イクオスとプロペシアはどっちが効果的なのか比較

イクオスとプロペシアはどっちが効果的なのか比較

育毛剤イクオスを使用するか、AGAクリニックで処方してもらえる発毛薬プロペシアを服用するか迷っている…。

 

育毛剤イクオスも利用したいし、発毛薬プロペシアも利用したい。

 

イクオスとプロペシアは並存可能なのか?育毛剤イクオスとプロペシアは並存もできるで、プロペシアの方が発毛影響が高い分、強い副作用があります。

 

それにより、副作用があってもいいからとにもかくにも強い発毛成果を得たい人はプロペシア(フィナステリド)を。

 

副作用がなく、水準を満たすまで高い育毛成果を得たい人はイクオスの使用がイチ押しです。

 

イクオスとプロペシアには各々良いところ、悪いところがあるので、このページでイクオスとプロペシアを徹底対比します。

 

イクオスの公式Webページを見る目次発毛成果はプロペシアが上、総合力と確か性で選り抜くならイクオス副作用がない方を選択するのであればプロペシアよりもイクオスイクオスとプロペシアの値段は、イクオスが若干安いイクオスとプロペシアは並存する事もできる整理発毛成果はプロペシアが上、総合力と確か性で選り抜くならイクオス真っ先に、イクオスとプロペシアの発毛影響で対比するのであれば、プロペシアの方が発毛影響が高いです。

 

プロペシアは、薄毛に医学的な発毛影響があると認められている医薬成分フィナステリドが配合されています。

 

プロペシアの発毛影響については折り紙つきですが、その発毛成果ゆえに副作用もあるため手放しでプロペシアを推奨する事はできません。

 

その点、育毛剤イクオスであれば、副作用もなくプロペシア同じくに男性ホルモンによる抜け毛であるAGAや血行不良による抜け毛など総合的な薄毛に応対可能な育毛剤なんです。

 

以下にプロペシアとイクオスの薄毛への育毛成果について整理ます。

 

プロペシアプロペシアは薬品名で、配合成分はフィナステリドのみです。

 

このプロペシアに配合されているフィナステリドは、男性型脱毛症(AGA)で髪を脱毛させるきっかけになる5αリダクターゼを抑制する成果を持っています。

 

5αリダクターゼと男性ホルモンテストステロンが組み合わせして脱毛きっかけになるジヒドロテストステロンが作られるので、両者が繋ぎ合わせする前に5αリダクターゼを抑制する事で脱毛きっかけとなるジヒドロテストステロン(DHT)自体を現れてさせないようにする影響があるのです。

 

▲目次に戻るプロペシアの発毛成果実のところにプロペシアをAGAの男性に1日1錠3年間服用したところ、70%以上の人の薄毛の症状が改善したというデータがでています。

 

この事からもプロペシアには、発毛成果がかなり高い事がわかります。

 

AGAを発症したケース、AGAのきっかけ物質であるジヒドロテストステロンが結びつくのはM字ところと頭頂部のみです。

 

つまり、AGAによって抜ける髪はM字ところと頭頂部のみであって、プロペシアを服用したケース、高い発毛成果が得られるのは、M字ハゲとつむじハゲの人だけという事になります。

 

とはいっても、プロペシアが発毛成果をもたらすのは、男性ホルモンがきっかけとなる薄毛のAGAを発症している人だけだという点にも配慮しなければなりません。

 

AGA以外の、頭皮環境の悪化や血行不良による薄毛を発症している事例は、AGAではないためプロペシアでは発毛できないのです。

 

▲目次に戻るイクオスイクオスには、プロペシアほどの発毛影響はないものの、Algas-2(アルガス-2)という独自成分をスタート出来、61種類の育毛成分が配合されています。

 

イクオスは、この豊富な育毛成分量で様々な薄毛の症状に扱って可能な総合力が引き寄せられるの育毛剤です。

 

イクオスの育毛影響イクオスに配合される最先端育毛成分のAlgas-2(アルガス-2)は、今までからイクオスに配合されていた海藻エキスM-034に、新たに海藻エキス「ペルベチアカナリクラタエキス」を加えた新成分です。

 

このAlgas-2(アルガス-2)を使ったイクオスのメーカーが行った実験結果により、Algas-2(アルガス-2)とノキシジルと同等の毛の一新率がある事が証明されています。

 

イクオスの公式ページによると、Algas-2(アルガス-2)配合のイクオスとミノキシジル配合の発毛剤とキャピキシル配合の育毛剤の3つで対比実験のデータが掲載されています。

 

