イクオスがつむじと生え際のagaに効果が高い2つの理由

イクオスがつむじと生え際のagaに効果が高い2つの理由

このところ、抜け毛が増加しそれに伴いおでこの生え際が後退してきた、つむじの薄毛がきわだってきたって人はおそらく男性ホルモンがきっかけのAGAの見込みが高いでしょう。

 

イクオスは、つむじと生え際が後退してきた人ににこそ使ってほしい育毛剤です。

 

理由を言えば、以下の2つの要因からイクオスがつむじと生え際のagaによる抜け毛を防ぐ育毛影響があるといえます。

 

・agaによる抜け毛を抑制する男性ホルモン抑制成果がある
・agaによって弱った毛根を活性化させ髪を強くする血行促進成果がある

 

つまり、つむじと生え際のM字ハゲの進行に悩んでいる人は、イクオスを使用する事によってつむじと生え際の薄毛の進行を止める成果が得られるでしょう。

 

いまはまだ、前髪を下ろしてごまかせているが、近いうちに限界が来てる人は、直ちにでもイクオスでAGA対策をするべきです。

 

この投稿では、イクオスのagaによる抜け毛への影響についての以下の4つの情報がわかります。

 

・イクオスがagaに成果が高い理由
・女子のagaにもイクオスで成果が得られる理由
・イクオスサプリもagaに影響が高い事
・イクオスなら副作用がないので誰でも安心して育毛できる

 

イクオスの公式Webページをリサーチ目的で見る

 

 

イクオスのagaの抜け毛への2つの成果

イクオスを買おうか決めかねている人は、生え際とつむじの抜け毛が起こるaga(男性型脱毛症)に悩んでいるはずです。

 

イクオスは、agaを引き起こす2つのきっかけを抑制する働きのある成分が配合されているため、agaによる抜け毛を防ぐ成果を発揮してくれるんです。

 

抜け毛が増大してしまい、わずかずつ生え際が後退している、または髪の量が減りヘアセットが思うようにできなくなった人は早速イクオスで対策するべきでしょう。

 

AGAを発症するきっかけは、以下の2つです。

 

・生え際とつむじところの男性ホルモンの過剰
・生え際とつむじところの血行不良

 

育毛剤イクオスには上述の2つのAGAのきっかけを改善させるための育毛成分が豊富に配合されているため、抜け毛に高い影響を発揮するんです。

 

以下で、イクオスに配合されているagaを改善させるための男性ホルモン抑制影響と、頭皮の血行促進影響の2つにフォーカスして紹介していきます。

 

イクオスの公式提供Webページをチェックする

 

イクオスの男性ホルモン抑制成果

イクオスには、M字と頭頂部の抜け毛を促進する男性ホルモンを食い止める働きがあります。

 

イクオスの男性ホルモンに働きかける成果は以下の3つ。

 

・AGAのきっかけの物質ジヒドロテストステロンの総量を減らす
・女性ホルモンと似た働きのある成分が男性ホルモンの活動を相対的に抑制する
・万一生じてしまったたジヒドロテストステロンから出る脱毛指令を防ぐ

 

M字と頭頂部の毛髪を攻撃する指令物質を出し脱毛させるのがジヒドロテストステロン。

 

このジヒドロテストステロンを完成させるのが体内の男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素です。

 

イクオスには、この5αリダクターゼを抑制する働きのあるオウゴンエキスや、クララエキスなどの育毛成分が、育毛剤の中でもトップクラスの14種類も配合されています。

 

AGAのきっかけ物質を押し止める成分が多く配合されているという事は、それだけAGAによる抜け毛の抑制力が高いという事です。

 

他にも、ダイズエキスとヒオウギ抽出液には、女性ホルモンと似た働きのあるイソフラボンが多く配合されているため、体内で女性ホルモンの働きを高め活性化させる事で、相対的に男性ホルモンを食い止める役割を果たしてくれるんです。

 

イクオスはジヒドロテストステロンから出る脱毛因子も食い止める2段構え

上述のイクオスに配合されているagaのきっかけ物質の男性ホルモンを食い止める育毛成分は、AGAのきっかけとなるジヒドロテストステロンの発生をセーブする育毛成分になります。

 

ただ、これだけジヒドロテストステロンの生成をセーブする育毛成分が配合されているイクオスであっても、ジヒドロテストステロンをパーフェクトに防ぎきる事はできず、必然的にジヒドロテストステロンの生成を許してしまいます。

