アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスの成分と効果

アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスの成分と効果

30代を過ぎると業務のストレスからか、抜け毛と白髪が並行して現れてする男性も多々あるでしょう。

 

資生堂のアデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスは、白髪と薄毛に成果があると言われているアデノバイタルシリーズの育毛剤で3代目のアイテムになります。

 

初代の「アデノバイタルスカルプエッセンス」、2代目の「アデノバイタルスカルプエッセンスv」を経て、色々なリニューアルを加えられた形で登場したのが、このアデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスです。

 

2代目の「アデノバイタルスカルプエッセンスv」からのリニューアルの度にちょっとずつ育毛成分が付け足しされる異なる点があり、直近では6つの有効成分を含む26種類の成分がアデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスに配合されています。

 

ただ、このアデノバイタル、抜け毛を抑えたい人の頭皮にマイナスになってしまうラウリル硫酸NAという刺激成分が配合されています。

 

そんな訳で、この投稿ではシャンプーやドライヤーの時に抜け毛が増大して困っている人に、アデノバイタルの成分は実際に抜け毛に影響があるのかについて、徹底的に紹介していきます。

 

アデノバイタルの全成分26種類からは、以下の4つの育毛成果が得られます。

 

・髪を抜けにくくする頭皮の血行促進成果・髪を強く太くする発毛促進影響・M字とつむじの抜け毛を防ぐ男性ホルモン抑制成果・髪が抜けにくくなる土台を仕上げる頭皮環境改善成果このテキストを読む事で、育毛剤アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスの配合成分の詳しい影響と、自身の薄毛に育毛成果を発揮可能なアイテムなのかがわかります。

 

アデノバイタルスカルプエッセンスをアマゾンで見る目次アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスの総ての成分と成果頭皮の血行促進成果のある総ての成分発毛促進成果のある全部の成分男性ホルモン抑制成果を持つ一通りの成分頭皮環境改善影響のある全部の成分それ以外の成分アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスの成分整理アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスの全部の成分と影響アデノバイタルに配合されている成分はその働きに応じて、頭皮の血行促進成果、発毛促進影響、男性ホルモン抑制成果、フケやかゆみを抑え育毛促進する頭皮環境改善成果の4つの影響のタイプに分類する事ができます。

 

アデノバイタルに配合されている成分の個々にどういった抜け毛への影響があるのか紹介していきます。

 

頭皮の血行促進影響のある一通りの成分アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスには頭皮の血行促進成果のある成分として、ニンジンエキス、ニコチン酸アミド、クジン抽出液、サンショウエキスの4種類が配合されています。

 

頭皮の血行促進成分は、抜け毛を抑制するための育毛剤でトップ大事だと言ってもいい働きの一つです。

 

頭皮の血行促進成分が少ないと、ストレスなどの数々のきっかけによって起こった血行不良で細く抜けやすくなった髪に栄養を与え抜け毛をセーブする事ができません。

 

アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスの血行促進影響のある有効成分としてはニンジンエキス、ニコチン酸アミド、クジン抽出液の3つの成分が内蔵されています。

 

アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスの6つの有効成分のうち、約半数の成分は頭皮の血行促進を目的に配合されています。

 

これから、アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスが頭皮の血行促進による育毛ケアにかなり力を入れている育毛剤である事が理解いただけます。

 

加えて、ここには挙げていませんが、後で延べする発毛促進成分のアデノシンにも強力な頭皮の血行促進成果によって髪の発展期を長い間する力が備わっています。

 

このアデノシンの働きによっても、アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスの頭皮の血行促進影響が見込みできます。

 

それ故、アデノバイタルは抜け毛が増大した人は言うまでもなく、ヘアー1本1本が細くなりボリュームが減ってきたと感じる人にも影響を発揮してくれるでしょう。

 

▲目次に戻る発毛促進成果のある総ての成分アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスには発毛促進影響のあるとして、アデノシン、オノニスエキスの2種類が配合されています。

 

発毛促進影響は、髪を作成しよう毛母細胞に直接働きかけ、髪の伸びる期を伸ばし抜け毛を防止する大事な働きです。

 

とくに、アデノシンはこの「アデノバイタル」というシリーズの名前のもとになっており、アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスを語る上では必ずに外せない成分です。

 

アデノシンは体の中で、エネルギーを運んだり、神経のシグナルを伝達する役割を果たしています。

 

ついでに、このアデノシンにはFGF-7と呼ばれる進化因子(発毛因子)の分泌を促進する働きがあります。

 

向上因子というのはタンパク質の一種で細胞の働きを活性化する働きを持つ発毛促進因子です。

 

