イクオスに配合されているエタノール(アルコール)の危険性

イクオスに配合されているエタノール(アルコール)の危険性

イクオスには、エタノール、無水エタノールが配合されていますが、以下の4つの要因から頭皮への危うい性は全くないと腹積もりています。

 

・揮発性が高いため直ちにに蒸発してしまう・頭皮に傷等がなければ副作用は起こらない・頭皮に殺菌影響をもたらす・育毛剤の品質低下を防ぎ副作用が起こらないようにするこのページで、イクオスに配合されているエタノール(アルコール)の役割と頭皮への影響について詳細に見ていきます。

 

イクオスの公式Webページを見る目次イクオスに配合されているアルコール(エタノール)のリスキー性イクオスに配合されているエタノールの害イクオスにエタノールが内蔵されている役割イクオスのアルコール(エタノール)が悩ましいな人はイクオスに配合されているアルコール(エタノール)の危うい性イクオスに配合されているエタノールとはイクオスに配合されているエタノールとは、アルコールという大枠の中の1つの種類です。

 

つまり、アルコールもエタノールも同じアルコールという事になります。

 

どっちも揮発性(蒸発しやすい)が高く、エタノールはアルコールの中でも特に安心な成分だと言われています。

 

▲目次に戻るイクオスに配合されているエタノールの害エタノールは特にアルコールの中でも安心な成分だと書きました。

 

実のところ、イクオスに配合されているエタノールは、頭皮にも悪影響は起きにくいと考慮して問題ないのです。

 

アルコールは、誰もがお酒で飲むくらいなので、健康な人にとってそこまで害がある成分ではないというのはわかるかと考えます。

 

つまり、健康な頭皮の事例、アルコールが配合されているイクオスを付けても何の問題もないのです。

 

しかし、イクオスのアルコールが問題がないのは健康な人の頭皮の事例です。

 

頭皮ニキビやフケ、かゆみなどの頭皮の炎症がある時は、イクオスに配合されているアルコールは一概に確かとは言えません。

 

頭皮環境が乱れ頭皮に傷や炎症があるとそこからアルコール(エタノール)が入り込み、髪を生やす細胞である毛乳頭細胞に悪影響となるケースがあるからです。

 

最初に、アルコール入りのイクオスを使用する事例、大きな傷等がないか自らの頭皮の状況を見定めしましょう。

 

▲目次に戻るイクオスにエタノールが内蔵されている役割イクオスにエタノール(アルコール)が配合されている役割は、5つあります。

 

・頭皮がスーッとする爽快感・頭皮の皮脂を溶かし、イクオスを染み渡るしやすくする役割・イクオスを長持ちさせるため・イクオスに配合されている無水エタノールには成分同士を混ぜ合わせる成果・エタノール(アルコール)に殺菌成果があるのでフケやかゆみを食い止める成果1、頭皮がスーッとする爽快感エタノール(アルコール)が育毛剤に配合されていると、頭皮に付けた時にスーっとした清涼感が得られます。

 

この頭皮の清涼感がスッキリして好きだっていう方も多々あるです。

 

2、頭皮の皮脂を溶かし、イクオスを染み渡るしやすくする役割エタノール(アルコール)は、頭皮の皮脂を溶かしイクオスの育毛成分を頭皮に定着しやすくさせる役割を持っています。

 

頭皮表面の皮脂だけでなく、毛穴に詰まった皮脂も溶かしてくれるので、エタノール(アルコール)はイクオスの高い染み渡る力にも一役買っているのです。

 

ただ、エタノール(アルコール)は直ちにに頭皮から蒸発するため、皮脂を溶かす影響は常に続くわけではないので心配無用してください。

 

3、イクオスを長持ちさせるためイクオスの配合成分は、腐りにくくされた添加物等は配合していなく、すべて天然成分のみで作られている育毛剤なのでデフォルト放っておくと直ちにに腐ってしまいます。

 

エタノール(アルコール)には殺菌作用があるため、イクオスに配合されている育毛成分の中で雑菌が繁殖するのを防いでくれます。

 

つまりイクオスのエタノールには、育毛成分がくさらないように維持し、イクオスの支出期限をずーっとしてくれる作用があるのです。

 

4、イクオスに配合されている無水エタノールには成分同士を混ぜ合わせる成果もイクオスに配合されている無水エタノールには、数々の育毛成分を混ぜ合わせる働きもしてくれています。

 

イクオスには育毛に成果的な成分が61種類も内蔵されているので、この育毛成分を影響的に頭皮に発揮させ混ぜ合わせるために無水エタノールが配合されているんです。

 

5、エタノール(アルコール)に殺菌影響があるのでフケやかゆみを抑制する影響もエタノールには、頭皮に繁殖した菌の殺菌成果もあります。

 

なので、頭皮の菌がきっかけでフケやかゆみが起きている時は、イクオスを何回か付けるだけで頭皮の炎症が改善する事も少なくないのです。

 

▲目次に戻るイクオスのアルコール(エタノール)が懸念事項な人は頭皮が敏感肌でイクオスにはエタノールが配合されているため、必然的に頭皮への使用が悩ましいな人は、アルコールアレルギーか如何にかの参考にを前もってにする事をイチ押しします。

 

アルコールのパッチテストの方針について細かいところまでは以下のページを参照ください。

 

育毛剤に内蔵されるアルコールは良くない!?配合の訳や影響を紹介!ただ、イクオスにはアルコールが頭皮の皮脂を奪い乾かすさせてしまう作用に対して、充分にと頭皮の保湿成分も配合されているためそこまで問題ないかと思っています。

 

頭皮の保湿成果の高いM-034などが、乾かすした頭皮や炎症により悪化した頭皮環境を改善させてくれるからです。

 

イクオスの公式ページはコチラをクリック育毛剤イクオス(IQOS)を育毛奉行が使ってみた評判と影響を検証▲目次に戻る。

 

トップへ戻る