イクオスとブブカ(bubka)を比較した結果イクオスがおすすめ

イクオスとブブカ(bubka)を比較した結果イクオスがおすすめ

若ハゲに頭を抱える30歳男性が、流行の育毛剤イクオス(iqos)と濃密育毛剤ブブカ(bubka)を成果の異なる点や、金額はどっちが安上がりなのか等、多彩な視点から徹底対比しました。

 

イクオスとブブカを対比した結果、イクオスの方が推奨可能なという事がわかりました。

 

この文章では、イクオスとブブカを対比した以下の相違がわかります。

 

・プライス:イクオスの勝利・成分:イクオスの勝利・染み渡る力:引き分け・払戻しサポート:イクオスの勝利・副作用:引き分け・育毛サプリ:引き分け・使用感:イクオスの勝利イクオスとブブカのどっちが推奨なのか悩んでいる人の育毛剤選択しのポイントにして頂ければ嬉しいです。

 

イクオスの公式Webページを見るブブカの公式Webページを見る目次イクオスの方が値段が安価にて安上がり育毛剤イクオスとブブカの値段対比検証結果イクオスの方が成分数が多々あるイクオスとブブカの育毛成分対比結果イクオスとブブカの頭皮への定着力は互角イクオスとブブカの償還サポート期間の異なる点を対比イクオスとブブカの頭皮への刺激と副作用の相違はどっちもなしイクオスとブブカの育毛サプリの対比結果は互角イクオスの方が使用感が良いイクオスの方が値段が安価にて安上がりイクオスとブブカの購買プライスで対比すると、イクオスの方がリーズナブルだという事がわかりました。

 

イクオスの値段単品ショッピング:10880円+送料630円=11510円(1日当たり約384円)サプリ付き決まった買い物:8980円(送料フリー)1日当たり約299円(サプリ30錠で定期的1錠服用計算)ブブカの代金単品ショッピング:12960円(1日当たり約412円)サプリ付き決まった購買:11664円(送料料フリー・初回ショッピング時のみ5980円+育毛シャンプーつき)初回約200円(サプリ186錠で定期的6錠、1か月服用計算) 2回目以降 約389円以下でイクオスとブブカの単品ショッピングの費用や、決まったコースの費用を詳細に対比していきます。

 

イクオスの購買手段と代金の対比イクオスは調達技術が育毛剤単体、決まった購買、3本セットの3種類です。

 

イクオスは、おこずかい制の方には決まった便、ボーナスなどまとまったお金が入った事例などは、整理て3本セットなど自分の経済状況にあわせて幅広く選りすぐる事が可能なようになっています。

 

ただし、何より注意やりたいのはイクオスの決まったコースに付いてくる特典です。

 

イクオスの単品注文だと毎度送料630円がかかりますが、決まったコースだと送料がフリーで、なお育毛サプリメントが月次ついてくるのです。

 

イクオス決まったコースは1回のみでの活用もできるなので、どんなときでもお発送の周期改変やキャンセルが可能なので、お試しでイクオスを使ってみたいという事例でも、最安値の決まったコースから買い物可能な良い面があります。

 

イクオス決まったコースの特典やサービスは、育毛剤を使ってみたいけど、値段が高いと感じ実際まで調達に踏みきれなかった方には大変ありがたいルールとなっています。

 

ところでイクオスの3本セットも送料フリーで、育毛サプリメントも付いてくるようになっていますが、1日あたりのプライスでいえばイクオス3本セットよりも決まったコースを購買したほうが安上がりとなっています。

 

それにより、ブブカとイクオスで最もリーズナブルなコースでショッピングやりたい人は、イクオスの育毛サプリ付きの決まったコースという事になります。

 

▲目次に戻る育毛剤イクオスの1本あたりの使用期間イクオス1本の中身量が120mlで、一日2回頭皮概要に使用していくと約1か月で利用しきる事が出来ます。

 

一日あたりの代金に計算しても299円と安価に、イクオスの中身と育毛影響を思いめぐらす とかなり太っ腹の費用と言えるでしょう。

 

ブブカの買い物手段と費用の対比ブブカは送料がアイテム合計5000円以上でフリーになりますので、ほぼすべての調達手段で送料が必要になる事はないのです。

 

その上ブブカの決まったコースに関してはお発送の日付などの中身調整や、キャンセルがアイテムお発送10日前までであれば常に出来ます。

 

またブブカ決まったコースだとかならず、育毛サプリもセットになるため、ブブカの単品注文よりも決まった調達金額の方がリーズナブルとなっています。

 

