毛髪活性の成分とその効果

毛髪活性の全成分13種類には、以下の3つの育毛成果が得られます。

 

・髪を強くする頭皮の血行促進成果・抜け毛を防ぐ頭皮環境改善成果・M字とつむじの薄毛を防ぐ男性ホルモン抑制影響このページでは、毛髪活性に配合されている全成分とその育毛影響がわかるので、自らに合うか如何にかがわかります。

 

毛髪活性を楽天で検証する目次毛髪活性の有効成分頭皮の血行促進成果のある全成分頭皮環境改善影響のある全成分男性ホルモン抑制成果のある全成分それ以外の配合成分毛髪活性は配合成分数が少ないため育毛影響は見込みできない全て的な成分数も少ない毛髪活性の有効成分毛髪活性の有効成分としてβ-グリチルレチン酸とニコチン酸アミド、他にもスエルチアマリンKI(生薬センブリエキス)の3種類が配合されています。

 

有効成分ニコチン酸アミドとスエルチアマリンKIには頭皮の血行促進作用があり毛母細胞や毛乳頭細胞を元気にしたり、ヘアーの生成をアフターケアしたりしてくれます。

 

有効成分β-グリチルレチン酸には抗炎症作用や抗菌作用などの頭皮環境を整える成果が見込み可能なのです。

 

▲目次に戻る頭皮の血行促進影響のある全成分サクセスの育毛剤「毛髪活性」には頭皮の血管を拡張して血行を促進する作用の育毛成分として、ニコチン酸アミド、スエルチアマリンKI(生薬センブリエキス)の2種類が配合されています。

 

この中で注意しておきたいのがスエルチアマリンKI(生薬センブリエキス)です。

 

スエルチアマリンKI(生薬センブリエキス)は育毛剤の成分としてはとてもスタンダードなものですが、頭皮への血管拡張作用が大いに高い事が分かっています。

 

頭皮の血管を拡張する事でヘアーのレベルアップに関わる細胞の毛母細胞や毛乳頭細胞にもちゃんとと栄養が送り届けられるようになるわけです。

 

髪が太くたくましく生えてくる確率もあるので、ヘアーの伸びるだけでなく、抜け毛が減る育毛成果も望みできます。

 

例を挙げると頭皮マッサージには頭皮の血行促進作用がありますが、スエルチアマリンKI(生薬センブリエキス)はその頭皮マッサージをどんどんしているのと同じような成果が得られるわけです。

 

ニコチン酸アミドはビタミンB群の一種です。

 

ニコチン酸アミドは化学的なネーミングをしていますが、ビタミンなので危うい性はないのです。

 

スエルチアマリンKI(生薬センブリエキス)と同じく頭皮の血管を拡張する作用があり、毛母細胞などを活性化します。

 

▲目次に戻る頭皮環境改善成果のある全成分サクセスの育毛剤「毛髪活性」には頭皮環境を改善させる育毛成分として、β-グリチルレチン酸、コハク酸2-(2-ヒドロキシエトキシ)エチルグアニジン、オトギリソウエキス、濃グリセリン、黄杞エキスの5種類が配合されています。

 

5種類の頭皮環境改善影響のある成分の中で特に注意やりたいのが黄杞エキスです。

 

黄杞の葉を使ったエキスとなっており、お茶としても使用されていて、黄杞エキスには皮膚を刺激から守る働きがあります。

 

例を挙げると敏感肌になっている方や頭皮に炎症やかゆみが生じてしやすいという方に適した成分なのです。

 

オトギリソウエキスにも目を向けましょう。

 

実を言えばオトギリソウエキスには頭皮環境改善成果以外に男性ホルモン抑制成果もあり注意の成分ですが、皮膚に対する作用としては抗炎症作用・保湿作用・収れん作用・抗酸化作用などがあります。

 

オトギリソウエキスには頭皮の皮膚のステータスを向上させ、ヘアーが健やかにレベルアップしやすい様子を確保してくれる成分なのです。

 

コハク酸2-(2-ヒドロキシエトキシ)エチルグアニジンは珍しい育毛成分かもしれませんが、頭皮への影響としては保湿となっています。

 

濃グリセリンにも同じく頭皮の保湿作用があります。

 

