薄毛の原因の治療

薄毛が進行してくると、なんとなく自らの中でストレスがきっかけだろうなどとあたりはつくものの、明確とはわからないのが正直なところですよね。

 

自身の薄毛のきっかけを正しく理解し、治療テクニックを明確させたいのが本心ですよね。

 

そんな訳で、この文章では自らの気づかなかった男性と女子の薄毛のきっかけまでをちゃんとと理解し、自らで可能な薄毛の対策メソッドや病院での治療手段を克明にお伝えします。

 

薄毛は早く治療を行えば行うほど、成果が表れやすくなります。

 

早めに薄毛のきっかけを知り、対策を立て定期的鏡の前で落ち込む暮らしから解放されましょう。

 

目次男性の薄毛のきっかけストレスがきっかけの薄毛遺伝がきっかけの薄毛AGAがきっかけの薄毛食生活がきっかけの薄毛睡眠不足がきっかけの薄毛円形脱毛症の薄毛のきっかけと治療法牽引性脱毛症の症状ときっかけ女の薄毛のきっかけと治療びまん性脱毛症のきっかけFAGAのきっかけ薄毛の治療メソッド育毛剤による治療法HARG療法AGAクリニック育毛シャンプーを使用する男性の薄毛のきっかけ薄毛の治療法を紹介する前に、男性の薄毛のきっかけについてみていきます。

 

男性の薄毛のきっかけは以下の7つあります。

 

・ストレス・遺伝・男性ホルモンによるAGA・食生活の乱れ・睡眠不足・円形脱毛症・牽引性脱毛症一つずつ克明に見ていきましょう。

 

ストレスがきっかけの薄毛ストレスが髪に与える悪影響は以下の2つです。

 

・ストレスによる体へのダメージを守るために、髪の原料となる亜鉛が支出される・ストレスが全身の血行を悪化させ髪に栄養を行き渡りにくくする亜鉛は髪を生み出すタンパク質を合成する役割と、AGAのきっかけ物質の男性ホルモンを食い止める必須な2つの役割を持っています。

 

過度なストレスを体が感じると、ボディーを守るために体内の亜鉛を支出してしまいます。

 

これにより、髪の栄養不足と、AGAを防ぐ力が弱まってしまうというわけです。

 

そして、ストレスは全身の血管を収縮させ、血流悪化のきっかけとなります。

 

血液の栄養から髪を作っているため、全身の血行が悪くなる事は髪の生成にも影響する事を解釈します。

 

業務などのストレスをゼロにする事は厄介なですが、日ごろからなるべくストレス決着する事が大事です。

 

業務でのストレスがきっかけの抜け毛に悩んでいて、きっかけや改善、対策法を克明に知りたい方は以下のページを参照ください。

 

ストレスによる抜け毛のきっかけと育毛剤の成果他にも、普段暮らしでストレスを決着するのと併せて余裕に可能な対策法として育毛剤の使用があります。

 

直ちにに対策手段を知りたい人はこの投稿内の「育毛剤による治療法」を参照ください。

 

▲目次に戻る頭皮環境の悪化がきっかけの薄毛睡眠不足や食生活、間違ったシャンプー技術などによって暮らし習性が乱れる事によって、頭皮環境が悪化し、薄毛のきっかけとなる事もあります。

 

頭皮環境が悪化し、フケやかゆみなどの炎症が頭皮に起こると、髪が頭皮に根付きにくくなるばかりか、パフォーマンスよく毛根に栄養を供給する事ができなくなり、太く強い髪が育ちにくくなってしまいます。

 

特に脂っぽい食べ物を好んでいたり、洗浄力の強いシャンプーで頭皮の皮脂を落としすぎてしまっている事例、大量のフケやかゆみを伴う脂漏性皮膚炎を発症する事もあります。

 

これらの頭皮環境の悪化は、強い髪を育てるためにも直ちにに改善させる不可欠があります。

 

過度のフケやかゆみを発症する脂漏性皮膚炎の症状と治療法について突き詰めては、以下の文章を参照ください。

 

リンク▲目次に戻る遺伝がきっかけの薄毛男性の時、男性ホルモンがきっかけで抜け毛が増加したり毛量が減ったりしてしまい、頭髪が育ちにくくなる事があります。

 

遺伝子の中にある男性ホルモンの情報を受け取る受容体「アンドロゲンレセプター」の影響が、男性ホルモンがきっかけの薄毛になりやすいか如何にかを決めています。

 