更に現在なら期間限定で初回買い物特典としてブブカ育毛シャンプーもセットのオマケつきです。

 

ただ、諸々調査していてわかったのですが、ブブカは他の育毛剤と相違、まとめ買いの上限がすごい事になっています。

 

その数、驚いたことに最大限100本!ブブカ100本分の値段も約100万円と育毛剤の購買費用としては桁違いですね…。

 

正直、育毛剤をここまでの個数で一括買い物する方はいない気がするのですが、これはブブカのメーカーが育毛剤にそれに対しの自信の表れと捉えていいのかもしれませんね。

 

▲目次に戻るブブカ1本あたりの使用期間ブブカの1本当たりの容量が120mlですので、量も使用テクニックもイクオスと同じです。

 

ブブカの育毛サプリと並存する事を考慮するとブブカの決まったコースが最上安上がりとなっており、使用量から計算して一日あたりの代金は389円ですが、1日の使用値段が299円のイクオスよりは若干高めの値段になります。

 

▲目次に戻る育毛剤イクオスとブブカの値段対比検証結果育毛剤は短期間で結果が出るものではないので必然的に継続使用が前提になります。

 

それにより、必然的に支出が累積しでしまうので育毛剤の金額は可能なだけ安価に抑えたいものです。

 

それを考慮しイクオスとブブカの2つの育毛剤の費用を対比すると、両者とも初回購買時はいつもの値段の半額で調達する事が可能なので、一度お試しで調達やりたい方には手頃な費用で着手する事ができるなため、買い物者の経済面を考慮したイクオスとブブカの取り組みはかなりの高評価です。

 

それを踏まえて、代金的にはイクオスのほうが最低費用は安価になります。

 

ブブカは必然的に、調達代金が初回を除き2回目からは普通金額となり1万円以上になってしまうため、必然的に高く感じてしまいます。

 

イクオスとブブカのどっちも育毛サプリが付属している事を思案すると、決まったコースの1日あたりの値段が299円と安いイクオス(1か月の決まったコースは8980円)に軍配があがります。

 

イクオスの公式Webページを見るブブカの公式Webページを見る▲目次に戻るイクオスの方が成分数が多々あるイクオスとブブカの成分数を対比すると、以下のような結果となりイクオスの方が多々ある結果となりました。

 

・イクオス全61種類・ブブカ全46種類単純に、配合されている育毛成分が多々ある方が、それだけ諸々な薄毛のきっかけにアプローチ可能なため、薄毛への成果に優れていると言えます。

 

イクオスとブブカはどっちも元は天真堂が製造していた育毛剤ですが、実際ではイクオスもブブカも独自のリニューアルを遂げパーフェクトに異なる育毛剤へとレベルアップしました。

 

そんな訳で、イクオスとブブカの各々の成分はどっちが優れているかを以下で克明に対比していきます。

 

イクオスの育毛成分一覧イクオスはブブカよりも多々ある全61種類の育毛成分が配合されています。

 

イクオスの育毛成分の内訳には大きく、以下の目的別に分かれています。

 

・育毛有効成分・毛包活性成分・育毛影響+頭皮ケアの天然由来植物成分・細胞活性アミノ酸成分これらのさまざまな育毛成分をイクオスに配合する事で、諸々な角度から育毛に必須な頭皮環境改善と育毛にアプローチする事が可能なのです。

 

特にイクオスに内蔵されている天然成分ミツイシコンブ由来エキス(海藻エキスM-034)は、AGA治療薬として著名なミノキシジルと同等の毛の復活率が実験データから証明されており、M-034は天然由来の成分なので副作用の懸念事項がなく大変優れた育毛成分となっております。

 

▲目次に戻るイクオスの注意育毛成分イクオスの目玉となる独自成分には、ミツイシコンブ由来エキス(M-034)とペルベチアカナリクラタエキスをマッチした新成分アルガス-2が配合されています。

 

ミツイシコンブ由来エキス(M-034)とはコンブ、ワカメ(1部位であるメカブを含む)、モズクなど褐藻類の粘質物に多く内蔵される成分で、これらの褐藻エキスから抽出した育毛成分です。

 

M-034の成分には大きく4つの育毛成果が望み出来きます。

 

・毛髪の支持作用と毛自体を向上させる働きを持つ「外毛根鞘」の増殖を促進・伸びる維持因子グロスファクターの生成。

 

