(チャップアップ血流改善を目的とした成分12種類に記載)・ヒキオコシエキス?1:(チャップアップ血流改善を目的とした成分12種類に記載)・ジオウエキス:(チャップアップ血流改善を目的とした成分12種類に記載)・チンピエキス:(チャップアップ硬化改善目的の成分3種類の記載)・ダイズエキス:(チャップアップ皮脂過剰分泌抑制を目的とした成分2種類に記載)・酵母エキス?1:頭皮細胞修復作用、保湿作用、血行促進作用、発毛促進作用、脱毛抑止作用・メンチルグリセリルエーテル:冷感作用・真冬虫夏場草エキス:消炎作用、男性ホルモン抑制作用・メントール:血行促進作用、抗菌作用・アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム:保湿作用、整肌作用、乾かす防止作用・トレハロース:保湿作用、細胞活性作用、紫外線防止作用・乳酸、グリコール酸共重合体:有効成分ナノ化・テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル:美肌作用、老化防止作用▲目次に戻る検証結果はチャップアップの方が成果が優れていた2つの育毛剤の成分は配合種類がナノインパクト100のほうが1種類少ないとはいえ育毛に大切な成分は、かなり共通しているのが上述の中身を見てれば把握して頂けるかと考えます。

 

ここまで多面的な成分配合を行っているのはチャップアップとナノインパクト100以外はあまり見かけません。

 

(薬用プランテルを例にすれば有効配合成分は10種類)ですので、頭皮環境改善、血流改善、男性ホルモン抑制などに関しては成分数や成果に若干の差異はありますが、どっちも色々な頭皮状況にも影響的に育毛アプローチができるになっています。

 

けれども、育毛を行う上で発毛に見込み可能なような強力な栄養成分がナノインパクト100には配合されていないため、その点も加味するとミツイシコンブ由来エキス(M-034)が内蔵されているチャップアップに軍配があがるかと考えます。

 

チャップアップの公式Webページを見るナノインパクト100の公式Webページを見る▲目次に戻る定着力はチャップアップよりもナノインパクト100の方が高い成分解析もでたので、次は定着力の優劣について検証します。

 

育毛剤ではどんなに必須な成分が配合されていようとも、毛穴の奥まで定着していなければやはりの影響も宝の持ち腐れです。

 

チャップアップは低分子技術が使用されており、頭皮の奥まで染み渡るさせる事が出来ます。

 

この技術があるからこそ、多種の成分成果を最大限に引き出す事が可能なと言えるでしょう。

 

ではナノインパクト100は如何にかというと、こちらも定着力に関しては定評があります。

 

公式Webページなどを調査しましたが、ナノインパクトプラスのケースでPLGAナノカプセルという発毛促進成分を包含したナノ大きさの粒子がありますが、これは粒子大きさが160ナノメートル、粒子数が60兆個とこの時点でもかなりの優れモノです。

 

ですが、リニューアル後は、粒子大きさは140ナノメートルと加えて縮小し粒子数も60兆から100兆個への高濃度な配合に成功しています。

 

これらのパワーアップにより染み渡る力が27%も膨れ上がるした事で各種成分が毛穴の隅々にまで染み渡るする事をできるにしています。

 

以上の情報を踏まえると、2つの育毛剤は同じ低分子技術が使用されていてもナノインパクト100のほうが、染み渡る力に反対に徹底的に極める事を追求した研究を行っています。

 

チャップアップも他の育毛剤より定着力に気を使っており素晴らしい代物である事は間違いなのですが、採り上げるのは対比するとなればナノインパクト100に軍配があがると思われます。

 

チャップアップの公式Webページを見るナノインパクト100の公式Webページを見る▲目次に戻るナノインパクト100よりもチャップアップの方が払戻しバックアップ期間が長いチャップアップ                           ・アイテム注文後30日以内に前もって連絡不可欠(初回購買限定で1回限り) ・決まったコースは永久サポートナノインパクト100・アイテム到着後30日以内に前もって連絡不可欠(初回買い物限定で1回限り。

 

3本セットはシャンプーなどいくつかアイテムの取り合わせのため1部アイテムのみのキャンセルは不可)2つの差異ですが、チャップアップは注文後から30日以内にそれに対しナノインパクト100はアイテム到着後から30日以内と若干要件が相違ます。

 

ただ、ナノインパクト100とチャップアップのどっちも償還保障使用のときはアイテムの局所、または納品明細書が欠損しているケースは償還扱ってが出来ないので、保管には用心が必須です。

 

このように些細な異なる点がありますが、永久サポートを採用しているチャップアップの方が優れたシステムだという事ができます。

 

チャップアップの公式Webページを見るナノインパクト100の公式Webページを見る▲目次に戻るチャップアップとナノインパクト100はどっちも頭皮への刺激と副作用はないでは最初に頭皮への刺激について検証していきます。

 

チャップアップには香料、ペインティング料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤、シリコン、合成ポリマータール系色素、動物性原料、酸化防止剤が全部内蔵されていないので、副作用など悩ましいはほぼないのです。

 