このアンドロゲンレセプターは、毛根の中にある毛乳頭というところに影響し、男性ホルモンの情報を受け取り体内の活動に生かす装置なのですが、アンドロゲンレセプターの感受性が強いと男性ホルモンがきっかけの薄毛(AGA)になりやすくなります。

 

アンドロゲンレセプターが遺伝で伝わるときの遺伝子は「AR遺伝子」と呼ばれ、X染色体から遺伝します。

 

男性の遺伝子配列はXYで、父からY染色体、母からX染色体を受け継ぐので、母のX染色体にあるAR遺伝子が遺伝する事になります。

 

母のX染色体は、その母の父から受け継ぐものなので、母方の祖父のAR遺伝子の情報が受け継がれるという事になります。

 

このアンドロゲンレセプターの情報は、薄毛の治療法にも応用され、AGAクリニックでの検査によってAR遺伝子の情報を調査し、男性ホルモンの感受性が強いか如何にか見極め、男性ホルモン抑制作用のあるAGA治療薬「プロペシア」による治療影響が出やすいか如何にか決断する事ができます。

 

専門外来AGAクリニックでの遺伝子検査に関しては以下のページを参照ください。

 

遺伝子検査でハゲやすいかがわかる遺伝による薄毛は、AGAクリニックに通院し投薬治療を受ける手段や育毛剤で住処ケアするメソッドなどで阻止や対策できますので、副作用の危険性や予算を考慮して決めましょう。

 

育毛剤による治療法AGAクリニック▲目次に戻るAGAがきっかけの薄毛薄毛やAGAのきっかけである男性ホルモンは、男性ホルモンが増える事で頭皮の皮脂を過剰に分泌させたり、脱毛を引き起こす酵素と結びつきやすくなる事で薄毛を誘発するという仕組みになっています。

 

AGAによる薄毛の症状は、頭頂部(つむじハゲ)とM字(前頭部はげ)から薄毛が進行していくというもち味があります。

 

万が一、今頃抜け毛が増加しだしてM字ところやつむじところの薄毛が際立つようになってきたら、真っ先に男性ホルモンによるagaを疑うべきでしょう。

 

頭頂部はげとM字はげのきっかけは、各々異なるので突っ込んでは以下のページを参照ください。

 

前頭部の薄毛のきっかけ男性の頭頂部の薄毛のきっかけ男性ホルモンは、5αリダクターゼという酵素と結びつく事でDHT(ジヒドロテストロン)という物質に変化します。

 

髪は毛母細胞が細胞分裂する事で発展しているのですが、DHTにはこの毛母細胞の細胞分裂を減少させる働きがあるので、髪をランクアップさせにくくし異常脱毛を引き起こしてしまいます。

 

agaによるM字ハゲとつむじハゲを治療するには、抜け毛のきっかけとなる男性ホルモンをセーブするしかないのです。

 

男性ホルモンがきっかけの薄毛は、皮膚科やAGAクリニックに通院して血液検査を通して専門的な施術や投薬治療を受けたり、住処ケアで育毛剤を使用する事で防止や改善させる治療法があります。

 

育毛剤による治療法AGAクリニック▲目次に戻る食生活がきっかけの薄毛髪へ発送られる栄養は、毛細血管を通って毛根まで発送られ髪の進化に使われます。

 

けれども、食事から摂取した栄養は生命維持に不可欠な器官へ先に発送られるようになっており、末端器官である頭髪まで行き渡る栄養は少量なので、不規則な食生活で栄養が不十分だと髪がレベルアップしにくくなります。

 

育毛のために不可欠な栄養としては、髪を構成するタンパク質と、髪の生成をバックアップする亜鉛の他、男性ホルモンに抗うための栄養が挙げられます。

 

タンパク質は、肉・魚や大豆、亜鉛は牡蠣やレバーなどに内蔵されています。

 

そして、M字ハゲとつむじハゲに悩んでいる人は男性ホルモンがきっかけのAGAになります。

 

男性ホルモンと拮抗する作用のある栄養としては、大豆に内蔵されるイソフラボンや大抵サプリメントで摂取可能なノコギリヤシなどが挙げられます。

 

以上のような栄養を積極的に摂取する事で、脱毛を阻止し髪が伸びるしやすくなります。

 

発毛を促すためには、そもそも髪へ行き渡る栄養が少ない事を考慮して食生活の乱れを正常に戻してあげる事が大事です。

 

