agaが薄毛の原因だった時のハゲ方と対策方法

agaが薄毛の原因だった時のハゲ方と対策方法

抜け毛や薄毛が気になった時に最初に見極めするのが、自身の薄毛のきっかけはAGAか如何にかです。

 

理由を言えば、AGAがきっかけの薄毛であれば、もうに男性ホルモンに働きかける治療が不可欠になるからです。

 

この投稿では、agaの人に多々あるポイント的なハゲ方と、自身の薄毛がagaだった事例の対策手法について細かいところまで紹介します。

 

・自身の薄毛が男性特有のAGAなのか?・AGAであれば抜け毛や薄毛に対してどのような対策手段を取ればいいのか?目次自らの薄毛のきっかけがAGAなのか如何にかの区別方AGAが薄毛を進行させるきっかけ薄毛のきっかけがAGAなら何がきっかけで発症した?薄毛のきっかけがAGAなら如何なる治療法がいいのか?薄毛のきっかけがagaだったケースの対策テクニック整理自身の薄毛のきっかけがAGAなのか如何にかの区別方青年期の成人男性が薄毛になるケース、進行性の男性型脱毛症、通称「AGA」と呼ばれる症状がその90%以上を占めています。

 

AGAか如何にかはハゲかたの形と脱毛部の形からセルフ参考にできます。

 

AGAの事例、ハゲ方の形にポイントがあります。

 

頭頂部がはげるてっぺんハゲ、生え際からこめかみに向かってはげていったりうぶ毛化していくM字ハゲというのが代表的なハゲ方になります。

 

さらに、抜けた毛に健康なヘアーにある毛根という白い粒のようなところが影響しない事があります。

 

万が一、毛髪がM字ところや頭頂部ところ以外で円形に抜けてしまった事例は円形脱毛症の見込みが高いです。

 

円形脱毛症は自身では治療できないため、皮膚科や病院などの医療機構でドクターから診察してもらうようにしてください。

 

円形脱毛症のきっかけと対処法については、以下の文章に詳細に整理たので引っかかる人はポイントに参照ください。

 

円形脱毛症の事例そして、女の時もFAGA(女子男性型脱毛症)を発症した事例、M字ところと頭頂部の薄毛が進行していきます。

 

それ以外の事例は、概要的に髪が薄くなるびまん性脱毛症(瀰漫性脱毛症)が多々あるので直ちにに決断可能なはずです。

 

万が一、女で薄毛に悩んでいる人でAGAだった時は、以下のテキストに詳しい対策メソッドが紹介してあるので参照ください。

 

fagaへの育毛剤の成果▲目次に戻るAGAが薄毛を進行させるきっかけAGAは、体内のホルモンバランスが乱れ男性ホルモンの活性化がきっかけになって現れてします。

 

男性ホルモンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつきDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されます。

 

DHTは毛包にありヘアーをつくる毛母細胞に栄養を供給する役割を持つ毛乳頭細胞と組み合わせします。

 

DHTと毛乳頭細胞が組み合わせすると、毛乳頭細胞の栄養供給の働きが阻害され、毛母細胞でのヘアーの生成も進まなくなります。

 

毛母細胞の活動が鈍ると、ヘアサイクル(毛周期)の進化期が短くなるためその分、髪も抜けるペースが早くなるわけです。

 

その結果、薄毛が進行していくというのがAGAの症状になります。

 

AGAは進行性なので、育毛剤などで男性ホルモンを食い止めるような対策が必須詳細にはこの文章の「薄毛のきっかけがAGAならどういった治療法がいいのか?」を参照ください。

 

▲目次に戻る薄毛のきっかけがAGAなら何がきっかけで発症した?自らの薄毛の症状が、額のM字ところとつむじところから進行していくAGAだったケース、以下のようなきっかけが考慮しられます。

 

・遺伝・暮らし習性がAGAを引き起こすAGAを引き起こしたきっかけがわかれば、対策する事ができるです。

 

一つずつ突っ込んで紹介していきます。

 

遺伝AGAのきっかけの脱毛ホルモンDHTが毛乳頭細胞と組み合わせする時、毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)という部位と繋ぎ合わせし、毛根を攻撃する事で脱毛します。

 

アンドロゲンレセプターがどれほどDHTと組み合わせしやすい(感受性が高い)かというのはその人の体質によって変わってきます。

 

アンドロゲンレセプターがDHTと組み合わせしやすければしやすいほど、その人は薄毛になりやすい体質になります。

 

アンドロゲンレセプターがどれほどDHTと繋ぎ合わせしやすいかは遺伝的要素が強く結びつきしています。

 

親戚にM字ハゲやてっぺんハゲといったようなAGA特有のハゲ方をしている人が多々あるケースは要用心。

 

