フィンジアを1か月間かけて1本使ってみて、得られた育毛影響は以下の4つです。

 

・頭皮の痒みと発赤が改善された・副作用も表れず敏感肌でも使用できた・頭皮環境が改善された事による抜け毛の減少以下で、フィンジアを1ヵ月間使用した体験談と評判を克明に報告させて頂きます。

 

フィンジアの公式Webページを見る目次フィンジア使用1週間フィンジア使用2週間フィンジア使用3週間フィンジア使用4週間フィンジアと他の育毛剤を対比フィンジア使用1週間で感じた事採り上げるの、フィンジアを1ヶ月間使用して頭皮状況にどれほどの移り変わりがあるか、自分の体験にもとづいて1週間ごとで皆様に状況をご報告していきたいと考えます。

 

では最初に私の手間なくな自己紹介をさせて頂きます。

 

年齢は今回30歳を迎えたアラサー男です。

 

頭髪状況は20代半ばよりヘアー全部のボリューム不足が加速し前額部の後退が激しく、同年代よりもM字の進行に拍車がかかり、自らの未来に心もとないを抱いている現況です。

 

ヘアー自体のハリも20代前半に比較し、やわらかくコシがなくなってしまい、全部のボリューム不足の影響から髪型をいじる事も中々うまく決まらない様子です。

 

それにより、目下は諸々な育毛剤を試してみながら、若かりしころのフサフサな髪を目指し毎日奮闘中であります。

 

そんな訳で、採り上げるのはキャピキシルとピディオキシジルの2大成分にカプサイシンを加えた独自の最先端スカルプ技術「SPE技術」を解説している現在トピックの育毛剤。

 

フィンジアをピックアップさせて頂きました。

 

では直ぐに実体験をもとに皆様に報告をさせて頂きたいと考えます。

 

育毛剤フィンジアの使用技術と使用感について今度の育毛剤は、スプレータイプの育毛剤となっています。

 

メーカーお薦めの使用メソッドは朝・夜1日2回の塗布となっています。

 

使用プロセスとしては以下の通りです。

 

1、シャンプー後に充分にとすすぎ洗いし水分をよくふき取ってから使用します。

 

2、薄毛進行が引っかかる箇所に5?10プッシュ使用します。

 

3、使用後は指の腹で、やさしく揉み込むようにマッサージします。

 

このように使用テクニックは一般的な育毛剤と同じで、特に厄介なプロセスなどはないのです。

 

実のところに試してみましたが、容量が50mlと少ないのですがその分器が小さいため、片手で造作なくに握れてプッシュもしやすく狙った箇所にピン要点で使用可能なので、大変使い勝手のよいです。

 

他にも、プッシュタイプは霧吹き状に液を噴射するので無意味利用しの懸念事項もないのですでした。

 

今までに数多くの種類の育毛剤はを使用してきましたがフィンジアの握りやすい大きさとスプレータイプが個人的にはドストライクでした。

 

人によりお好きなは分かれますが、利用しやすさはスプレータイプが最上だと感じています。

 

ただ、朝昼2回使用だと何となく1か月持たすにはちょっと心細い容量に思えます。

 

あと、器が真っ黒なのでどの程度残量があるのか佇まいでわからないのも若干の心もとない要素ではあります。

 

では使用感についてですが頭皮に塗布しても、ベタつきなどはまったく感じません。

 

これは配合されているカプサイシンの影響でしょうか若干頭皮がスーッとして心地よい感覚を味わう事が出来ます。

 

においに関してですが私は鼻炎もちでそもそも嗅覚が悪いため、とくに感じる事はないのですでしたが嫁に検証して頂くと、ハッカやミントに似たにおいがするようです。

 

これは気に掛かる方はいるとは考えますが薄っすらと香る程度なので、周囲を不快にするような事はないためナーバスになる事はないでしょう。

 

▲目次に戻るフィンジアを利用し開始出来てから1週間までの感想私は、頭皮に限定しず刺激に皮膚が弱いため、接触した箇所が直ちにに赤くなったり、かゆくなる事が問題な体質なのでシャンプーや育毛剤の副作用にはかなり気をつかっております。

 

なのでフィンジアを使用する場合も、けっこう心もとないだったのですが一週間継続しても、かゆみやかぶれなどの副作用はまったくないのですでした。

 

操作感や使用感も良いので、これなら心配無用して2週目も継続していく事が出来そうです。

 

▲目次に戻る2大最先端スカルプ成分「キャピキシル5%」と「ピディオキシジル2%」についてこの2つは来るべき社会のスカルプ成分として今の時代注意をあつめている育毛成分です。