抜け毛が急激に増えるとともに、生え際とつむじの薄毛がきわだってきた人は、食生活を整えるだけでは心細いです。

 

食生活の改善とともに、育毛剤やAGAクリニックでの薄毛治療も並行して行う事をイチ押しします。

 

細かいところまでは「薄毛の治療メソッド」を参照ください。

 

▲目次に戻る睡眠不足がきっかけの薄毛睡眠中は脳や体の疲れを取る時なので、睡眠時が少なくなればストレスの回復が遅くなり、慢性的にストレスステータスになってしまいます。

 

ストレスを受けるとホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが増加しやすくなるので男性ホルモンがきっかけの薄毛になりやすくなります。

 

人間は、活発に活動している状況の交感神経と憩い様子の副交感神経の2つの神経を持っていますが、睡眠不足になるといつも交感神経優位のステータスになります。

 

交感神経が優位になると血管が収縮し、頭皮の血流が悪化しやすくなる事で頭皮へ運ばれる栄養も少なくなるので、髪が発展しにくくなってしまいます。

 

睡眠がきっかけの薄毛を改善するには、6?7時の睡眠をとる事と、早めの寝る時を守る事が必須になってきます。

 

特に、22時から2時の間は新陳代謝が促され、伸びるホルモンが分泌されやすくなる時帯なので、薄毛改善のためには業務が忙しくても、なるべくこの時帯に睡眠をとるようにしましょう。

 

▲目次に戻る円形脱毛症の薄毛のきっかけと治療法円形脱毛症はストレスにより血管が収縮し頭部が血行不良になる事、アレルギー反応や遺伝的要因等により免疫細胞に異常が起こり毛母細胞を異常細胞と勘違いして攻撃する事がきっかけで髪のランクアップが休止し、局所的に脱毛する脱毛症です。

 

10円はげとも言われる円形脱毛症は症状が軽い時は自然に治る事もありますが、病院で診察を受け治療をするのが一般的です。

 

円形脱毛症の治療で最も有効だと言われているのが毛根を攻撃する免疫働きに働きかけ炎症を食い止めるステロイドという治療薬を使用するテクニックで、患部に塗布したり頭皮に注射したり点滴を打ったりして使用します。

 

この他にも患部に紫外線を照射する紫外線療法、患部に液体窒素を当てるドライアイス療法などで毛母細胞に刺激を与え、発毛を促す治療テクニックもあります。

 

円形脱毛症の治療薬としてはステロイドの他、外用薬の抗アレルギー剤やリンデロン、内服薬のセラファンチなどがあります。

 

克明には以下の文章を参照ください。

 

円形脱毛症への育毛剤の影響▲目次に戻る牽引性脱毛症の症状ときっかけ牽引制脱毛症とは、髪を結んだりエクステなどを髪に編込み長時間、ヘアーを引っ張ったり、くしで梳かす時に強い力で無理やり梳かしたり、いつも同じ分け目や髪型でいたりする事で毛根と頭皮の地肌がダメージを受け発症する脱毛症です。

 

長期的に強い力で髪を引っ張っていると不可欠以上に毛根に負荷が掛かり、毛根組織の損傷や頭皮の血行不良が起こるため毛根に栄養が行き渡りにくくなり、髪が発展しづらい状況になる事で脱毛します。

 

他にも、いつも同じ分け目でいる事で、いつも露出されている地肌のところが紫外線や外気のダメージを受け、頭皮が乾かすしたり老化したり頭皮環境が悪化する事も牽引性脱毛症のきっかけの一つと言われています。

 

牽引制脱毛症を改善するには、初めに現在までの髪型を見直す事からスタート出来ましょう。

 

髪をしばっていた人は髪を下ろしたり、エクステや編込みなど頭皮と毛根に負荷が必要になる髪型を止めたり、いつも同じ分け目だった人は分け目を変更し地肌が見えるところをすり合わせし、抜け毛を防止しましょう。

 

そして、頭皮に負荷を与えた事で弱ってしまった毛根を再び進化させるために、育毛剤を使用して頭皮の血行促進と毛根やヘアーに必須な栄養補給をするのもベストチョイスです。

 

育毛剤による治療法▲目次に戻る女子の薄毛のきっかけと治療女の薄毛のきっかけと治療法について細かいところまで見ていきます。

 