血管新生を促進し育毛をもたらす血管内皮増殖因子(VEGF)。毛の退行をブレーキする退行期誘導因子(FGF5S)の抑制因子を生成・毛母細胞を活性化させ、育毛に必須な栄養を頭皮に行き届かせる・ヒアルロン酸と同等の高い保湿力を有し、苦しみがちな頭皮を優しく潤すこれらM-034の4つの育毛成果は育毛には欠かせない肝心な働きであり、ミノキシジルに匹敵する育毛パワーとして注意されている成分です。

 

対比結果だけ見過ごせない人は、イクオスとブブカの育毛成分対比結果を読んでみてください。

 

▲目次に戻るイクオスの育毛有効成分3種類イクオスには厚生労働省によって育毛成果を認められている3つの有効成分が配合されています。

 

センブリエキスセンブリエキスには毛母細胞の細胞分裂を促進する育毛成果が望みされています。

 

ヘアーを作っている毛母細胞の働きを活性化すれば、それに比例してヘアーの生産活動も増える事になるためです。

 

しかもセンブリエキスには頭皮の保湿作用もあり髪のレベルアップには欠かせない育毛成分なのです。

 

グリチルリチン酸頭皮のトラブルの一つに、頭皮の皮脂の過剰分泌で毛穴が皮脂で詰まり酸化すると毛穴や頭皮に炎症が起きる事があります。

 

育毛促進のためにはこの頭皮トラブルを防ぐ不可欠がありますがグリチルリチン酸にはこれを防止する育毛影響があります。

 

ジフェンヒドラミンHCIジフェンヒドラミンHCIには頭皮の血行促進や抗炎症影響などの効能がある育毛成分です。

 

頭皮の湿疹、蕁麻疹、皮膚の炎症、痒みを食い止める成果があり育毛や頭皮環境を整えるためにも必須な育毛成分です。

 

対比結果だけ気に掛かる人は、イクオスとブブカの育毛成分対比結果を読んでみてください。

 

▲目次に戻るイクオスの男性ホルモン抑制影響イクオスには男性ホルモンを抑制させる成果のある成分としてオウゴンエキス、ヒオウギ抽出液が配合されています。

 

イクオスの頭皮環境改善影響イクオスには頭皮環境を改善させるための成分として、ビワ葉エキス、アルニカエキス、サクラ葉抽出液、セイヨウキズタエキス、ローマカミツレエキス、オドリコソウエキス、ニンニクエキスが配合されています。

 

イクオスの頭皮の血行促進影響イクオスには頭皮の血行促進成分として、ヒキオコシエキス、ニンジンエキス、シナノキエキス、ボタンエキス、クロレラエキス、オランダカラシエキス、マツエキス、薔薇マリーエキス、ゴボウエキスが配合されています。

 

イクオスの細胞活性成果のあるアミノ酸成分イクオスには毛母細胞を活性化させるアミノ酸成分が、アラニン、エキスパートリン、トレオニン、セリン、アルギニン、グリシン、PCA-Na、ベタイン、リジン、グルタミン酸が配合されています。

 

イクオスのそれ以外の成分イクオスには防腐剤等の目的で、D-パントテニルアルコール、フェノキシエタノール、POE硬化ヒマシ油、ラウリルジメチルアミンオキシド液、無水エタノール、BG、トリメチルグリシン/ソルビトール液、濃グリセリンが配合されています。

 

イクオスに配合されている全成分とその影響は以下のページで詳細に紹介しているのでポイントにしてみてください。

 

イクオスの成分対比結果だけ見過ごせない人は、イクオスとブブカの育毛成分対比結果を読んでみてください。

 

▲目次に戻るブブカの育毛成分一覧ブブカは計46種類もの育毛に影響的といわれる有効成分が配合されております。

 

イクオスの配合成分数が61種類なのにそれに対し、ブブカは46種類なのでイクオスよりも配合数が少ない事になります。

 

とはいっても、以下のブブカの「コラーゲン配合などの頭皮弾力急上昇にアプローチする4種類の成分」以外は、おおかたイクオスと育毛成分が共通しています。

 

▲目次に戻るブブカの頭皮弾力急上昇にアプローチする4種類成分ブブカには頭皮環境の改善につながり育毛剤の定着力急上昇の成果も狙える頭皮弾力を大きく上乗せさせるための成分が、シャクヤエキス、ダイズエキス、マロニエキス、アシタバエキスの4つ配合されています。

 

ブブカの全成分とその影響については、以下のページで突き詰めて紹介してあるのでポイントにしてください。

 