貴方自分も薄毛になりやすい体質を受け継いでいる確率があります。

 

しかも、アンドロゲンレセプターについては母親から遺伝する遺伝子のX染色体にその情報が記録されていると言われています。

 

したがって、母方の祖父やおじなどがAGAを発症しているケース、薄毛になりやすい体質を受け継いでいる確率が高いと言えます。

 

今の時代では、AGAの専門外来で自らが薄毛になりやすい体質か如何にかの遺伝子検査が行えます。

 

父母から男性ホルモン受容体遺伝子を遺伝しているかが検査によってわかるので、今後のためや自らの体質を知りたい人はイチ押し可能なテクニックです。

 

遺伝子検査でハゲやすいかがわかるもし、いまAGAを発症しているのであれば、薄毛になりやすい体質を遺伝している見込みが高いです。

 

早めに育毛剤等で対策をする不可欠があります。

 

克明にはこのテキスト内の「薄毛のきっかけがAGAならどのような治療法がいいのか?」を参照ください。

 

▲目次に戻る暮らし習性がAGAを引き起こす暮らし習性の悪化が男性ホルモンの増加を招いて、AGA発症の引き金になったり、血行不良などを引き起こして、AGAの症状を悪化させる場合もあります。

 

例を挙げると、食生活の乱れはその代表になります。

 

外食などが増えると、肉料理などの食事を食べる機会が増える事になります。

 

ただ、肉類は男性ホルモンの分泌を促進する働きがあります。

 

これにより、AGAによる薄毛を引き起こす引き金になる時もあります。

 

他にも、飲酒によってアルコールを過剰に摂取すると、体内に入ったアルコールを分解するためにアミノ酸を大量に支出する事になります。

 

アミノ酸はヘアーのもとになるケラチンという成分を生成するのになくてはならない栄養素であり、飲酒の影響でヘアーの生成がうまく進まなくなる事もあります。

 

加えて、喫煙もAGAを引き起こす見込みがある悪習性の一つになります。

 

ハーバード大学公衆衛生学部の質問によって、喫煙をする事により、DHTの分泌が約13%増加する事が分かっています。

 

最後にストレスと睡眠不足の影響です。

 

ストレスが体にたまると、自律神経が乱れ体の緊張様子を引き起こし、血管が収縮します。

 

これにより、頭皮の血流が悪化します。

 

睡眠はレベルアップホルモンで髪を発展させるだけでなく、ストレスを決着する役割も担っています。

 

そのような睡眠が短くなったり、ストレスによって頭皮の血行が悪化してしまうと、毛母細胞への栄養供給が進まなくなり、AGAの症状をより悪化させる結果になります。

 

このように暮らし習性を改善する事は、大いに薄毛の改善に役立ちます。

 

▲目次に戻る薄毛のきっかけがAGAなら如何なる治療法がいいのか?AGAの治療法には大きく分類て我が家での治療と病院での治療の2つがあります。

 

AGAの治療には、症状の進行が初期の人は我が家での育毛剤、症状がかなり進行していて頭髪が減り頭皮が透けて見えてしまっているような人は、病院での治療がイチ押しです。

 

以下で、一つずつ詳細に紹介していきます。

 

我が家で可能なAGAの治療法AGAによる薄毛症状を発症した事例、AGA対策の進め方として最初に考慮しられるのは我が家で自身本人の手でAGA対策を行っていくという治療テクニックになります。

 

AGAによる薄毛症状が進行していない段階であれば、自ら本人で対策するだけでもAGAによる薄毛を改善する事ができます。

 

市販の育毛剤我が家でAGA治療を行っていくケース、普通には市販の育毛剤を用いて治療を行っていく事になります。

 

このときに意識やりたいのは使用する育毛剤に男性ホルモン抑制影響のある育毛成分が配合されているか如何にかという事です。

 

AGAという薄毛症状は繰り返し述べてきたように、男性ホルモンの活性化によって生成されるDHTがその根本的なきっかけになっています。

 

したがって、男性ホルモンを食い止める事でしか、AGAの治療影響を見込みする事は出来ません。

 

ただ、市販の育毛剤で、男性ホルモン抑制影響のある成分を配合したアイテムとなると限定しれてきます。

 

このような男性ホルモンの抑制成果のある育毛成分の代表例としてはキャピキシル、オウゴンエキス、ノコギリヤシといった育毛成分の名前を挙げる事が出来ます。

 

これらの育毛成分は市販の育毛剤にも内蔵されている成分であり、いずれも男性ホルモンを抑制する成果がある育毛成分になります。

 

しかも、ヒオウギエキスのような女子ホルモンと似た働きを持つ成分によって男性ホルモンの働きを相対的に弱める目的の成分もあります。

 

AGA治療のための育毛剤を選りすぐる事例には、こうした育毛成分が配合されているか如何にかを充分にと参考にするようにしましょう。

 