びまん性脱毛症のきっかけびまん性脱毛症は、男性の薄毛やAGAのように額やつむじなど部分が明確ハゲてしまうのではなく、総体的に髪が薄くなり、わりとゆるやかに進行する脱毛症です。

 

びまん性脱毛症は、不規則な暮らし、ストレス、加齢等によって女ホルモンが減少する事きっかけとなって発症する事が多く、俗に男性より女子の方が発症しやすいと言われています。

 

男性ホルモンの影響は額やつむじ当たりに現れる脱毛パターンになりますが、女子ホルモンの影響は、頭部総体にまばらに現れるため、伸びるが止まって抜けやすくなった毛がまばらに広がる事で全て的に薄くなっていきます。

 

女子ホルモンがきっかけの薄毛以外にも、怪我や手術などによる多量出血や極端な食事制限、激しいストレス等により髪のレベルアップがすぐに休止し脱毛する急性休止期脱毛症もびまん性脱毛症に分類されます。

 

▲目次に戻るびまん性脱毛症の治療メソッドびまん性脱毛症は女ホルモンの減少は無論、不規則な食生活や睡眠といった暮らし習性がきっかけで発症する脱毛症でもあり、規則正しい暮らしをしていた事で自然治癒する事もあるほど、わりと治療しやすい脱毛症です。

 

それ故、暮らし習性を改善したり、自身で可能な範囲の頭皮ケアをして改善していくのがびまん性脱毛症の適切な治療法と言えます。

 

特にスタート出来やすく続けやすいイチ押しの治療法は、頭皮環境を整え、毛根に育毛成分を発送てくれる育毛剤を使用して充分にヘアケアをする事です。

 

急性休止期脱毛症の事例は、栄養を十分に摂って安静にしていれば、約3?4ヶ月後に回復する事が多々あるです。

 

▲目次に戻るFAGAのきっかけ男性の薄毛、AGAは男性ホルモンがきっかけですが、女男性型脱毛症、FAGAは女子ホルモンがきっかけで発症する脱毛症です。

 

FAGAは、女子特有の行動により起こる事が多く、極端なダイエットによる栄養不足で頭皮まで栄養が行き渡らない事で発症したり、女子ホルモンに作用するピル(経口避妊薬)を摂取していたのを突然取り止めする事で発症したりします。

 

しかも、男性と同じくに、睡眠不足、慢性的なストレスなどによって自律神経が乱れる事でホルモンバランスが乱れる事により女子ホルモンが減少し発症します。

 

その上、女子ホルモンは30代から減少しやすくなるため30代移行の女子に発症率が高く、特に更年期に突入し女子ホルモンの量がそして減少する事でFAGAが発症しやすくなります。

 

女ホルモンにはヘアサイクルのうち「レベルアップ期」という髪が育っている期間を長期に渡ってする作用があるので、女子ホルモンの減少により薄毛が進行してしまいます。

 

▲目次に戻るFAGA(女男性型脱毛症)の治療テクニックFAGAは、初期段階であれば栄養バランスのとれた食生活や睡眠などの暮らし習性の改善によって対策できます。

 

薄毛が進行してしまったケースは、頭皮環境を悪くしないように心がけ、できるであれば育毛剤を使用し、改善が見られなければ内服薬の使用や頭髪専門クリニックで施術を受ける事を思いめぐらす という対策テクニックが普通な治療の流れです。

 

FAGAの治療薬としては、外用薬(育毛剤)では、血流促進で発毛を促すミノキシジルを配合したロゲインやリアップレディー、発毛影響のある天然成分を配合した抜け毛対策に影響的なマイナチュレなどの市販の育毛剤が知られています。

 

マイナチュレの公式Webページを見る女用ヘアケア剤マイナチュレのFAGAへの詳しい成果については以下のページを参照ください。

 

マイナチュレの評判一方内服薬では、アミノ酸、ビタミンB群など発毛成果のある成分を凝縮したパントガールがあります。

 

育毛剤パントガール以上のような治療薬を使ってFAGA(女男性型脱毛症)がきっかけの薄毛を治療するのが最も一般的な治療法です。

 

今頃では東京、大阪、福岡などの主要都市にヘアメディカルや東京ビューティークリニックなどのような女の薄毛専門クリニックも開院されています。

 

女子用育毛剤でも改善しない時は以下のヘアメディカルのような女専門クリニックで予約し診察してもらいましょう。

 

頭髪の問題など薄毛についての質問や治療手法についても気楽に折衝可能なフリー心理コンサルティングもあります。

 