 

この抑制する事ができずに現れてしまったジヒドロテストステロンが、毛髪を攻撃しAGAによる抜け毛を生じてさせるわけですが、髪が抜ける過程には以下のようなプロセスがあります。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)が毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターと組み合わせ後に脱毛因子TGF-βが出来て、TGF-βがFGF-5という脱毛指令を毛乳頭に出す事によってはじめて髪が脱毛します。

 

ただ、イクオスにはDHT(ジヒドロテストステロン)から作られる脱毛因子TGF-βをも抑制する育毛成分がクワエキス、シャクヤクエキス、セイヨウキズタエキス、ゴボウエキス、ローマカミツレエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ボタンエキス、ビワ葉エキスの9種類も配合されているんです。

 

イクオスは、一般的な育毛剤と同じジヒドロテストステロンを抑えつつも、僅かながらに現れてしてしまったジヒドロテストステロンから出てくる脱毛信号TGF-βに対しても対策可能な成分が配合されています。

 

つまりイクオスなら2段階でaga対策が可能な育毛剤なんです。

 

M字ハゲとつむじハゲの進行が気に掛かる人は、他の育毛剤よりも1段階高いAGA対策が可能なイクオスを推奨します。

 

つむじとM字の抜け毛が増加し、毛量が減ってきたなという人は、イクオスでAGAの抜け毛を防ぎましょう。

 

イクオスの公式Webページを見る

 

AGAは男性ホルモン以外にも、血行不良によって髪が弱くなり脱毛していきます。

 

以下で、AGAの2つ目のきっかけとなる血行不良を改善する力がイクオスに備わっている事について突っ込んで紹介していきます。

 

 

イクオスの髪を強くし抜け毛を防ぐ頭皮の血行促進影響

上で紹介したイクオスの男性ホルモンを抑え抜け毛を防ぐ影響には、現在までAGAの男性ホルモンによって抜け毛となっていた髪を守るだけの現況維持の働きしかないのです。

 

つまり、毛量が減り髪型のセットが決まりづらくなってきた人が、髪を太くし量を増やすには、頭皮の血行促進により髪に栄養を与える発毛促進成果が不可欠になってきます。

 

その点イクオスには、頭皮の血行促進成果のある成分が、有効成分センブリエキスをはじめ10種類も配合されています。

 

中でも効果の高い成分が、イクオスにしか配合されていない海藻成分Algas-2(アルガス-2)です。

 

Algas-2(アルガス-2)は、海藻エキスM-034と海藻エキスペルベチアカナリクラタエキスを混ぜ合わせたイクオスのみにしか配合されていない独自成分です。

 

M-034(海藻エキス)は、北海道のミツイシコンブから抽出した海藻エキスで、ミノキシジルの働きと似ていて副作用なく毛包の細胞を活性化させる育毛影響があります。

 

海藻エキスペルベチアカナリクラタエキスには、毛母細胞を活性化させる成長因子が配合されているので、弱った髪を強くさせる働きでagaにより弱った髪を強くする成果も望めます。

 

イクオス独自成分のAlgas-2(アルガス-2)は、発毛促進と頭皮環境の改善をダブルで行えるaga対策に優れた育毛成分なんです。

 

イクオスのようにAGAに必須な、抜け毛から守る男性ホルモン抑制成果と、守った髪を強くする血行促進影響がここまでバランスよく得られるアイテムは珍しいです。

 

生え際とつむじの薄毛が進行してきた人で、AGAに成果がある育毛剤を探しているがどれを選べばいいか曖昧な人は、イクオスに決めるのもいいでしょう。

 

イクオスの公式Webページを見る

 

 

イクオスは女子の男性型脱毛症(faga)による抜け毛にもオススメ

イクオスは男性のAGAだけではなく、女の男性型脱毛症(FAGA)の抜け毛をセーブするのにも期待できます。

 

FAGAは、女子の閉経や分娩、加齢などがきっかけにより女性ホルモン量が少なくなる事で、男性に同じく生え際とつむじの抜け毛が発症しやすくなる脱毛症です。

 

髪を伸ばす働きのある女性ホルモンが女性の体内から少なくなると、髪が伸びる期間が短くなるため抜け毛が増加します。

 

イクオスには女子のAGAによる抜け毛を防ぐ以下の2つの成果をもたらしてくれます。

 

・女性ホルモンに似た役割をする成分がホルモンバランスを整え髪を伸ばす
・男性ホルモンを抑制し女性ホルモン量を増やし抜け毛を防ぐ

 

