ナノインパクト100のagaによる生え際の薄毛にも効果があった

ナノインパクト100のagaによる生え際の薄毛にも効果があった

ナノインパクト100(ナノインパクトプラス)に配合されている成分を分析すると、agaによる生え際の薄毛(m字ハゲ)に高い成果を発揮する事がわかります。

 

ナノインパクト100がagaによる生え際に影響があると言えるのは、以下の2つからわかります。

 

・生え際の薄毛のきっかけである男性ホルモンをセーブする成分が6種類配合
・生え際の薄毛のきっかけである血行不良を改善する成分が11種類配合

 

この文章を読めば、ナノインパクト100がagaによる生え際のM字ハゲになぜ成果が出るのかがわかります。

 

ナノインパクト100の公式Webページを見る

 

 

生え際に働きかけてくれるナノインパクト100の血行促進成分

生え際は、頭皮の血行が悪くなり、髪に栄養が行き渡りにくくなる事で髪が弱く抜けやすくなっていきます。

 

ナノインパクト100には、頭皮の生え際の血行を促進する育毛成分として、厚生労働省に一定の育毛成果を認められた有効成分であるセンブリ抽出液を筆頭に、チョウジエキスやアルニカエキス、またオランダカラシエキスやゴボウエキス、その上セイヨウキズタエキス、ニンニクエキスやマツエキス、ニンジンエキスなどを配合しています。

 

ナノインパクト100の頭皮の血行促進成分には血管を拡張する作用があり、頭皮に流れる血液量を増やす作用があるのです。

 

これらの頭皮の血行促進成分が頭皮の血行不良となって栄養不足になってしまった毛根をアフターケアしたり、休眠してしまった毛母細胞を覚醒させたりするような働きがあり前頭部(生え際)の血行不良による薄毛にも対抗可能なわけです。

 

 

生え際に働きかけるナノインパクト100の男性ホルモン抑制成果

ナノインパクト100はAGAに高い育毛効果が得られます。

 

ナノインパクト100は医薬部外品の育毛剤なのでミノキシジルのように発毛作用があるとはいえないのですが、それに近い効能まで見込み可能なほどの以下の育毛成分が配合されているのです。

 

・ビワ葉エキス
・オウゴンエキス
・ヒオウギ抽出液

 

上述の3つの育毛成分には、AGAのきっかけ物質であるDHTの生成をセーブする作用があります。

 

DHTはテストステロンと酵素の5αリダクターゼが組み合わせする事によって生み出されます。

 

ビワ葉エキス・オウゴンエキス・ヒオウギ抽出液には酵素の5αリダクターゼの働きを阻害する作用があるので、テストステロンと5αリダクターゼが繋ぎ合わさりにくくなり、AGAのきっかけであるDHTが現れにくくなります。

 

特にナノインパクト100のエチニルエストラジオールが生え際に作用する

エチニルエストラジオールは卵胞ホルモン剤で、女性ホルモンのエストロゲンの働きをアフターケアするような役割があるのです。

 

エチニルエストラジオールは女性ホルモン的な作用で男性ホルモンを食い止める効能が見込みできます。

 

※エチニルエストラジオールには前立腺がんや乳がんの治療に用いられる事があります。

 

男性ホルモンが過多になると、前述したAGAのきっかけ物質であるDHTが増大してしまいます。

 

エチニルエストラジオールを配合したナノインパクト100を使用する事で、AGAのきっかけ物質であるジヒドロテストステロンが分泌されにくくなり、生え際などのAGAが作用する薄毛が改善するというわけです。

 

ナノインパクト100のエチニルエストラジオールが育毛成果を発揮しDHTが分泌されなくなれば、生え際の薄毛も徐々に回復していくでしょう。

 

 

ナノインパクト100ならagaによる生え際へも定着力が高い

生え際の皮膚は薄いので、育毛剤が定着しにくいのがネックでした。

 

その点を達成しているのがナノインパクト100です。

 

ナノインパクト100はPLGAナノ粒子というナノカプセルを活用し、毛穴の中に育毛成分が送り届けられるようになったのです。

 

一般の育毛剤は育毛成分の粒子が大きく、どんなに素晴らしい育毛成分であったとしても毛穴の奥には入り込んでいかず、頭皮の皮膚の上にしか育毛成果を発揮できないのです。

 

