髪の毛と毛が生えてくる仕組みを知ろう!

髪の毛と毛が生えてくる仕組みを知ろう!

前のページで、ハゲは身内から遺伝するのかについて書きました。

 

今度は、ヘアーの仕組みと毛が生えてくる仕組みについて書きたいと考えます。

 

何事も大事なのは初めに敵を知る事から。

 

髪の仕組みを解釈して育毛に役立てましょう。

 

初めにヘアーの仕組みについて手軽にに書きます。

 

右の図の毛球は髪を用意する工場で最高大事なところです。

 

その中に毛乳頭・毛母細胞があって毛乳頭はヘアーの司令塔とも呼ばれ毛細血管から血液(栄養)を吸い上げ毛母細胞に送ります。

 

栄養を受け取った毛母細胞は細胞分裂を繰り返してどんどん髪が伸びていく。

 

全部大事なのは無論ですが、よく育毛剤などで言う血行の促進というのはこの毛細血管を流れる血液の量が増える事を言います。

 

毛乳頭に血液がいかなければヘアーを伸ばす事はできないので血行促進がいかに大事かがわかりますよね?並行して毛乳頭や毛母細胞の働きを高める事はヘアーを太く強くする事につながります。

 

続いて毛周期について。

 

ヘアーには、毛周期(ヘアサイクル)と言われる周期があります。

 

下の挿絵を見てください。

 

ヘアサイクルは、造作なくに言うと伸びる期→退行期→休止期の3つの過程を経ています。

 

向上期は男だと3?6年間、女だと4?8年間伸び続けるので普通には女子の方がヘアーが伸びやすいという事になります。

 

髪が伸びるのはレベルアップ期の間だけなので、女子でずーっとても腰あたりまでしか伸びないという事になります。

 

退行期には髪の細胞分裂が減り髪の発展が遅くなります。

 

男・女共に期間はだいたい2?3週間です。

 

休止期は髪のランクアップがパーフェクトに止まり、次の新しいヘアーが下に可能なのを待っているステータスです。

 

休止期のヘアーは、いつ抜けてもおかしくない様子のため少しばかり触っただけでも抜けたり、風が吹いただけでも抜けてしまいます。

 

シャンプーの時に抜けるヘアーはそんなにが休止期のステータスであり、それが弱々しい細い毛や明らかに生えたてのような薄い毛ばかりだと抜け毛が進行している状況だと言えますね。

 

薄毛の人のケースこのヘアサイクルが乱れ伸びる期が極端に短くなっている事がハゲのきっかけになります。

 

つまり、完璧に向上し切っていないステータスで髪が抜けてしまうためどんどん細く弱くなりながら、概要的なヘアーの量も減っていってしまうんです。

 

薄毛を食い止めるには、ズバリこの伸びる期をいかに長い間するかにかかっています。

 

じゃあ如何にすればいいのかというと、なんとなく規則正しい暮らしをし、食事、睡眠、運動をバランスよく行う不可欠があるんです。

 

ハゲを改善するには定期的の暮らし習性が何よりも大事でも書きましたが、ヘアーは生きるのに最優先で不可欠でないため余った血液で最後に作られます。

 

バランスのいい食事を摂り、よく寝て、運動する事で体中の血液を増やし血行を良くする必須があるんですね。

 

運営者的には、そのうえで育毛剤を使用するのがベストな対策だと思っています。

 

この、上にも書いたヘアサイクルが乱れたり病などで即時的に狂ったりすると脱毛が始まります。

 

 

トップへ戻る