特にFGF-7には、ヘアーをつくる毛母細胞の細胞分裂を促進する働きがあります。

 

したがって、アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスのアデノシンの影響でFGF-7が分泌される事によって、どんどんヘアーが進化していきます。

 

ところで、AGAという薄毛症状を治療する薬として名高いなものにミノキシジルがあります。

 

本当はこのミノキシジルも、毛乳頭細胞に働きかけてアデノシンを分泌させる事で発毛を促進しています。

 

ミノキシジルで毛乳頭細胞を刺激してアデノシンを分泌させるのではなく、直接アデノシン自体を育毛剤に配合したというのが、アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスのマックスのもち味です。

 

アデノバイタルの発毛促進成分は、正直多々あるとは言えませんがアデノシンを配合しているのは、資生堂のアデノバイタルシリーズだけです。

 

それにより、他の育毛剤を過去に使って、抜け毛への成果が得られなかった人は試してみる美点があるかもしれません。

 

▲目次に戻る男性ホルモン抑制成果を持つ全部の成分アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスには男性ホルモン抑制成果を持つ成分として、ポップエキス(ホップエキス)の1種類が配合されています。

 

この男性ホルモン抑制成果は、男性、女にかかわらず男性ホルモンの過剰分泌によって起こるおでこのM字ハゲやつむじハゲに葛藤する人には不可欠の働きです。

 

チャップアップのように他の高評価育毛剤であれば、男性ホルモン抑制成分が最低でも4種類程度は配合されています。

 

その点、アデノバイタルはたったの1種類しか配合されていないため、M字ハゲやつむじハゲに苦慮している人にはわずか心細いと言えるでしょう。

 

抜け毛の増加とともに生え際が後退しているような気がする、つむじの地肌がちょっとずつ透けて見えていっている人は、男性ホルモン抑制成分が多く配合された育毛剤を使用するべきです。

 

アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスは、男性ホルモン抑制影響を持つ成分が配合されていないと言われる事もありますが、実のところにはポップエキスが配合されています。

 

ポップエキスには体内に入る事で女ホルモンと同じくの働きをするエストラジオールが内蔵されています。

 

このアデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスのポップエキスの働きにより、AGAのきっかけになる男性ホルモンを抑制する影響も見込みできます。

 

しかし、他の育毛剤がいくつもの男性ホルモン抑制成分を取り合わせて配合しているのに対して、アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスはポップエキスの1種類のみです。

 

男性ホルモン抑制成分の影響感が薄い事が、アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスには男性ホルモンを抑制する成分は無いと誤解されてしまうきっかけになっています。

 

▲目次に戻る頭皮環境改善影響のある一通りの成分アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスには頭皮環境改善影響のある成分として、レイシエキス、β‐グリチルレチン酸、濃グリセリン、シソエキス、パントテニールエチルエーテル、アンズ果汁、アシタバエキスの7種類が配合されています。

 

このうち有効成分としてはβ‐グリチルレチン酸、パントテニールエチルエーテルの2つの成分を上げる事が出来ます。

 

頭皮環境改善影響は、頭皮にフケや痒み、乾かす、赤み、脂性でべたつく人の頭皮を整える働きがあります。

 

30代以降の男性で抜け毛が見過ごせない人は、ほぼ上の症状のどれかに当てはまっているため、アデノバイタルがトラブルを改善してくれるでしょう。

 

ただ、他の流行育毛剤は20種類以上配合されているアイテムもあるため、アデノバイタルは物足りないと言わざるを得ません。

 

β‐グリチルレチン酸には頭皮の肌への抗炎症成果、パントテニールエチルエーテルには頭皮の保湿影響が望みできます。

 

また、アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスにリニューアルされた場合、育毛影響膨れ上がるのために配合されたのがアンズ果汁。

 

アンズを使ったアンズ油は頭皮ケアに適したオイルとして知られています。

 

アンズにはオレイン酸という優れた保湿力を持つ成分が内蔵されており、このオレイン酸の働きで頭皮や毛髪の保湿影響が見込みできます。

 

他にも、レイシエキスには髪を黒くするメラノサイトにも働きかけるため、白髪阻止にも影響があると言われている成分です。

 

▲目次に戻る他にの成分アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスには育毛成分以外の成分として、I?メントール、エタノール、DL-リンゴ酸、1.3?ブチレングリコール、精製水、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、無水エタノール、デシルテトラデシルジメチルアミンオキシド液、イソステアリルアルコール、ジプロピレングリコール、ラウリル硫酸ナトリウム、ビニルピロリドン・NNジメチルアミノエチルメタクリル酸共重合体ジエチル硫酸塩液の12種類が配合されています。

