イクオスの全61種類の成分の効果を徹底解説

イクオスの全61種類の成分の効果を徹底解説

イクオスには、育毛に成果がありながら安心な成分が61種類も配合されています。

 

この61種類の全成分と原材料を分類すると、以下のような5つの育毛成果に分ける事ができます。

 

・抜け毛を防ぐ男性ホルモン抑制影響・髪を太く強くする頭皮の血行促進影響・髪を抜けにくくする頭皮環境改善影響・髪の工場である毛母細胞の活性化成果・髪の栄養となる発毛促進成果のあるアミノ酸成分今度のテキストでは現在急速に注意度が増しているイクオスの配合成分を分析しながら、ポイントを参考にしていきます。

 

イクオスの公式Webページを見る目次イクオスの全成分イクオスの男性ホルモン抑制成果を持つ全成分イクオスの5αリダクターゼを抑制する育毛成分イクオスの脱毛因子TGF-Βを抑制する育毛成分イクオスの頭皮の血行促進影響イクオスの頭皮環境改善影響イクオスの毛母細胞の活性化成果を持つ全成分イクオスの発毛促進成果のあるアミノ酸成分イクオスサプリメントの成分と影響イクオスの全成分イクオスの全成分は以下の61種類です。

 

オウゴンエキス、ダイズエキス、ビワ葉エキス、クララエキス、ヒオウギ抽出液、ペルベチアカナリクラタエキス、アルニカエキス、D-パントテニルアルコール、水素添加大豆リン脂質、加水分解コラーゲン、低分子ヒアルロン酸ナトリウム、高分子ヒアルロン酸ナトリウム、カンゾウ葉エキス、ジフェンヒドラミンHCI、グリチルリチン酸2K、コンフリーエキス、イエローヒマラヤンラズベリー根エキス、オドリコソウエキス、サクラ葉抽出液、セージエキス、ベニバナエキス、薔薇マリーエキス、スサビノリエキス、クエン酸、クエン酸ナトリウム、L-ピロリドンカルボン酸、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、M-034、クワエキス、シャクヤクエキス、セイヨウキズタエキス、ゴボウエキス、ローマカミツレエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ボタンエキス、ニンニクエキス、ジオウエキス、シラカバエキス、ドクダミエキス、天然ビタミンE、オランダカラシエキス、ニンジンエキス、マツエキス、アシタバエキス、クロレラエキス、DL-PCA・Na液、PCA、塩酸リジン、乳酸Na液、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、イソロイシン、グリシン、メチオニン、セリン、トレオニン、バリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、エキスパートリン以下でこの61種類の全成分が、如何なる働きをするのかを突っ込んで紹介していきます。

 

イクオスの公式Webページを見る▲目次に戻るイクオスの全成分を育毛成果別に紹介イクオスに配合されている成分は前述したように61種類に及びます。

 

ただ、この61種類のイクオスの成分を育毛成果で見ていくと、男性ホルモン抑制成分、頭皮の血行促進成分、頭皮環境改善成分、毛母細胞の活性化成分、発毛促進成分の5つに大きく分ける事が出来ます。

 

以下のテキストではこの5つの育毛成果の区分にしたがって、イクオスに配合された成分の働きを解説していきます。

 

イクオスの男性ホルモン抑制成果を持つ一通りの成分イクオスの5Αリダクターゼを抑制する成分イクオスには5αリダクターゼを抑制する成分として、オウゴンエキス、ダイズエキス、ビワ葉エキス、クララエキス、ヒオウギ抽出液の5種類が配合されています。

 

男性の薄毛を引き起こす大きなきっかけになるものとしてAGAと呼ばれる症状があります。

 

このAGAは男性ホルモンの活性化によって引き起こされる薄毛症状になります。

 

薄毛のきっかけがagaだった事例の対策技術このAGAによる薄毛症状を引き起こすきっかけとなる5αリダクターゼを抑制する成分をイクオスは配合しています。

 

特に着目やりたいのはオウゴンエキス、ダイズエキス、ヒオウギ抽出液の3つの成分です。

 

5αリダクターゼの抑制影響に定評があるこの3つの成分のうち、1つもしくは2つを配合している育毛剤は数多く影響します。

 

しかし、オウゴンエキス、ダイズエキス、ヒオウギ抽出液の3つ総ての成分を配合している育毛剤となると、かなり限定しれてきます。

 