なので、使用時に関してもまったく刺激はなく水をつけていると言われても曖昧であるほどです。

 

ナノインパクト100も無香料、無塗装になっており人が準備ている活力をバックアップするため自然由来の植物成分を使用する事で、健やかな毛髪へと導く事を目的として製作されています。

 

しかし、こちらはメントールが配合されているためチャップアップと相違使用時はスーッとした爽快感があります。

 

2つとも育毛に必須な成分以外で、人体にあきらかな悪影響が考慮しられるものは使用されていないので、副作用に関しては実体験からも特に感じる事はないのですでした。

 

このように両者は副作用はなくとも、使用時の刺激に差が出てきます。

 

ただ、刺激とはいってもスーッとした清涼感のある心の内のよいものですので個人的にはメントールの刺激は気持ちよく癖になりますが敏感肌の方には刺激が強く感じる事があるかもしれません。

 

なので、このあたりの決断は自分の肌の状況に組み合わせたり自分の嗜好の問題になるかと考えます。

 

チャップアップの公式Webページを見るナノインパクト100の公式Webページを見る▲目次に戻るチャップアップとナノインパクト100のサプリを対比チャップアップは育毛剤にサプリとセットで使用するのがメジャーですが、ナノインパクト100にはサプリを共に使用する事は想定されていないようです。

 

なので、採り上げるのの検証では対比する事は出来ませんがチャップアップサプリの成分中身のみ解説していきたいと考えます。

 

チャップアップサプリプライスはもうふれましたので、成分について解説していきたいと考えます。

 

・ノコギリヤシエキス:抗酸化作用、抗炎症作用、5αリダクターゼ抑制・食用酵母          :亜鉛で皮膚やヘアーの生成を高める・フィーバーフュー乾かすエキス :血行促進作用・L-シトルリン        :血管拡張作用・キダチアロエ        :5αリダクターゼ抑制・ローズマリー:血行促進作用、抗炎症作用、収れん作用、抗菌作用、抗酸化作用、・シャンピニオンエキス末:抗酸化作用、、抗アレルギー作用・マカ末           :血管拡張作用、血行促進作用・チオクト酸         :抗酸化作用・ケイヒ           :毛細血管の老化防止・オート麦地上方エキス    :湿疹、かぶれ防止・セルロース         :整腸作用、保湿作用・ステアリン酸カルシウム   :抗菌作用、保湿作用、・チャ抽出物         :抗酸化作用・ヒアルロン酸        :保湿作用、末梢血流改善・L-ヒスチジン        :毛髪レベルアップ促進・L-エキスパートリン:アミノ酸類、保湿作用、コラーゲン合成・L-フェニルアラニン:アミノ酸類、保湿作用・微粒酸化ケイ素       :品質保持剤・ビタミンC          :皮膚コンディションを整える・ナイアシン:血行促進作用、解毒作用・ビタミンE          :血管清浄作用、過酸化脂質抑制、血管維持作用・パントテン酸Ca       :毛乳頭や毛母細胞の活性化・ビタミンB2:皮脂量のすり合わせ・ビタミンB1         :免疫力向上・ビタミンB6         :タンパク質吸収促進作用・ビタミンA          :皮膚コンディションを整える、頭皮と毛穴の清潔補助・葉酸            :造血作用、白髪防止作用・ビタミンD          :毛包及び毛幹を形成する細胞刺激、抜け毛防止・ビタミンB12         :造血作用、精神安定作用これら30種類もの成分が配合されたサプリであり育毛剤と並存する事で、外部と内面の双方から育毛をバックアップする事ができるとなります。

 

特にノコギリヤシエキスに関していえば、5αリダクターゼ抑制影響により抜け毛防止作用は絶大です。

 

これはAGA治療薬であるプロペシアと同等の作用が見込み可能なみちですね。

 

チャップアップ単品でも、44種類もの成分配合なのにサプリも並存する事で大幅に育毛成果の底上げができるになるます。

 

これが実質1030円で使用可能なとあればどれだけ安上がりかもうご習得して頂けたかと考えます。

 

チャップアップの公式Webページを見るナノインパクト100の公式Webページを見る▲目次に戻るナノインパクト100よりもチャップアップの方が機能面に優れた育毛剤は定期的継続して結果が出るまで長期間使用しなくてはいけません。

 

なので、できるだけユーザビリティーのいい方が面倒くさくならずに続けやすいと考えます。

 

そんな訳で、2つの育毛剤は如何になのか、異なる点はあるか検証してみました。

 

チャップアップはスプレータイプの形状となっています。

 

実のところに使ってみると、プッシュしたときに霧吹き状ではなく勢いよく噴射口から液体が飛び出すタイプです。

 

印象としては水鉄砲を想像するとわかりやすいかと考えます。

 

その上、スプレータイプは広範囲の頭皮に使用するときには応用しやすく、その上使用量のすり合わせが容易であるのがポイントです。

 

しかし、ヘアーにもスプレーがつきやすいので毛量がまだちゃんととある方ですとちょっと引っかかるかもしれません。

 

反対にナノインパクト100のほうは、ピンポ

トップへ戻る