ただしナノインパクト100はナノ技術により育毛成分が微細な粒子となっています。

 

頭皮の毛穴の奥にまで育毛成分が染み渡っていくので、毛髪の生成に関わっている毛母細胞や毛乳頭細胞のより近くで育毛成果を発揮してくれるわけです。

 

ナノインパクト100は、生え際の奥深くの毛穴まで染み渡ってくれるので、前頭部の薄毛にも育毛への働きが現れやすい設計となっています。

 

ナノインパクト100はいままでの染み渡る力の悪い育毛剤とは完全に別物です。

 

数多くの育毛剤がありますが、生え際(M字)の薄毛の改善は極めて手を焼くとされています。

 

理由を言えば、生え際(前頭部)は血管が少なく、そもそも太い毛髪が生えにくい部位でもあります。

 

他にも男性型脱毛症のきっかけ物質であるジヒドロテストステロンの影響を受ける部位でもあるのです。

 

色々な育毛成分が配合されていたり、育毛への働きがあるとされている有効成分が配合されていたりするものでも結果が出ない事が多々ありました。

 

育毛剤の中には、生え際の薄毛のきっかけである男性型脱毛症に作用し抜け毛を防ぐ育毛成分が全く入っていないものが多かったのです。

 

ただし、ナノインパクト100には生え際の薄毛に対抗可能な育毛成分が多く配合されているため、生え際の薄毛に悩んでいる人はベストです。

 

ナノインパクト100の公式Webページを見る

 

ナノインパクト100の生え際以外への育毛成果や1か月間の体験講評は以下のページに整理しました。

 

ナノインパクトプラスを1か月間使用してみて抜け毛が劇的に減少

 

 

生え際の薄毛へはチャップアップも推奨

ナノインパクト100も生え際の薄毛対策に推奨ですが、チャップアップの生え際への薄毛成果も放っておけません。

 

チャップアップにも生え際に効くオウゴンエキスやビワ葉エキスなどのAGAの改善作用のある育毛成分が配合されています。

 

そしてチャップアップには配合成分数がナノインパクト100の配合成分の50種類を遥かに超えるほどの81種類も内蔵されているのです。

 

チャップアップにも生え際の薄毛に反対に十分に育毛成果を発揮可能な要件が揃っているわけです。

 

ナノインパクト100とチャップアップは代金がおおかた一緒なので迷うところでしょう。

 

どっちか片方を3ヶ月から4ヶ月程度試してみて、生え際に育毛影響がなければ切り替えるのもいいでしょう。

 

チャップアップの公式販売サイトを調査目的で見てみる

 

チャップアップの生え際以外への詳しい育毛への作用は以下のページを参照ください。

 

チャップアップを購入し使ってみた口コミと効果分析

 

 

生え際が薄毛になるきっかけ

生え際が薄毛になる主なきっかけは2つあります。

 

・男性ホルモン
・頭皮の血行不良

 

1つ目の男性ホルモンによる生え際の薄毛のきっかけは、男性ホルモン過多によるホルモンバランスの乱れによって男性型脱毛症(AGA)のきっかけ物質である悪玉男性ホルモンジヒドロテストステロン(DHT)が大量に分泌されると、毛母細胞の働きが阻害されてしまいます。

 

結果、生え際の毛髪が伸びきらずに抜けてしまうわけです。

 

2つ目の頭皮の血行不良ですが、頭皮は人体の最も高いところに位置しています。

 

血を心臓よりも高い生え際の位置まで運んでいく事はスムーズにいくわけではなく血行不良になりやすいわけです。

 

しかも前頭部(M字)の血管に問題があります。

 

前頭部(M字ところ)の血管は他の部位に比較して血管の数が少ないので流れている血の量が少なく、毛母細胞に栄養が行き渡りにくいのです。

 

血管の数的にも栄養が行き渡りにくい生え際は、栄養が足りなくなる事で毛の成長がしにくくなったり、毛母細胞が休眠したりして抜け毛が増加してしまうわけです。

 

生え際の薄毛のきっかけはだいたい男性型脱毛症(AGA)ですが、頭皮の血行不良による薄毛も同時発生している確率が高いので二つの対策が必要です。

 

 

トップへ戻る