ナノインパクト100の成分を解析するとagaに高い効果があった

ナノインパクト100の成分を解析するとagaに高い効果があった

ナノインパクト100には全てで53種類の育毛成分が配合されています。

 

ナノインパクト100の53種類の育毛成分には以下の3つの育毛への働きに分ける事ができます。

 

・AGAによる抜け毛を防ぐ男性ホルモン抑制成果
・agaによって弱った髪に栄養与え強くする頭皮の血行促進影響
・フケやかゆみを防ぎ脱毛を阻止する頭皮環境改善影響

 

ナノインパクト100の成分には、M字ハゲやつむじハゲのagaに成果を発揮する成分が多く配合されている事がわかります。

 

このテキストを読んで、ナノインパクト100の成分とそのagaへの影響を掴む事で、自らの薄毛やagaにナノインパクト100が合うのかがわかります。

 

ナノインパクト100の公式Webページを見る

 

 

ナノインパクト100の一通りの成分を育毛成果別に紹介

ナノインパクト100にはAGAのきっかけであるDHTの抑制成果のある成分、頭皮の血行を促進する影響のある成分、頭皮環境を整える影響のある成分があります。

 

ナノインパクト100で特に優先されているのが、頭皮環境の保湿。

 

ナノインパクト100に配合されている成分を見ても、頭皮の保湿の成果を持つ成分の配合比重が大きくなっています。

 

ナノインパクト100は、頭皮がカサカサし頭皮環境が悪化している人には推奨可能な育毛剤と言えます。

 

次の項目ではナノインパクト100の成分が持つ育毛影響別に、どんな成分が配合しているのかを見ていきます。

 

 

agaに効くナノインパクト100のDHT抑制影響を持つ全成分

ナノインパクト100にはDHTを抑制する影響を持つ成分として、ビワ葉エキス、ヒオウギ抽出液、ダイズエキス、クララエキス-1、オウゴンエキス、エチニルエストラジオールの6種類が配合されています。

 

男性用育毛剤において大切になるのが、AGA(男性型脱毛症)のきっかけになるDHTと呼ばれる成分の生成を抑制する事です。

 

AGAとDHTの薄毛との関連性は以下のページを参照ください。

 

agaとは?初期症状や見分け方、セルフチェック法を解説

 

その点、ナノインパクト100はDHT抑制成分数という観点で見ると、100点満点のアイテムと言っても良いです。

 

市販の育毛剤に配合されるDHT抑制に成果的な3大成分、ヒオウギ抽出液・ダイズエキス(大豆エキス)・オウゴンエキスの3つを揃ってナノインパクト100に配合しているためです。

 

このうち、ヒオウギ抽出液・ダイズエキス(大豆エキス)には豊富なイソフラボンが内蔵されています。

 

イソフラボンは体内に入って女性ホルモンと同じ働きをするため、ホルモンバランスがすり合わせされ、活性化された男性ホルモンを抑制し育毛促進につながります。

 

他にも、DHTは男性ホルモンと5αリダクターゼの繋ぎ合わせによって生まれます。

 

したがって、DHTの生成を防ぐという観点から見ると、5αリダクターゼを抑制する成分が多く配合されているかがAGAを抑えるために必須になります。

 

その5αリダクターゼの抑制する働きを果たす成分がオウゴンエキスです。

 

オウゴンエキスはコガネバナと呼ばれる植物から抽出されたエキスで、5αリダクターゼを抑制する働きが備わっています。

 

市販の育毛剤に配合が認められているDHT抑制のための育毛成分を、他の育毛剤よりも多く配合しAGAの抜け毛抑制への確率を高めているのがナノインパクト100です。

 

ナノインパクト100の公式Webページはコチラ

 

 

ナノインパクト100の頭皮の血行促進成果のある成分

ナノインパクト100は頭皮の血行を促進する影響のある成分として、センブリ抽出液(センブリエキス)、チョウジエキス、アルニカエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ニンジンエキス、酵母エキス-1、トコフェロール酢酸エステルの11種類が配合されています。

 