▲目次に戻る男性ホルモン抑制影響のある全成分サクセスの育毛剤「毛髪活性」には男性ホルモン抑制影響のある育毛成分として、オトギリソウエキスの1種類が配合されています。

 

オトギリソウエキスはオトギリソウ科の多年草である「オトギリソウか「セイヨウオトギリソウ」から抽出されたものです(根のエキスは内蔵さず)。

 

オトギリソウエキスには男性ホルモンの働きを抑制させる成果があり、AGAのきっかけ物質であるジヒドロテストステロンの分泌を抑制する作用があります。

 

オトギリソウエキスによってジヒドロテストステロンの分泌量が減れば、男性型脱毛症は改善するのです。

 

▲目次に戻るそれ以外の配合成分サクセスの育毛剤「毛髪活性」には育毛成分以外のものとして、エタノール、精製水、二酸化炭素、無水エタノール、メントールの5種類が配合されています。

 

5種類の成分は直接的に頭皮やヘアーに作用して育毛成果を発揮するわけではないのです。

 

ただし育毛剤を作り上げる上で不可欠になってくる成分も、その5種類の中には内蔵されているのです。

 

例を挙げるとエタノールや無水エタノールには保存料的な役割や植物エキスなどを抽出するためにも使用されているのです。

 

エタノールはいわゆるアルコールの成分の一種となっており、殺菌成果もあり育毛剤を長持ちさせるのにも役立っています。

 

メントールは大抵頭皮に清涼感を得るために配合されています。

 

育毛剤を塗布した時にスースーとした感触があると気持ちよさや頭皮のかゆみを感じにくくなります。

 

メントールは使った時の気持ち良さを与えてくれるための成分なのです。

 

▲目次に戻る毛髪活性は配合成分数が少ないため育毛影響は見込みできない毛髪活性は育毛影響が望み可能な成分が配合されており、その成分のもたらす成果の種類もまずまずです。

 

けれども毛髪活性は総体的な配合成分数が少ないといった心残りなポイントもあります。

 

毛髪活性には男性型脱毛症に対抗する成分は「オトギリソウエキス」の1種類しか配合されていません。

 

これでは毛髪活性がAGAによる薄毛の発症が多々ある男性の薄毛にうまく扱ってしてくれるとは到底心積もりられないわけです。

 

少なくても男性型脱毛症に対抗可能な育毛成分が2種類から3種類は配合してくれところです。

 

毛髪活性には男性型脱毛症対策が可能な成分以外も本当は手薄です。

 

特に最近の育毛剤は育毛成分だけでも30種類以上、または50種類以上が内蔵されているものがスタンダードになりつつあります。

 

毛髪活性は時代錯誤な育毛剤、といっても大げさではないのです。

 

毛髪活性を楽天で見定めする▲目次に戻る全部的な成分数も少ない毛髪活性は育毛剤の品質保持のための育毛成分以外も総て含めて13種類しか配合されてなく、これは育毛剤としても極めて少ないです。

 

毛髪活性は育毛成分だけとなると7種類となり、10種類にも満たない育毛成分しか配合されていないので、自らの薄毛のきっかけや自身の頭皮とたったの1種類の成分でも親和性が悪いと「まっとうな育毛影響が全く得られない」確率も出てきてしまいます。

 

そもそも毛髪活性にはたったの7種類しか育毛成分が配合されていないと、総ての薄毛のきっかけをカバーできません。

 

毛髪活性では対処できない薄毛のきっかけが出てきてしまっても不思議ではないのです。

 

いまオンライン型育毛剤でナンバーワンブームとなっているのが「チャップアップ」ですが、配合されている育毛成分数だけでも40種類以上となっています。

 

チャップアップのようにそれだけの育毛に影響的な成分が入っていれば、薄毛に反対に多角的にアプローチできます。

 

例を挙げるとチャップアップの中の1種類や2種類の育毛成分と親和性が悪く育毛影響が得られなかったとしても、他の成分でカバー可能なわけです。

 

毛髪活性とチャップアップのどっちを活用したほうが育毛成果を得られるのかは、火を見るよりも明らかです。

 

チャップアップの公式Webページを見るチャップアップの詳しい育毛影響や副作用については以下のページに整理ました。

 

チャップアップ(CHAPUP)を試してみた感想と評判批評▲目次に戻る。

 

トップへ戻る