AGA以外にも頭皮の血行を促進して髪を太くしたり、頭皮の炎症を抑えたりも可能な総合力の高い育毛剤の使用がベストです。

 

以下のテキストで、男性ホルモン抑制成果の高い育毛剤が順位でわかります。

 

ポイントに参照ください。

 

AGAへの育毛剤順位▲目次に戻るAGA治療薬の個人輸入市販の育毛剤を使用するのが、我が家でAGA治療を行うときの元です。

 

ただ、それ以外の我が家治療の選択の余地としては後で延べするAGAクリニックを受診したときに処方されるミノキシジルタブレットやプロペシアといったAGA治療薬を外国から取り寄せて、それを使って治療を行っていくという対策テクニックもあります。

 

ただし、これらのAGA治療薬は発毛成果が高い代わりに副作用がある事も分かっており、外国から個人輸入するケース、あくまでも自己責務で危険性を負って活用する事になります。

 

外国から個人輸入をするときの危険性としては、最初に粗悪品のAGA治療薬が送られてくるといったものが考慮しられます。

 

そして、いつもであれば、AGA治療薬による副作用が出た時、その救済をはかるための「医薬品副作用トラブル救済ルール」というシステムを活用する事ができます。

 

「医薬品副作用トラブル救済仕組み」を使用すると、AGA治療薬の副作用によって治療が不可欠になった時には医療費、障害が残った時には障害年金、死亡してしまった事例には遺族年金等が支給される事になります。

 

ただし、個人輸入はあくまでも自己責務で医薬品を活用する事になるため、副作用で後遺症などが残ったとしても、この「医薬品副作用トラブル救済仕組み」を使用する事は出来なくなります。

 

それにより、必ずにAGA治療薬の個人輸入はベストチョイスしません。

 

AGAの症状が初期で我が家での治療を要望する時は、育毛剤を使用しましょう。

 

AGAへの育毛剤順位▲目次に戻る暮らし習性の改善暮らし習性の悪化もAGAの発症や悪化につながるため、その改善もAGA治療では意識する必須があります。

 

普段暮らしの改善で真っ先に心がけるべきは喫煙・過剰な飲酒といったようなAGA治療にとってマイナスとなる習性をやめる事です。

 

他にも、食生活において男性ホルモンを抑制する成果のある大豆イソフラボンを含んだ大豆製品を採りいれたり、運動をしてストレスを解決する事もAGA対策につながります。

 

ストレスを感じると体が緊張様子になり、それが頭皮の血行悪化を引き起こし、AGAによる薄毛症状がより進行する事につながります。

 

このところの若者に多々あるスマートフォンなどの液晶画面の見過ぎによる眼精疲労も頭皮の血行不良のきっかけだと言われています。

 

AGAと直接的に関連があるわけではないのですが、使用しているシャンプーを変えるのも頭皮トラブルをなくす頭皮環境改善とヘアケアに役立つ育毛対策だといえます。

 

AGAの発症に加えて頭皮環境が乱れている人は、頭皮に優しい育毛シャンプーを使用する事で頭皮環境を改善する事ができるです。

 

育毛シャンプーの選び方は以下の文章を参照ください。

 

育毛シャンプーの選び方▲目次に戻る病院で可能なAGAの治療法我が家で育毛剤を使用したり、暮らし環境を変更したりと自身自分でAGA対策を行うのはナンバーワン楽々な防止手段です。

 

ただし、AGAの症状が進行してしまったケースについては、我が家で自ら本人でAGA対策を行うのには限界が出てきます。

 

このケース、以下のようなAGA治療を専門で行うAGA専門クリニックのような病院を受診して本格的なAGA治療を受ける事をベストチョイスします。

 

・メソセラピー・HARG・植毛・AGA治療薬(フィナステリド、ミノキシジル)一つずつ紹介していきます。

 

メソセラピーAGAクリニックでしか受ける事の出来ないAGA治療の代表としてメソセラピーがあります。

 

メソセラピーは後で延べするフィナステリドやミノキシジルといったAGA治療薬の成分・ヘアーを生成するのに必須なビタミン類・頭皮環境を整えるためのヒアルロン酸といった成分を直接頭皮に注射で注入する治療法です。

 

育毛剤という形ではなく、頭皮に直接注入する事で育毛成分が深く毛母細胞まで定着し、より高い育毛成果を望みする事が出来ます。

 

メソセラピーを使用した体験投稿は以下を参照ください。

 

AGAクリニックの評判メソセラピーが行えてイチ押しのAGAクリニックは、以下の銀座総合美容クリニックが推奨です。

 

銀座クリニックの公式Webページを見定めする▲目次に戻るHARG頭皮注射を行う治療法には育毛メソセラピーだけでなく、HARGという治療法もあります。

 