 

アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスは26種類の育毛成分を配合していますが、26種類の成分のうち、二分の一近い12種類もの成分が直接的に育毛に係りの無い成分となっています。

 

その上、この12種類の成分の中には、I?メントールのような使用感を良くするために配合されているような育毛を心積もりたケースに決して添加にならない成分もあります。

 

最初に、イソステアリルアルコール。

 

育毛剤にはたびたびアルコールが配合されていますが、育毛を心積もりたケースに、アルコールを配合してる事はマイナス面の方が多々あるです。

 

育毛剤に配合されているアルコールの頭皮への害については以下のページで細かいところまで紹介してあるのでポイントにしてください。

 

育毛剤に内蔵されるアルコールは良くない!?配合の要因や影響を紹介!したがって、近頃の育毛剤はアルコールの配合を極力避けるようになっています。

 

けれども、アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスは堂々とイソステアリルアルコールを配合し、ご時世の流れに逆行しています。

 

その上、アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスに配合されているラウリル硫酸ナトリウムも育毛を心積もりたケースには好ましくない成分です。

 

このラウリル硫酸ナトリウム(ラウリル硫酸Na)は、石油系シャンプーと呼ばれるタイプのシャンプーによく内蔵されている界面活性剤といわれる洗浄成分です。

 

石油系シャンプーが頭皮に与える影響については以下のページで突き詰めて紹介しています。

 

育毛シャンプーと一般的のシャンプーの異なる点頭皮への刺激が強いラウリル硫酸ナトリウムを配合している事で、頭皮の皮脂が取り去られてしまい、頭皮環境の悪化につながる確率があります。

 

アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスにはやはり頭皮環境を改善する成分を配合しているのに、ラウリル硫酸ナトリウムを配合する事でそれが無意味になってしまいます。

 

それにより、チャップアップのようなラウリル硫酸ナトリウムなどの頭皮に刺激となる成分が配合されてなく、成果の高い育毛剤なら心配無用です。

 

抜け毛が増加したと悩んでいる人は、極力こういった刺激となる成分が配合された育毛剤を使用するべきではないでしょう。

 

他にも、頭皮に痒みやフケがある人なんてさらに使わない方がいいでしょう。

 

アデノバイタルスカルプエッセンスをアマゾンで見る▲目次に戻るアデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスの成分整理ここまでアデノバイタルスカルプエッセンスのすべての成分の働きを見てきましたが、抜け毛をとにもかくにも抑えたいという人は、別の育毛剤を使用するべきだというのが正直な感想です。

 

アデノバイタルを使用するのが適している人は、深刻に抜け毛に悩んでいるわけではなく、阻止程度で利用したい。

 

とにもかくにもお金がないので値段が安いアイテムを利用したい。

 

頭皮に痒みやフケがすごくて、とにもかくにも頭皮トラブルのみを改善やりたい。

 

上のような3つのタイプに当てはまる人であれば、男性女子関連なく購買してもいいのではないでしょうか。

 

資生堂と言うと女子用化粧品の心象が強いですが、このアデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスは女用育毛剤ではなく男女兼用の育毛剤です。

 

そのようなアデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスには、サロン専売品にもかかわらずアデノシンという養毛に優れた育毛成分を配合しているという強みがあります。

 

とはいっても、どんだけアデノシンで毛母細胞を活性化しても、AGAのきっかけであるDHTを抑制できなければ薄毛が改善される事はないのです。

 

他にも、DHTのきっかけになる男性ホルモンを抑制する成分がアデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスにはポップエキスのみであるというのは、AGAによる抜け毛を防ぐ事を考慮すると、完璧に力不足です。

 

他にも、アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスに配合されている成分を見ても、実のところに育毛成果がある成分はたった14種類。

 

アデノバイタルアドバンストスカルプエッセンスの配合成分の数を腹積もりても、育毛剤としての力にはかなりの物足りなさを感じます。

 

ガチで薄毛治療を目指すなら、チャップアップのように男性ホルモンを抑制する影響を持つ成分をちゃんとと配合しており、なおかつ配合成分が満喫している育毛剤をイチ押しします。

 

アデノバイタルスカルプエッセンスをアマゾンで見るアデノバイタルの影響や資生堂の男性用育毛剤アデノゲンとの差異など詳しい情報は以下のページに整理てあるので参照ください。

 

育毛奉行がアデノバイタルを買って批評!使ってみた評判掲載中男性ホルモン抑制成果を持つ成分も多く配合されているオンライン上で評判の育毛剤は以下のページを参照ください。

 

トップへ戻る