 

ではおおかたどんな成果が見込み可能なか紹介していきます。

 

最初に、キャピキシルですが、男性ホルモンと相反する女ホルモン作用物質といわれるイソフラボンを豊富に含む「アカツメクサ」と、4つのアミノ酸で構成される「アセチルテトラペプチド-3」の合成成分で“男性型脱毛症のきっかけである5αリダクターゼの抑制”と“極めて強力な細胞外マトリックスの修復作用を持ち毛包の組成維持”を促し脱毛防止と発毛影響の作用が望みできます。

 

これを限界濃度といわれる5%も配合しており、原料メーカーより3%以上配合されている製品のみに付与されるエンブレムもしっかりついて保障されています。

 

ところで副作用に関しても、自然由来の成分のため一切なく懸念事項無用となっております。

 

次はピディオキシジルについてです。

 

別名ミノキシジル誘導体と言われ、現在注意される新スカルプ成分です。

 

ミノキシジルそのものでは副作用が心もとない視されますが、ミノキシジル誘導体ではその不安がないのです。

 

調査してみると、ピディオキシジルとミノキシジルは化学式ではほぼ同じ仕組みをしているからのようです。

 

成果として、頭皮の血行促進、毛母細胞の活性化が促しますので頭皮に不可欠な栄養を充分に届ける事で抜け毛や薄毛のきっかけを落着する事望み可能なのです。

 

加えて、日本ではわりと新しい成分のためまだ認知度は低いですが韓国ではすでに育毛剤としてはメジャーな成分みたいです。

 

成分解説は以上となります。

 

この2つの特色とも言えるのは、育毛剤としては著名すぎるミノキシジルと同等以上の影響が望み可能なうえに副作用の気がかりがないとい点ですね。

 

現況では、ミノキシジルは発毛への成果を実証されていますので危険性なしで、同等の影響を得られる成分を配合しているフィンジアは大変優れている育毛剤と言えるでしょう。

 

永らくなりましたが、これにて使用1週間後報告は以上となります。

 

次回の2週間後報告では頭皮状況とフィンジアに内蔵されるカプサイシンと他にの成分についての情報を皆様にお伝え可能ならと心積もりております。

 

▲目次に戻るフィンジア使用2週間で感じた事フィンジアを使用し2週間が経過したので、皆様に報告させて頂きます。

 

2週間使用しての感想前回、1週間経過した段階では皮膚が弱い私ですが、頭皮の発赤やかゆみ、かぶれなどの副作用なく使用出来た事を報告いたしました。

 

 

では2週間が経過した今現在はというと前回報告同じく、頭皮トラブルは見られず、順調に継続使用が出来ております。

 

育毛剤の配合成分が薄毛に有効であっても自分の頭皮にあわなかったり、ミノキシジルなどのAGA治療薬のようにきつい副作用があっては、どんなに成果的な代物でも利用し続ける事はできないですからね。

 

まぁ、前回のテキストでも副作用はないとお伝えしていましたので実体験で証明できたので良かったです。

 

ただ、このフィンジアのわずか見過ごせないところが容量が50mlしかなく、5?10プッシュを判断基準に朝晩2回使用したら人によっては1か月もたないかもしれません。

 

私はどっちかというとM字ところに使用しているのでなんとか1か月持ちそうですが、頭皮概要的に使用やりたい方は残量に配慮し使用する事をベストチョイスします。

 

▲目次に戻るフィンジアに内蔵されるカプサイシンについて最初にカプサイシンとは何かというと、私たちの自分の手の届く範囲にある唐辛子の辛味成分なのです。

 

皆さんも経験した事があると考えますが食べたあとに体が熱くなって、汗をふんだんにかいたと考えます。

 

これは、皮下脂肪を燃焼させてエネルギーを支出しているのでボディーが温まり血行が良くなっているためです。

 

それにより、育毛剤にカプサシイシンを配合すれば血行が良くなる事で頭皮にも充分に栄養が届きやすくなるのでしょう。

 

しかし、フィンジアにカプサシイシンを配合している真の目的は別にあります。

 

それは辛い物を食べると汗が噴き出す原理を応用して固くなったゲート内側からこじ開けて奥まで届かせるといったものです。

 

公式ホームページではゲートアクセス理論と記載されていますね。

 

ではなぜこの原理が必須かと言いますとゲート(毛穴)が閉じていると、キャピキシルやピディオキシジルなどの有効成分が充分に頭皮の奥まで届かず、影響を最大限発揮できないからです。

 