ブブカの成分と成果▲目次に戻るイクオスとブブカの育毛成分対比結果イクオスとブブカ2つの育毛剤の育毛成分は配合成分の種類がイクオスのほうが多々あるため、育毛成分数だけでみればイクオスの方がブブカよりも優れていると言えます。

 

けれども、イクオスとブブカには、育毛に必須な成分(オウゴンエキス、センブリエキス、Mー034など)はほぼ共通しているのが上述の中身を見てれば認識して頂けるかと考えます。

 

これはさまざまな育毛成分配合を行う事で、頭皮環境改善による育毛環境を整える影響、血流改善、男性ホルモン抑制などに成果的であり、イクオスとブブカの成分数に若干の異なる点はありますが、どっちも色々な頭皮状況にもちゃんとと育毛アプローチする事が可能なという事です。

 

しかも、どっちにもミノキシジルに匹敵する成果と言われているMー034を配合している事から、ブブカの方が配合濃度が高いとはいえ育毛剤としては同じコンセプトで作られている事がわかります。

 

以上の事からイクオスとブブカ両者は若干の異なる点はありますが、同じ汎用育毛剤タイプであるため正直優劣はつけがたいです。

 

ただ育毛成分数だけで決断するのであれば、イクオスのほうに軍配があがるでしょう。

 

イクオスの公式Webページを見るブブカの公式Webページを見る▲目次に戻るイクオスとブブカの頭皮への定着力は互角育毛剤イクオスとブブカの頭皮への染み渡る力ついて対比検証した結果、どっちも定着力は高く引き分けという結果になりました。

 

育毛剤ではどんなに肝心な育毛成分が配合されていようとも、毛穴の奥まで定着していなければ、やはりの育毛影響も充分に発揮出来ず、宝の持ち腐れになってしまいます。

 

イクオスとブブカの両者は、公式Webページにあるように低分子ナノ水という技術が使用されていると記載がありました。

 

低分子ナノ水とは、配合されている育毛成分をナノ化する事で、直接毛包や毛乳頭に定着させる事をできるにしており、毛根の奥まで有効成分をちゃんとと定着させる事で育毛成果を早く体感する事が可能なようです。

 

また、イクオスにもブブカにも頭皮を柔軟化する成分を配合する事で、より有効成分が染み渡るしやすい頭皮環境にする事で、今までの育毛剤よりも定着力を急上昇させる試みを行っております。

 

以上の情報を踏まえると、イクオスとブブカ2つの育毛剤は同じ低分子技術の使用と頭皮環境の改善も同等の成果が望み可能なため優劣は付けがたく、同等の評価と言えるでしょう。

 

とどのつまり育毛成分から見てもイクオスとブブカ両者の育毛剤はほぼ同じタイプと言っても良いと思われます。

 

イクオスの公式Webページを見るブブカの公式Webページを見る▲目次に戻るイクオスとブブカの償還バックアップ期間の異なる点を対比イクオスとブブカの払戻しバックアップルールで対比すると、以下の結果からイクオスの方が優れているという事がわかりました。

 

イクオスの償還サポート期間:45日以内ブブカの償還サポート期間:30日以内イクオスの償還バックアップ期間は、初回購買限定で1回限り、アイテム注文後45日以内に前もって連絡をする事で使用できます。

 

 ブブカの償還サポート期間は、決まったコース初回ショッピング1個分のみで、ブブカのアイテム到着後30日以内に前もって連絡する事で活用できます。

 

イクオスとブブカ2つの払戻しバックアップ期間の差異ですが、イクオスは注文後から45日以内であれば耳を揃えて払戻し可能なのに対して、ブブカはアイテム到着後から30日以内の耳を揃えて償還サポートと若干前提が相違ます。

 

これだけ見るとイクオスのほうは注文してから保障期間がカウントされますが、45日と期間が長いため注文後からでも1週間以内には届きます。

 

なので、イクオスのアイテム到着後から保障期間が開始されても、ブブカよりも1週間以上も払戻しバックアップ期間にゆとりがある計算となります。

 

なお、イクオスの償還対象は初回ショッピング限定の1回限りしか要件はなくブブカも一見同じように思えますが、その実ブブカの払戻し対象は決まったコースのみとなっているのです。

 

つまり、ブブカ単品注文では丸々払戻し仕組みの対象外になってしまいますのでそのあたりは要注意です。

 

以上の状況から決断するのであれば、耳を揃えて払戻しサポートルールに関しては、ブブカよりもイクオスのほうが優れていると言えます。

 

ただ、イクオスとブブカのどっちも整然と耳を揃えて払戻し保障ルールがありますの

トップへ戻る