イクオスに配合された女性ホルモンに似た役割をするイソフラボンを含むヒオウギ抽出液と、男性ホルモンを抑制し相対的に女性ホルモンの量を増やすクララエキスが、女性ホルモンの不足により乱れたヘアサイクルを正常に戻す働きをしてFAGAによる脱毛を改善してくれます。

 

これらの働きが、女性ホルモンの減少で過剰となった男性ホルモンがもたらすFAGAを改善し女性の薄毛にも成果を発揮します。

 

女性に多々ある全体の髪の量が減り薄毛になる症状ではなく、つむじところや生え際のおでこが後退してきている人は、イクオスが抜け毛を防いでくれるでしょう。

 

 

イクオスサプリEXもaga(男性型脱毛症)の抜け毛を抑える

育毛剤イクオスの定期コースを選ぶと付いてくる育毛サプリメント「イクオスサプリEX」にも、AGA(男性型脱毛症)の抜け毛を防ぐのに成果的な育毛成分が以下の4種類配合されています。

 

・ノコギリヤシ
・フィーバーフュー
・亜鉛
・イソフラボン

 

中でも、ノコギリヤシには、副作用が高いと知られているAGA治療薬のプロペシアと同じ、抜け毛を引き起こす男性ホルモンである5αリダクターゼを抑制する働きがあります。

 

ちょっと変わった成分としては、ナツシロギクから抽出したハーブティーとしても飲まれてもいる成分のフィーバーフューでしょう。

 

フィーバーフューには男性ホルモンを抑え血行促進影響を含む発毛促進作用が期待されています。

 

その上、亜鉛は食事から摂取したタンパク質を毛髪へと変える大事な役割を持っています。

 

それだけなく亜鉛にはagaの抜け毛のきっかけにもなる5αリダクターゼの抑制する働きもある事がわかっています。

 

イクオスなら育毛剤で頭皮から直接毛根に働きかけながら、サプリメントで体内からAGAによる抜け毛への成果を高めることができるわけなんです。

 

AGA対策としてイクオスを活用するなら、絶対育毛サプリセットが付いた定期コースを推奨します。

 

イクオスの育毛剤と育毛サプリメントを一緒に使う事で、agaの抜け毛に対する成果が早くなるでしょう。

 

イクオスの公式Webページを見る

 

 

イクオスは天然成分で作られているためagaに成果があって副作用もない

イクオスの育毛剤とサプリメントはAGAの改善効果が高いうえ、一通り天然成分で作られているので発毛剤ミノキシジルやプロペシアと違って副作用の確率が低いのが特色です。

 

AGA治療薬の中には、発毛への影響が高くても副作用の危険性が高いため、誰でも使用できないというジレンマがあります。

 

特に、AGA治療薬としてよく知られているプロペシアは、強力に男性ホルモンを抑え発毛促進力を高めるかわりに、男性の性機能に悪影響を与える確率が高いんです。

 

わたしのように30代独身の男性にとってはつらい副作用ですよね。

 

同じく発毛医薬品の飲むミノキシジルは、高い血流促進作用により血圧を大幅に下げてめまいを起こしたり、高い発毛作用により毛髪以外の体毛を濃くしたりする副作用の危険性があります。

 

ただし、イクオスの育毛剤とサプリメントなら、AGAに働きかける男性ホルモン抑制成分や血行促進成分には、植物や海藻といった育毛への影響と副作用のなさが両立した天然由来の育毛ケア成分を使用しています。

 

それにより、独身男性でも副作用の懸念なく育毛ケアをする事ができます。

 

万が一、仮にイクオスを使用してから1ヵ月以内にいつもより大量の抜け毛が現れた場合、初期脱毛だと考えられます。

 

以下のテキストでイクオスの初期脱毛についても突き詰めて紹介しているので、参照ください。

 

イクオスの初期脱毛

 

 

イクオスはaga(男性型脱毛症)の抜け毛に成果が高い

育毛剤イクオスとイクオスサプリEXには、フィナステリドの男性ホルモン抑制成果とミノキシジルの血行促進影響に近い、これだけのAGA(男性型脱毛症)の抜け毛に影響のある天然由来成分が配合されています。

 

育毛剤イクオスとイクオスサプリEXにはAGAに影響が高い成分が他の育毛剤よりも多く配合されています。

 