そんな訳で、フィンジアはカプサイシンの成果で毛穴を広げて成分が充分に定着しやすいように創造性したのです。

 

染み渡る力を強化する手段に、他の育毛剤では低分子化技術がありますがそれは断っておきますが成分を小さくする技術でまさか毛穴を広げて奥まで染み渡るさせるといった発想はあまり聞いた事がなかったので衝撃でしたね。

 

一応2015年6月1日の時点では、カプサイシンが配合されている育毛剤はフィンジアのみ(サプリはライバル企業でもあるみたいですが)なので引っかかる方は、一度試してみると良いかと考えます。

 

2大最先端スカルプ成分とカプサシイシン以外の有効成分フィンジアには2大最先端スカルプ成分であるキャピキシルとピディオキシジルやカプサシイシンの他に10種類の向上成分が配合されているのでご解説いたします。

 

・センブリエキス   :細胞分裂促進、保湿作用・パンテノール    :保湿作用、肌細胞活性作用・ビワ葉エキス    :抗炎症作用、収れん作用・ボタンエキス    :血行促進作用、抗炎症作用・フユボダイジュ   :保湿作用、収れん作用、血行促進作用、抗菌作用、消炎作用・褐藻エキス     :保湿作用、血行促進作用・グリチルリチン酸2K :消炎作用、解毒作用、抗アレルギー作用、・ヒオウギ抽出液   :保湿作用、5αリダクターゼの生成を抑制・キハダ樹皮エキス  :消炎作用、収れん作用、抗菌作用、肌の引き締め作用、肌荒れ防止作用・ヒキオコシエキス  :血行促進作用、収れん作用、保湿作用、発毛促進作用、抗菌作用これらの成分は他の育毛剤でも配合される事が多く特にセンブリエキスとグリチルリチン酸2Kは育毛有効成分として大変メジャーでありヒオウギ抽出液もAGA(男性型脱毛症)を引き起こす要因となる5αリダクターゼを抑制してくれるので重要な頭皮環境を充分にと整える影響が望みできます。

 

保湿作用の成分やカプサイシン以外の血行促進成分も配合されてるため、大切どころはキッチリと押さえているあたりやはりと言えるでしょう。

 

以前からずっとなりましたが、これにて使用2週間後報告は以上となります。

 

次回の3週間後報告では30日間丸々償還サポートとSPE技術についての情報を皆様にお伝え支障がなければと腹積もりております。

 

▲目次に戻るフィンジア使用3週間で感じた事フィンジアを使用し3週間が経過したので、皆様に報告させて頂きます。

 

3週間使用しての感想前回、2週間経過した段階では頭皮トラブルは見られず、順調に継続使用が出来ている事をお伝えしました。

 

3週間が経過した目下はというと使用開始後からまったく副作用もなく経過しておりかゆみや発赤もなく、頭皮環境は良好あ状況を保持出来ております。

 

今後の季節は暑く、キャンプなど外で遊ぶには相当良い頃合ですがその分、紫外線にさらされる機会も多くなり暑さによって頭皮が蒸れる、汗をかく事で皮脂が毛穴につまりやすいなど育毛にはあまり良ろしくない季節でもあります。

 

私は釣りが好きなので、長時間日差しにさらされる事も多々あるため頭皮ケアには充分にと気を使わないと抜け毛増加に拍車をかけてしまうので配慮しています。

 

対策としては、帽子や日傘で紫外線を防ぐ。

 

ヘッドスパで皮脂をスッキリ取り除くなど、これらはわりと余裕に取り組めるのでベストチョイスです。

 

とはいっても、帽子に関しては絶対通気性の良いものを選択しましょう。

 

でないと紫外線対策が反対に頭皮の蒸れを悪化させてしまうので用心しましょう。

 

あと余談ですが、冷房も頭皮の血行不良を起こす要因なので暑いからといって使用しすぎるのも育毛には良くないので程よくを意識して活用してくださいね。

 

▲目次に戻るSPE技術についてフィンジアは独自の最先端スカルプ理論に基づいた技術をSPE技術と解説しております。

 

これは、キャピキシル、ピディオキシジルという2つの新スカルプ成分にカプサイシンを調整する事で固くなったゲートをこじ開け、有効成分を充分にとジレンマの元へ届ける事を指していますので公式ホームページをポイントにご解説いたします。

 

Phase1 ゲートを解放(SPREAD)これは、ゲート開放理論に基づき、カプサシンの発汗力をもって固く閉じている頭皮の内側からゲートを開放します。

 