驚いたことに、実験結果はミノキシジル配合の発毛剤を使用した人のうち43%が育毛の体感を得たのに反対に、Algas-2(アルガス-2)配合のイクオスは78%もの人が体感があったとの結果が出ています。

 

イクオスには、フケやかゆみなどの頭皮環境を整える育毛成分や血行促進影響のある育毛成分など、薄毛に即効性が見込み可能な成分も多く内蔵されているためこのような結果になったと思われます。

 

実のところにAlgas-2(アルガス-2)以外にも、イクオスには血行促進や男性ホルモン抑制成分、頭皮環境を正す成分が配合されていて、男性型脱毛症、頭皮環境の悪化がきっかけ、血行不良による薄毛にそれに対し総合的に薄毛対策を行う事ができるなんです。

 

▲目次に戻るイクオスの5Αリダクターゼをブロックする育毛成分プロペシアの発毛影響が高い要因が、脱毛のきっかけとなる男性ホルモンジヒドロテストステロンの原料となる5αリダクターゼを抑制可能なからですが、イクオスにも5αリダクターゼを抑制可能な育毛成分が配合されています。

 

それが、オウゴンエキス、大豆エキス、ビワ葉エキス、クララエキス、ヒオウギ抽出液の5種類の成分です。

 

その上、イクオスの決まった便を使用すると付属するイクオスサプリexにも男性ホルモンを抑制する育毛成分ノコギリヤシやフィーバーフューも配合されているんです。

 

このように、イクオスには、プロペシアに負けないくらいに男性ホルモン抑制成分も配合されています。

 

単純な発毛成果で見るならプロペシア(フィナステリド)、プロペシアには発毛影響は劣るものの、充分にと男性ホルモン抑制成果も配合されていて副作用のない育毛剤ならイクオスを選りすぐるといいでしょう。

 

▲目次に戻る副作用がない方をチョイスするのであればプロペシアよりもイクオス上にも書きましたが、発毛影響が高いプロペシアはその発毛影響の高さ故に、副作用が起こるケースもあります。

 

副作用のない育毛剤イクオスとプロペシアの副作用について詳細に見ていきます。

 

プロペシアの副作用プロペシアの副作用は、プロペシアの販売元でもあるMSDの公式ページにも記載されている通り、性欲減退、肝パフォーマンスの低下、うつ症状などがあります。

 

これらのプロペシアの副作用は、生じて率が5%未満となっていますが、実のところにプロペシアを服用して周囲で副作用を発症した人がいるという話しもよく聞いているので油断は禁物です。

 

プロペシアは、発毛成果こそ高いが適度に副作用もあるので、配慮が必須です。

 

▲目次に戻るイクオスの副作用一方で、育毛剤イクオスには自然由来の育毛成分しか配合されてなく、配合量もそれほど高くないので副作用の気がかりはないのです。

 

ただでさえ、塗布型の育毛剤は副作用が起こりにくい上に、イクオスは確かな自然由来の成分や頭皮への刺激となる添加物は配合されていないので心配無用して使用する事ができます。

 

▲目次に戻るイクオスとプロペシアの値段は、イクオスが若干安いプロペシアは、AGAクリニックで処方してもらうと薬の値段自体が約7000円に加えて診察代や検査代等がかかってくるので1か月に10000円程度がかかります。

 

一方、育毛剤イクオスは育毛サプリと育毛剤セットの決まったコースで月次6980円です。

 

※イクオスの決まったコースは使用後、1回目で取り止めや打ち切りができるなため、単品よりも決まったコースでの調達が安上がりです。

 

▲目次に戻るイクオスとプロペシアは並存する事もできるイクオスは塗る育毛剤であり、プロペシアと配合成分が競合する事もないため、イクオスとプロペシアを並存する事もできるです。

 

エキスパートぺシアには、男性ホルモン抑制影響しかないため、男性ホルモン以外の薄毛のきっかけがある事例は、プロペシアでは応対できません。

 

その点、イクオスを並存すれば、頭皮の保湿によってフケやかゆみなどをなくし、頭皮の血行を促進する成果もあるイクオスをプロペシアと使用する事は、育毛にかなり影響的なんです。

 

▲目次に戻る整理プロペシアの副作用が怖い人はイクオス、イクオスを使って育毛成果がなかった人ならプロペシアの服用がベストチョイスです。

 

※しかし、プロペシアの副作用には用心イクオスの公式ページはコチラをクリックミノキシジルとイクオスの対比や、イクオスのそれ以外の育毛影響に関しては以下のページに整理てあるのでポイントにしてください。

 

育毛剤イクオス(IQOS)を育毛奉行が使ってみた評判と成果を検証▲目次に戻る。

 

トップへ戻る