AGAへの対抗成分のどれか一つの成分が、たとえ自身の薄毛の症状に合わず育毛影響を発揮しなかったとしても、イクオスに配合されている別の育毛成分がAGAに成果を発揮してくれる見込みは十分高いでしょう。

 

また、頭皮に刺激となるような成分は無添加なので、過去に育毛剤を使って痒みやかぶれを起こした経験のある敏感肌の人でも、恐れることなく使用可能なんです。

 

育毛未経験者でAGAに悩んでいる人に副作用がない対策手段として、頭皮への定着力も高い育毛剤イクオスとイクオスサプリEXを推奨します。

 

イクオスの公式Webページを見る

 

イクオスに関してのAGA以外の詳しいエイジングケア成分などの育毛剤成分や、使用者の体験談、他の育毛剤チャップアップとの対比や徹底検証の結果、定期コースの価格、返金保証については以下のページに整理してあります。

 

気に掛かる人は読んでみてください。

 

育毛剤イクオス(IQOS)を育毛奉行が使ってみた評判と影響を検証

 

このサイトで買うべき育毛剤を紹介している育毛剤ランキングは以下の投稿を参照ください。

 

育毛剤ランキング

 

 

生え際とつむじのagaのきっかけ

イクオスがAGA抑制に成果があるのかの理由を知るためにも、そもそもAGAのきっかけについて手軽に紹介します。

 

自分がなぜAGAになったのか思い当たらないという人は読んでみてください。

 

AGAは男性ホルモンテストステロンに脱毛酵素である5αリダクターゼが結びつき、パワーアップした男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」が生成される事がきっかけです。

 

この強力な男性ホルモンのジヒドロテストステロンが、毛乳頭にある男性ホルモンの受け皿である男性ホルモン受容体(DHT受容体)と結びつきます。

 

そして、脱毛信号を発信し、髪を伸ばす進化期の毛母細胞に栄養を阻害させ髪が伸びるのを終わらせてしまい髪が抜けるのを早めてしまいます。

 

いつものヘアサイクルだと髪が伸びる期間は、6年程度あるものが、AGAの脱毛作用によってヘアサイクルが大幅に短くなる事により、抜け毛の量にそれに対し毛髪の伸びが追い付かず、どんどん薄毛の症状が進行していくわけです。

 

このAGAの抜け毛のきっかけとなる毛乳頭の男性ホルモン受容体は、M字と頭頂部にしか影響しません。

 

つまり、AGAの症状が出るのはM字と頭頂部のみという事になります。

 

イクオスのM字ハゲへの育毛成果については以下のページを参照ください。

 

育毛剤イクオスのM字(前頭部)への効果

 

 

agaクリニックのaga治療薬による治療法

AGAクリニックで行われるAGAの治療法の論理は簡単です。

 

AGA治療薬の発毛成分フィナステリドによって男性ホルモンテストステロンと合体する5αリダクターゼの生成を食い止める事で、AGAのきっかけ物質であるジヒドロテストステロンの生成を防ぎます。

 

実際、成長期の髪への栄養を阻害していたジヒドロテストステロンがフィナステリドの発毛成果により抑えられ脱毛抑制成果を発揮し、現在ある毛髪に栄養が行き渡り太く強い髪を作ります。

 

同時並行で、AGA治療薬の塗り薬ミノキシジルで頭皮の血行促進を促し、いままで男性ホルモンによって栄養補給を阻害されていた毛母細胞に血液をたくさん送り込み、産毛だった細い毛を強く太くさせていきます。

 

つまり、AGA治療薬では、脱毛のきっかけであるジヒドロテストステロンの生成となる5αリダクターゼをいかに抑え、頭皮の血行を促進させる事で現在ある髪に栄養を与え強く太くさせていく事が大事となるんです。

 

ただ、AGA治療薬による治療は、男性ホルモンを医薬品によって押し止めるため性欲減退などの強い副作用が出る事があります。

 

AGA対策として医薬品を使用するのを迷う人がいるのは、この副作用が強いためです。

 

AGA治療薬のフィナステリドとミノキシジルの詳しい副作用については以下のページに詳細に整理してあるので参照ください。

 

育毛薬のプロペシア育毛剤に内蔵される「ミノキシジル」にはどんな副作用があるのか?

 

育毛剤イクオスには、AGA治療薬のフィナステリドやミノキシジル成分配合育毛剤のような育毛成果を担いながら、副作用のない配合成分となっているためAGAの改善に影響があるんです。

 

トップへ戻る