Phase2 到達(PENETRATE)次に開いたゲートから、困りごとに働きかけるキャピキシジルとピディオキシジルの2大成分+10種類の成分を奥の奥までちゃんとと到達させ、問題のきっかけに的確にアプローチします。

 

Phase3 体感(EFFECT)フィンジアが誇る2大スカルプ成分をはじめとする12種類の和漢成分が力強い体感を約束します。

 

ゲートを解放するために不可欠なカプサシンまた育毛に働きかける2大スカルプ成分+10種類の有効成分があってはじめて成果を体感可能なといった流れが心象しやすくわかりやすい解説となっています。

 

私はフィンジアを知った最初と言えばキャピキシジル、ピディオキシジル配合がマックスのもち味だと認識していましたがSPE技術を汲み取るした実際ではゲート解放が出来てこそ真価を発揮する2大スカルプ成分よりもカプサシンこそが本当の主役ではないかと思ってます。

 

だって定着力あってこその育毛成分であり、これが達成できなければ真の成果を発揮する事もないのですから。

 

これを見ても、あまり体感がわかない事例には実のところに使ってみる事で質問も決着すると考えます。

 

決して安い購入ではないのですが、カプサイシン配合の育毛剤は実際のところフィンジアだけなので、お財布の中身や世帯と話し合いしながらになりますが何とぞ一度試してみると良いかと考えます。

 

ずーっとなりましたが、これにて使用3週間後報告は以上となります。

 

次回の4週間後報告では30日間丸々払戻しサポートと実際までの長所を踏まえつつ実のところに育毛剤を使ってみての感想と最後の整理を皆様にお伝え可能ならと腹積もりております。

 

▲目次に戻るフィンジア使用4週間で感じた事フィンジアを使用し4週間が経過したので、皆様に最後の報告をさせて頂きます。

 

4週間使用しての感想前回、3週間経過した段階では使用開始後からかゆみや発赤はまったく見られず副作用もなく頭皮環境を良好な状況で維持出来ている事をお伝えしました。

 

4週間が経過した現時点ではというとはじめから最後まで副作用は全部みられず安心に使用する事が出来ました。

 

私のように肌が弱いタイプでも皮膚トラブルに悩まされる事なく利用し続けられたのは実際に素晴らしい事だと考えます。

 

以前、育毛剤ではないのですが旅館においてあったどこのメーカーか飲み込めない市販のシャンプーを使用したケースは次の日に頭皮が痒くて、無意識にかきむしってしまったのか爪に血がこびりついていた事がありました。

 

これは敏感肌の方ですと、鉱物油や合成界面活性剤などが配合されているだけで私のように頭皮が過敏に反応して起こりえる副作用なのです。

 

なのでシャンプーに限定しず育毛剤もアイテムや本人の体質(アレルギー、敏感肌など)によってこうした症状が出るものも大いにあるのが事実です。

 

だからこそ副作用には実際に気をつけ自らにあったものを選択する事が価値があるです。

 

その点、フィンジアは副作用がない事を実体験から証明出来ましたので今後育毛剤の使用を見定めしている方のポイントになれば嬉しいです。

 

▲目次に戻る30日間耳を揃えて償還バックアップについて今の時代の育毛剤のおおかたは、実のところに使用して影響がないと決断した時に耳を揃えて償還してもらえる仕組みがあります。

 

これは、育毛剤が決して安い買い付けではないため、育毛に初めて取り組む方でも手軽に試す事が可能なよう配慮している事と償還保障を設ける事はメーカーもそれだけアイテムに本人があるとアピールするのも意識しだと考えます。

 

とはいっても、メーカーによってその仕組みには多彩なルールが影響しますのでその点を今後解説していきたい考えます。

 

最初にフィンジアですが耳を揃えて払戻し保障仕組みを活用するにあたって以下のルールがあります。

 

・払戻し保障期間はアイテム到着後から30日以内。

 

・初回ショッピング時限定(決まったコースははじめの1本目のみ有効、3本セットは2本目を開封した時点で適用外)・キャンセル時は電話にて前もって連絡が不可欠。

 

・キャンセル時の送料、手数料、アイテム梱包は購買者側が負担。

 

・償還保障使用後は、今後アイテムのショッピングは不可。

 

・払戻し保障活用時には、使用中の器と振り込みを要望する銀行口座を記入したメモが必須。

 

ライバル企業育毛剤の払戻し保障と対比し、大きな異なる点があるとすれば保障期間と決まり使用後の買い物の不可といったところでしょうか。

 

チャップアップを例にあげるとフィンジアはアイテム到着後30日以内にそれに対しアイテム注文後30日以内と若干の相違があります。

 