この中でも期待できるのが、国の厚生労働省から育毛成果を認められた発毛促進に役立つ「有効成分」であるセンブリ抽出液(センブリエキス)とトコフェロール酢酸エステルです。

 

センブリ抽出液は漢方薬としても使われる成分で、体内の血行を促進し毛乳頭の毛母細胞を活性化させるのに優れた影響を発揮します。

 

センブリ抽出液は他の市販の育毛剤にも広く採りいれられている育毛成分になります。

 

加えて、もう一つの有効成分がトコフェロール酢酸エステル。

 

こちらのトコフェロール酢酸エステルは男性用の育毛剤ではあまり名前を聞く成分ではないのです。

 

ただ、トコフェロール酢酸エステルは女性用育毛剤にはよく配合されている成分です。

 

トコフェロール酢酸エステルは別名「ビタミンE誘導体」という成分になります。

 

誘導体というのは普通の物質の分子の一部分を移り変わりさせて、その吸収性などを高めたものです。

 

したがって、トコフェロール酢酸エステルは体内への吸収性を高めたビタミンEという事です。

 

ついでに、ビタミンEは特に末梢血管と言われる小さい血管の血行を良くする成果があります。

 

同じくの影響がビタミンE誘導体のトコフェロール酢酸エステルにも備わっています。

 

 

ナノインパクト100の頭皮環境改善成果のある成分

ナノインパクト100には頭皮の環境を改善する成果のある育毛成分として、以下の25種類が配合されています。

 

ヒノキチオール、ペンチレングリコール、ジオウエキス、サクラ葉抽出液、キナエキス、オドリコソウエキス、薔薇マリーエキス、ローマカミツレエキス、チンピエキス、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス-1、真冬虫夏場草エキス、ツバキエキス、ビルベリー葉エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、アシタバエキス、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、乳酸・グリコール酸共重合体、ステビアエキス、コメヌカスフィンゴ糖脂質、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、β-グリチルレチン酸、クエン酸、トレハロース

 

頭皮環境改善成果と一言で言っても、頭皮の炎症を押し止める・皮脂の分泌を食い止める・頭皮の潤いを持続するといった色々な影響があります。

 

ナノインパクト100はこのうち、頭皮の潤いを継続する、つまり保湿影響のある成分を豊富に含んでいます。

 

ナノインパクト100の頭皮の保湿影響という事で取り上げたい育毛成分がアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムです。

 

このアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムは通称「スーパーヒアルロン酸」と呼ばれており、美容業界では有名な成分です。

 

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムはヒアルロン酸の原子に手を加える事により、その保水力を約2倍に高めた成分です。

 

ヒアルロン酸を配合している育毛剤もありますが、一般的のヒアルロン酸は頭皮にとどまっている時が短く、直ちに流れ落ちてしまうため、頭皮の保湿成果が十分に発揮されないという問題がありました。

 

この点、ナノインパクト100のアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムは肌にちゃんと吸着する特性を持っており、頭皮の表面に育毛液が長時間にわたってとどまって、ちゃんと頭皮の保湿成果を発揮してくれます。

 

このアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムを配合している育毛剤はナノインパクト100以外で現時点ではそんなに見られません。

 

その点から見ると、頭皮の保湿成果という点で、ナノインパクト100は他の育毛剤の一歩先を行っているといっても良いでしょう。

 

 

ナノインパクト100のそれ以外の配合成分

ナノインパクト100には育毛成分以外の成分として、BG、エタノール、精製水、メンチルグリセリルエーテル、メントール、無水エタノール、キサンタンガム、リン酸一水素ナトリウム、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、ポリビニルアルコール、POE・POPデシルテトラデシルエーテルの11種類が内蔵されています。

 

ここで上げたナノインパクト100に配合されている他にの成分には直接的な育毛影響はないのです。

 

ただ、ナノインパクト100という育毛剤を作るうえで大事な働きをしている配合成分になります。

 

一例を挙げれば、エタノール・キサンタンガムといった成分は通常混ざりにくい育毛成分を混ぜ合わせて、一つの育毛剤にするのに成果を発揮してくれます。

 

そして、リン酸一水素ナトリウムは防腐剤として働き、常温で保管しても育毛剤が腐らないようにしてくれています。

 