3つの5αリダクターゼ抑制成分を一通り配合しているという点に、イクオスの育毛剤としての強みがあります。

 

▲目次に戻るイクオスの脱毛因子TGF-Βを抑制する成分イクオスには脱毛因子TGF-βを抑制する育毛成分として、M-034、クワエキス、シャクヤクエキス、セイヨウキズタエキス、ゴボウエキス、ローマカミツレエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ボタンエキスの9種類が配合されています。

 

AGAによる薄毛症状のきっかけとしてはジヒドロテストステロンが取り上げられる事が多々あるですが、直接的に薄毛を引き起こすのは脱毛因子TGF-βになります。

 

体内で現れてしたジヒドロテストステロンは毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターという部位と繋ぎ合わせします。

 

その後、アンドロゲンレセプターと組み合わせしたジヒドロテストステロンは脱毛因子TGF-βというものに修正されます。

 

この脱毛因子TGF-βにはFGF-5という因子を活性化させる働きがあります。

 

FGFと呼ばれる因子には多くの種類がありますが、普通にはヘアーの生成に結びつきする細胞の細胞分裂を促す事で、育毛を促進する働きを持っています。

 

ただし、FGF-5だけはスペシャルで、抜け毛を促進するよう細胞に命令を出す事が分かっています。

 

それにより、薄毛対策としてはジヒドロテストステロンを抑制するだけでは十分では無く、このFGF-5が脱毛を促進させる命令を出すのもセーブする必須があります。

 

ただし、多くの育毛剤はジヒドロテストステロンの抑制にのみ力を入れています。

 

その点、イクオスはジヒドロテストステロンの働きをセーブする成分に加えて、脱毛因子TGF-βの働きでFGF-5が活性化するのを抑制する成分も配合しているので、AGAの薄毛治療を二段構えのアプローチで行う事ができます。

 

脱毛因子TGF-βによるFGF-5の活性化を抑制する影響を持つ成分がM-034です。

 

M-034にはFGF-5Sと呼ばれる因子が豊富に内蔵されています。

 

FGF-5Sには脱毛因子TGF-βによって活性化するFGF-5の働きを抑えてやる力があります。

 

これによりFGF-5から脱毛を促進する命令が出る事を防いで、抜け毛の進行を食い止める事ができます。

 

イクオスの公式Webページを見る海藻エキスM-034の影響について細かいところまで知りたい人は、以下の投稿を参照ください。

 

チャップアップのm-034の影響▲目次に戻るイクオスの頭皮の血行促進影響のある成分イクオスには頭皮の血行を促進する成果のある成分として、ニンニクエキス、ジオウエキス、シラカバエキス、ドクダミエキス、天然ビタミンE、オランダカラシエキス、ニンジンエキス、マツエキス、アシタバエキス、クロレラエキスの10種類が配合されています。

 

頭皮の血行を促進する事は、ヘアーをつくる毛母細胞に充分にと栄養を供給するためにも大事な事になります。

 

頭皮の血行を促進する育毛成分もイクオスには豊富に内蔵されています。

 

特に注意やりたいのはニンニクエキスとニンジンエキスです。

 

どっちも頭皮の血行促進影響がある成分で知られており、特にニンニクにはアリシンという血行促進成果を持つ成分が内蔵されています。

 

他にも、毛母細胞の活性化成果のある成分の項目で解説しているイクオスの配合成分センブリエキスにも、優れた頭皮の血行促進成果があります。

 

著名な育毛成分はそんなに配合していると言っても良いほど、幅広く頭皮の血行促進影響がある成分が配合されているのがイクオスです。

 

▲目次に戻るイクオスの頭皮環境改善影響のある成分イクオスには頭皮の環境を改善する成果のある成分として、以下の22種類が配合されています。

 

ペルベチアカナリクラタエキス、アルニカエキス、D-パントテニルアルコール、水素添加大豆リン脂質、加水分解コラーゲン、低分子ヒアルロン酸ナトリウム、高分子ヒアルロン酸ナトリウム、カンゾウ葉エキス、ジフェンヒドラミンHCI、グリチルリチン酸2K、コンフリーエキス、イエローヒマラヤンラズベリー根エキス、オドリコソウエキス、サクラ葉抽出液、セージエキス、ベニバナエキス、薔薇マリーエキス、スサビノリエキス、クエン酸、クエン酸ナトリウム、L-ピロリドンカルボン酸、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液育毛というと、ヘアーにだけ目が行ってしまいがちですが、それと同じくらい価値があるなのがヘアーを育てる土壌の役割を果たす頭皮です。