ヘアメディカル▲目次に戻る薄毛の治療手段育毛剤による治療法育毛剤は、頭皮環境を整える、血行を促進する、男性ホルモンを抑制する、頭皮や毛根に不可欠な栄養を補給する、といった働きで脱毛減少と発毛促進をバックアップします。

 

育毛剤は、医者から処方してもらう医薬品もあれば、カタログ販売Webページなどで手軽に調達可能な化粧品の分類になるスカルプローションもあり種類が豊富な事、俗に薄毛の治療の中ではわりと安価に治療可能な技術である事から、多くの人が実践しやすい薄毛の治療法でもあります。

 

時や総額の制限やAGAクリニックに通うのが難しかったり、暮らし習性の改善が出来ない人でも定期的続けられるのも育毛剤のトレードマークです。

 

薄毛が気になったら、初めに育毛剤でセルフケアを着手するのがイチ押しです。

 

当Webページで使用してみた育毛剤を以下のページに順位にしています。

 

育毛剤選択しのポイントにしてください。

 

育毛剤順位▲目次に戻るHARG療法毛髪改修療法とも呼ばれるHARG治療法は、血管拡張剤、脂肪肝細胞由来タンパク、ビタミンといった、発毛を促す成分を詰め込んだHARGカクテルを、電気の力を活用し頭皮の奥まで届ける事により発毛を促す薄毛の治療法です。

 

HARGカクテルという独自のエッセンスに内蔵される栄養が、活動が弱まっていたり休止様子になっている毛母細胞に働きかけ細胞分裂を促進する事で髪を伸びるさせるという仕組みになっています。

 

育毛に有効な成分を、毛母細胞に直接届ける事で、活動しなくなった毛根にまで再び生える力を与えてくれるので、HARG療法の出費はわりと多額ですが、頭皮に塗るだけの育毛剤で育毛成果が出なかった人にも発毛影響が見られると言われています。

 

他にも、発毛影響が体感しやすく持続しやすいのがHARG療法のトレードマークで、いつも6回ほど施術を行いますが、早い人では3回目から発毛の影響を体感する事が可能なと言われています。

 

HARG療法の詳しい治療法について以下のページで紹介しました。

 

HARG療法の治療法▲目次に戻るAGAクリニックAGA専門クリニックでは、病院でドクターの施術を受ける治療法もありますが、投薬治療が最も一般的な治療法だと言われています。

 

投薬治療で使用される代表的なAGA治療薬は、ミノキシジルという成分を配合した外用薬(育毛剤)と内服薬、フィナステリドを配合した内服薬です。

 

ミノキシジルは血管拡張作用があるので、頭皮の血流を良くして発毛を促す影響があります。

 

ミノキシジルを配合した代表的な治療薬は育毛剤の「リアップ」などが知られています。

 

一方、男性用のフィナステリドを含む治療薬には、プロペシアという内服薬があります。

 

フィナステリドには男性ホルモン5aリダクターゼを抑制する作用があるため、内服にする事で抜け毛を減らす事ができます。

 

以上の主な2つの治療薬を数ヶ月に渡って使用する事で薄毛を改善していくという治療法が最もメジャーな手法です。

 

▲目次に戻る育毛シャンプーを使用する育毛シャンプーは、育毛の妨げとなる頭皮の過剰な皮脂を取り去る目的で使用されます。

 

育毛シャンプーが頭皮のフケやかゆみのきっかけとなる頭皮の余分な皮脂を取り除いたり、毛穴に詰まった角栓を洗い出したりする事で頭皮環境を清潔に保ち、汚れを取り除く事で育毛剤の頭皮への染み渡る率を高める役割を果たします。

 

しかも、頭皮の血行促進成分や保湿作用のある成分が入っている育毛シャンプーは、頭皮の血行を良くしたり頭皮と髪を潤したりする事で発毛しやすい頭皮環境に導く事が出来ます。

 

そして、髪のハリ・コシを強くするコーティング成分を配合した育毛シャンプーは、髪の量が少なくても髪一本一本の立ち上がりを良くしてボリューム急上昇させる成果ももたらします。

 

シャンプー時には、頭皮マッサージも併せて行う事で頭皮の血行促進成果をもたらし、頭皮を柔らかくする影響もあります。

 

薄毛に影響的な育毛シャンプーは以下の育毛シャンプー順位をポイントにしてください。

 

育毛シャンプー順位▲目次に戻る。

 

トップへ戻る