HARGでは、HARGカクテルと呼ばれる成分を頭皮に注入する事になります。

 

HARGカクテルはランクアップ因子・ヘアーを生成するために必須なビタミン類などから構成されています。

 

進化因子はタンパク質の一種で、いくつもの種類があり、毛母細胞の細胞・血管をつくる細胞など育毛に欠かす事のできない細胞の細胞分裂を促進する働きを持っています。

 

HARG治療について細かいところまで知りたい人は以下の投稿を参照ください。

 

harg療法HARG治療を行っている治療院でベストチョイスは以下のクリニックです。

 

→HARG治療センター公式Webページはコチラ▲目次に戻る植毛自毛植毛は後頭部や側頭部から頭頂部や生え際などにヘアーを移植するというAGA治療法になります。

 

後頭部や側頭部のヘアーの毛乳頭細胞には上述したアンドロゲンレセプターが影響していません。

 

したがって、DHTの影響を受ける事も無いため、AGAが進行した人でも後頭部や側頭部にはヘアーが残っている時が全くです。

 

後頭部や側頭部から頭頂部や生え際のようなAGAの影響を受けやすい部位にヘアーを移植してやる事で、AGA治療を進めていくのが植毛になります。

 

加えて、自身の残っている髪に人工毛を結び付けて増毛させる手段もあります。

 

植毛と増毛含めて、悪い面が大きいためこのWebページであまり進めていないAGA治療法となります。

 

増毛、植毛の良い面、悪い面をちゃんとと把握したうえで治療を決めるようにしてください。

 

突き詰めては以下の投稿を参照ください。

 

植毛増毛▲目次に戻るAGA治療薬AGAの専門クリニックでの治療手法は、日本皮膚科学会が定めた男性型脱毛症診療ガイドラインでも評価の高いプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルの2種類での投薬になります。

 

フィナステリドAGAクリニックを受診してAGA治療を行うケース、普通な治療はAGA治療薬を処方する投薬治療になります。

 

その場合に処方されるAGA治療薬として代表的なものがプロペシアという治療薬になります。

 

このプロペシアはフィナステリドという成分から作られています。

 

フィナステリドは男性ホルモンの抑制に優れた成果を発揮する事が分かっており、AGA治療においては欠かす事のできない治療薬になります。

 

フィナステリドの詳しい発毛影響や副作用は以下の投稿を参照ください。

 

育毛薬のプロペシア▲目次に戻るミノキシジルAGAクリニックで処方されるAGA治療薬としてはミノキシジルタブレットというものを挙げる事が出来ます。

 

このミノキシジルタブレットはその名の通り錠剤タイプのミノキシジルで、AGAクリニックでのみ処方されます。

 

ただ、市販の育毛剤にもリキッドタイプのミノキシジルを配合しているものは影響します。

 

ミノキシジルには頭皮の血行促進成果がある事が分かっており、血行を促進する事で、優れた育毛影響を見込みできます。

 

塗るタイプのミノキシジル配合育毛剤リアップは以下の文章で克明に紹介してあります。

 

発毛剤リアップX5加味の評判と影響飲むタイプのミノキシジルタブレットについての発毛成果と副作用は以下を参照ください。

 

育毛剤に内蔵される「ミノキシジル」にはどれほどの副作用があるのか?▲目次に戻る薄毛のきっかけがagaだったケースの対策メソッド整理AGA治療を考慮していく事例、治療に伴う副作用とどれだけの支出を許容可能なかという経済状況を踏まえて、自身に最適な手法をピックアップする必須があります。

 

例を挙げると、AGAの進行具合が初期の段階であれば、費用も安い市販の育毛剤でも十分に育毛影響が見込み可能なため、市販の育毛剤を活用するのが良いでしょう。

 

ただ、問題はAGAの症状が進行しているケースです。

 

この時、AGA治療において最も影響的な手段を思案するなら、副作用はあるが発毛成果の高いAGAクリニックを受診するのが良いでしょう。

 

AGAクリニックで実のところに行った発毛治療中身の評判は以下のテキストを参照ください。

 

AGAクリニックの評判しかし、AGAクリニックでの治療は出費面の負担が大きいものも多く、AGAクリニックの治療の中でもわりとコスト負担が小さい投薬治療で用いられるフィナステリドやミノキシジルにも精力減退・頭痛といったような副作用が報告されています。

 

したがって、必然的にAGA治療による副作用が悩ましいな人は、時は必要になる事を決心の上で市販の育毛剤での治療を選択するのも良いでしょう。

 

当Webページで使ってみた育毛剤をどれが最上いいのかを以下のページに整理た順位があります。

 

AGAへの育毛剤順位▲目次に戻る。

 

トップへ戻る