 

この頭皮が乾かすしていたり、反対に皮脂という脂で異常に湿っていると、フケが現れてして、そのフケをエサにする雑菌が頭皮に繁殖します。

 

このような雑菌がきっかけになって炎症が生じてすると、その炎症が現れてしているところの毛母細胞ではヘアーを生み出す事が出来なくなります。

 

そして、こういった頭皮環境の悪化は毛母細胞に栄養を運ぶ血液の流れを悪くする事にもつながります。

 

したがって、育毛をうまく進めるためには頭皮環境を良好に維持するというのも価値があるな事になります。

 

頭皮環境を改善する事例、3つの事が価値があるになります。

 

頭皮を殺菌して炎症を抑制する事、頭皮に潤いを与える事、頭皮の皮脂の分泌を正常化する事の3つです。

 

これら頭皮環境の悪化を改善し頭皮環境の正常化を実現する上でとても影響が高い成分を配合しているのもイクオスのチャームポイントになります。

 

最初に、頭皮の殺菌・抗炎症についてはグリチルリチン酸2Kがその役割を果たします。

 

グリチルリチン酸2Kは優れた抗炎症作用で、育毛に影響のある有効成分として認められています。

 

さらに、頭皮の保湿にはペルベチアカナリクラタエキスが抜群の影響が発揮します。

 

ペルベチアカナリクラタエキスはM-034と共に配合されて、イクオスの主の成分であるAlgas-2を構成しています。

 

ペルベチアカナリクラタエキスには大いに強力な保水力がある事が分かっています。

 

この保水力で水分を頭皮内面にちゃんととどめて、潤いを保持してくれます。

 

他にも、最後は頭皮の皮脂分泌の正常化。

 

頭皮の皮脂分泌を正常化する成果を持つ成分がオドリコソウエキス。

 

オドリコソウエキスには頭皮に皮脂が過剰分泌されているケース、その分泌量をセーブする成果があります。

 

▲目次に戻るイクオスの毛母細胞の活性化成果を持つ全部の成分イクオスに毛母細胞を活性化させる影響のある成分として配合されているのが、センブリエキスになります。

 

センブリエキスは血行促進影響がある成分として広く知られています。

 

ただ、センブリエキスの育毛における効用は血行促進だけではないのです。

 

センブリエキスにはアマロゲンチンと呼ばれる成分が内蔵されており、アマロゲンチンには毛乳頭細胞の細胞分裂を促進する成果があります。

 

毛乳頭細胞は毛母細胞にヘアーの生成を促すように指示を出す力も持っています。

 

したがって、毛乳頭細胞の細胞分裂が活性化する事によって、毛母細胞もそのヘアーをつくる働きを活発化させていきます。

 

▲目次に戻るイクオスの発毛促進成果のあるアミノ酸成分イクオスには発毛促進成果のある成分アミノ酸として、DL-PCA・Na液、PCA、塩酸リジン、乳酸Na液、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、イソロイシン、グリシン、メチオニン、セリン、トレオニン、バリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、専門家リンの16種類が配合されています。

 

アミノ酸はヘアーの主成分であるケラチンを形成し、頭皮の表面の角質層をつくる原材料にもなります。

 

ヘアー並びに頭皮の原材料となる成分が、このアミノ酸です。

 

イクオスによってアミノ酸を充分にと毛母細胞に供給してやる事により、毛母細胞が栄養不足に陥る事もなくなり、ヘアーの生成が円滑に進む事になります。

 

無添加育毛剤イクオスイクオスと他の育毛剤とどっちが推奨なのかの対比結果や、イクオス1か月使用体験談は以下のページに整理ました。

 

育毛剤イクオス(IQOS)を育毛奉行が使ってみた評判と成果を検証▲目次に戻るイクオスサプリメントの成分と影響イクオスサプリメントの成分と成果を以下のページで詳細に紹介しました。

 

イクオスサプリメントに配合されているagaに影響的な成分についてもわかります。

 

イクオスサプリEXの成分と影響▲目次に戻る。

 

トップへ戻る