これは実質3日前後の差があるので、フィンジアのほうが良心的と言えます。

 

けれども、期間の差はわずかでも償還保障使用後には大きな差がありチャップアップは払戻し後もショッピング再開は自由ですがフィンジアは一度活用してしまうと、2度と調達が出来なくなってしまいます。

 

実際に成果がなく今後調達する予定がないのでしたら問題ないのですが「実際お金ないからひとまず償還保障活用して、なおお金にゆとりが出来たら調達しよう」といった事が気楽に出来ないのです。

 

育毛は人によって個人差はありますが、どんなに素晴らしい育毛剤でも数か月使用しないと影響を体感しにくいです。

 

なので払戻し後に買い物が出来なくなる要件がある事例は個人的に償還保障仕組みは、使ってもう本人の体質に合わないと決断出来た事例もしくはより良い育毛剤が見つかった時以外は使用しないほうが良いよう感じます。

 

それ故、払戻しの結論をする場合は今後の事も心積もり注意深いに決断して頂けたらと考えます。

 

▲目次に戻るフィンジアを実のところに使用した感想の整理実際までの育毛剤は育毛に有効とされる自然由来の天然成分と低分子技術による染み渡る力の強化しかも、メーカー独自の有効成分配合の定石パターンが多かったと考えます。

 

けれども、フィンジアはこれらの手法に加えミノキシジルの3倍の成果が望みでき副作用もないキャピキシル、ミノキシジルとよく似た組成と影響を持つピディオキシジルといった実際注意の2大スカルプ成分の配合に加え成分自体をナノ化するのではなく直接ゲート(毛穴)を広げて有効成分を奥まで染み渡るさせるようカプサイシンを応用するなどこれまでの育毛アプローチの視点とは異なる新世代の育毛剤であると感じました。

 

特にキャピキシルは製造元であるルーカスマイヤー社が出荷したデータに成果の証明が詳細に書かれており、deeper3dという育毛剤にも使用されその口コミは上々です。

 

実のところにフィンジアも売り出し後にあまりのブームから品薄状況が続いた事もあるのです。

 

私もその余波で、調達が予定より遅れてしまったくらいですから…加えて、以前までは育毛する上で確実に成果があるのはミノキシジルなどのAGA治療薬であると言われていましたが副作用問題や高支出という面はいまだに落着できてはおりません。

 

これは誰しもが手軽に取り組める育毛メソッドではないと言えます。

 

けれども今現在は育毛剤も毎日パワーアップしておりお手頃値段で、人体への悪影響もなく心配無用して成果的な育毛を行う事ができるとなってきました。

 

その中でフィンジアは実体験から利用しやすく心地よい使用感、影響的なのに副作用が全部なかった事を踏まえると育毛を行う上で大変優秀な代物であるといえるでしょう。

 

薄毛はただ苦慮しているだけでは薄毛は改善されません。

 

むしろ行動しなければ徐々に悪化していく事は明白です。

 

なのでガチで改善を目指している方がこの文章を拝見して頂けたのであれば一度フィンジアの使用を比較考量してみてはどうでしょうか?永らくなりましたが、これにてフィンジア1か月の体験報告を終了したいと考えます。

 

最後までご愛読いただき、誠にありがとうございました。

 

▲目次に戻るフィンジアと他の育毛剤を対比フィンジアと薬用プランテルを対比フィンジアと薬用プランテルを対比しました。

 

結果はフィンジアが推奨という結果になりました。

 

突っ込んでは下のページを参照ください。

 

プランテルとフィンジアの育毛影響、代金、副作用を対比▲目次に戻るフィンジアとイクオスを対比フィンジアとイクオスの育毛影響や代金を徹底的に対比しました。

 

対比結果はイクオスが推奨という結果になりました。

 

イクオスとフィンジアの育毛影響を対比▲目次に戻るフィンジアとチャップアップを対比フィンジアとチャップアップはどっちが高い育毛影響があるのか対比しました。

 

チャップアップとフィンジアを徹底対比▲目次に戻る関連文章チャップアップとフィンジアを対比男性にベストチョイスの男性用育毛剤順位女の育毛剤順位AGAへの育毛剤順位つむじハゲに育毛影響のある育毛剤順位m字はげに育毛成果のある育毛剤順位育毛剤の対比▲目次に戻る育毛剤大注目順位チャップアップイクオスナノインパクトプラスハゲ治し隊のマル秘育毛情報を発信するメルマガも配信中!≫登録はこちらから様々な育毛剤順位男性用育毛剤順位。

 

トップへ戻る