他にも、メンチルグリセリルエーテルやメントールは清涼感を与える成果があるため、育毛剤のスーッとする気持ちいい使用感を出すために無くてはならない清涼剤です。

 

 

ナノインパクト100の成分まとめ

ナノインパクト100に配合されている成分は丸ごとで53種類に及びます。

 

育毛剤は配合成分数が多々ある方が、育毛影響も高くなると言われていますが、ナノインパクト100の全53種類という配合成分数は十分といっても良いでしょう。

 

育毛に成果的な成分をナノ化したカプセルPLGAナノ粒子に包み込む事によって、ナノインパクト100の成分が頭皮の毛穴の奥深くの毛根まで染み渡るさせる事ができ、のんびりとカプセル内の成分が溶け出していくため長い間、育毛への成果をもたらす持続力を備える事に成功しています。

 

そして、ナノインパクト100はDHTを抑制するための3大成分をセットていたり、他の育毛剤ではそんなにみられないアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムを配合しているなど、配合されている成分の量だけでなく、その質も満喫しているといって良いでしょう。

 

ナノインパクト100は育毛に高い成果が見込み可能な育毛剤である事に疑いの余地はないのです。

 

加えて初回で初めて買った人のみ普通費用7560円が半額の3780円で決まった買い物可能なので、手軽に試す事ができます。

 

現在ならナノインパクトシャンプーとコンディショナーのお試しセットもついてきます。

 

薬用ナノインパクト100はナノ技術の方面では、世の中のトップレベルのホソカワミクロン化粧品が持つ技術を生かして製作された医薬部外品育毛剤です。

 

育毛剤の中でも推奨可能な1つです。

 

ナノインパクト100の公式Webページはコチラ

 

ナノインパクト100の影響や、流行育毛剤やミノキシジル育毛剤との対比結果などは以下の投稿に整理てあるので、気に掛かる人は参照ください。

 

ナノインパクトプラス(ナノインパクト100)を買って使ってみた口コミと効果

 

 

ナノインパクト100のよりもチャップアップがイチ押し

先ほど、育毛剤の育毛への成果は配合成分数に比例する性質があるという話をしました。

 

ついでに、ナノインパクト100の全53種類という配合成分数もかなり多く質の高さを表しています。

 

ですが、市販の育毛剤にはこのナノインパクト100を超える数の成分を配合している育毛剤も影響します。

 

それがチャップアップです。

 

チャップアップに配合されている成分の数は何と全てで81種類。

 

ナノインパクト100の配合成分数を30種類近くも上回るという圧倒的な成分数です。

 

ナノインパクト100と同じくにDHTを抑制するための3大成分をセットで配合しており、それに加えてM-034という頭皮の血行促進影響のある成分も配合しています。

 

このM-034、副作用の高いミノキシジルという発毛成果を持つ発毛剤と、同等の血行促進力があると言われており、副作用もなく育毛成果には定評のある成分です。

 

M-034を配合している事から、チャップアップの頭皮の血行促進成果にはとても見込みを持つ事ができます。

 

なお、ナノインパクト100はナノ化技術によって、育毛剤の頭皮への染み渡る力を大きく上乗せしています。

 

これに対して、チャップアップは頭皮糖化と呼ばれる頭皮が固くなる現象を押し止める成分を配合する事で育毛剤の頭皮への染み渡る力を高めています。

 

どっちも育毛剤の頭皮への染み渡る力を高めるための仕組みを整えている育毛剤という点では共通しています。

 

ここまでナノインパクト100とチャップアップを対比してみてきました。

 

ただ、結論としては、高い頭皮の血行促進影響が見込みでき、ナノインパクト100には配合されていない毛髪の原料となるアミノ酸が豊富に配合されているといった点から、チャップアップにより育毛に高い影響が見込みると言って良いでしょう。

 

チャップアップの公式販売サイトを調査目的で見てみる

 

チャップアップの詳しい配合成分や育毛成果は以下のページを参照ください。

 

チャップアップを購入し使ってみた口コミと効果分析

 

 

トップへ戻る